2010年11月アーカイブ

大地震を想定した防災訓練を行いました!

平成22年11月26日(金)に万成病院で大地震を想定した防災訓練が行われました。

 

今世紀前半での発生が懸念される東南海・南海地震が今後30年間で発生する確率は

50~70%と、かなりの確率で発生するといわれています。

そこで・・・万成病院では災害時の応急対策を円滑に行い、防火対象物の利用者の安全を確保するため、

自衛消防組織を設置しています。

 

今回の訓練は、大規模地震に対応した初期対応及びその後の自衛消防組織の行動について

行われました。 

masumoto2010.jpg IMG_9198.jpg

☆ 地震発生です!!  皆さん机の下に避難したり、頭を保護して身の安全を確保しています。 ↑↑

IMG_9201.jpg

☆万成病院自衛消防隊地区隊が編成されました。

 ・・・やや緊張ぎみです! 

IMG_9205.jpgIMG_9212.jpg

   ↑☆安全防護班による救助活動                    ☆訓練用AEDを使用しての心肺蘇生 ↑↑ 



CIMG0009.jpg

☆ 訓練後の総評を皆さん真剣に聞いています。                                       


自衛消防組織の設置をしての訓練は 3月に続いて2回目でした。

前回の訓練は初めてという事で思ったようには出来ませんでしたが、

今回は前回に比べれば良く出来たかな・・・と言う感想です。

しかし・・・まだまだ課題があるようです。

 

災害はいつどのように襲って来るかわかりません。

いざ、という時のために慌てる事のない様

職員の一人一人が防災意識を高めてこれからも訓練に取り組んで

いきたいと思います。

 

患者さま、入所者の皆さまご協力ありがとうございました。

そして、職員の皆さん、お忙しいなかでの訓練参加ご苦労様でした。

 

 

防災委員会


紅葉見物

紅葉見物に岡山市の北部にある龍泉寺に行ってきました。

当日は少し肌寒いながらも秋空が広がり絶好の紅葉見物日和でした。

車中でも山々を見ながら「きれいじゃなあ~」と感嘆しきり。

30分程度の道のりでお寺に到着。参道の両脇の赤や黄色に色づいたもみじに出迎えられ、さらに車中では感嘆の声。

到着後は、皆さん思い思いに境内を散歩したり、休憩所でお菓子を食べ、ひとときをのんびりと過ごしました。

画像-004.jpg

ちなみに龍泉寺は滝修行で有名なお寺です。

20101126143857.jpg

マイナスイオンをいっぱいに浴びることができるパワースポットでもあるそうです。

皆さんも一度滝に打たれてみてはいかが・・・・?

 

瀬戸の海人

町内廃品回収(ひまわり寮)

今年で6年目となる谷万成町内会での廃品回収への参加!!

"社会復帰に向けて町内の行事に参加をしよう"とメンバーさんと協議した結果

「面倒だなぁ・・・」・「やりたい人だけやれば・・・」等の発言も聞かれる中

1人のメンバーさんから

 

「町内に住めばみんなやっているんだから、自分達も参加すべきだ!」

 

と、力強く発した一言により、ひまわり全体で参加させていただくことに決定!!!≪ちょっとびっくり≫

しかし、それから約6年の積み重ねは大きく、最近では地域の方々から 「おお、やっと来たか、待ってたで!」と

歓迎するあたたかいお言葉や慣れない作業で戸惑うメンバーさんに対して声をかけてくださる場面も見られるようになっています。(嬉)

 

新聞1.jpg      

自然とできるバケツリレーは素敵な光景!!(写真ないですが・・・)

 

今後も町内の住民として地域活動に参加していければと思っています!

町内の皆さん、今後もよろしくお願いいたしますV(・・)V

 

 

じゅんぱく小僧

看護部研修会がありました!

11月18日に看護部研修会(トピックス)がありました

テーマ「終末期看護の基本的な考え方」

  講師  済生会病院 緩和ケア認定看護師  大塚千秋先生

  参加者数 83名(内 他病院より 6名)   

 

IMG_0266.jpg

講義の流れ

 ・がん患者の受け止め方を知る

 ・全人的苦痛と緩和ケアの定義

 ・終末期の捉え方と患者への援助の実際

 ・遺族の思いと家族へのかかわり

 ・ご遺体の状況とケアのポイント

 ・エンゼルケアの注意点

 

IMG_0273.jpgIMG_0268.jpg

 

 

感想より

・具体的な身体面、精神面までも見えるように話してくださり、ご本人だけでなく家族への説明、支援共にわかりやすく よい時間を 過  ごせました。

・緩和ケア病棟での看護がよく分かりました。 私たちはいつも患者様の最後の看護を行っていますが、患者様がどうしてほしいかを考 え最後を看取っていきたいと思います。また家族のことも気づかっていきたいと思います。

・最後までその人らしくということ、家族のケア、大変参考になりました。

 

私たち精神科看護も病気をもつ1人の人間としてケアを行っています。

終末期のケアは、人の手を借りなければ生活を送ることが出来ない状態であるからこそ、その人らしさを保つことが最優先されるケアであり、そして最後の生を支えるケアでもあります。

日々行っている私たちの看護の根底にある  "いのちの看取り"  感性を持ち続けていく大切さを学んだ研修でした。

 

 

さくら

平成22年11月16日(火)両備ボウルに於きまして職員ボーリング大会

~第7回 小林 滋 杯~が開催されました。

豪華商品をかけて39名の方が参加されました。

 

_MG_7577.jpg _MG_7607.jpg

         ↑このストライクマークが・・・                         ↑ かわいい娘を抱いて・・・えいっ!

 

ストライクがでると「キャ~!!ヤッタ~♪♪」、ガーターでも「ドンマイ!!」と、

楽しそうな声があちこちで聞こえました。

 

P1000362.jpg P1000364.jpg

 

2ゲーム終了後、表彰式&会食で盛り上がりました。

男性1位は、藤川 信さん

女性1位は、今石 里美さん

おめでとうございます!!

 

翌日の朝礼で、小林滋名誉院長よりトロフィーが贈られました!

CIMG2204_R.jpg 優勝者 藤川 信選手 と 小林 滋名誉院長 

 

 かける

 平成22年11月10日(水)

 

第14回ふれあいフェスティバルが、岡山市総合体育館で開催されました。

これは、日本精神科看護技術協会岡山県支部主催の行事で毎年行われています。

岡山県下の精神科病院9施設が参加し、

当院からは患者さん19名、スタッフ18名、計37名が参加しました。

 

PB100061.jpgPB100055.jpg 

コーナー企画では、"だるまおとし"  "ぞろ目でポン"  "囲碁・将棋・オセロ"  など9企画

ステージ企画では、"紙ヒコウキ飛ばし"   "ビンゴゲーム"   "トーンチャイム"  など6企画

が行われました。

"アームレスリング" や "紙ヒコウキ飛ばし"  では、

大きな声援が聞かれ、日頃見られない活気や笑顔が見られ、

患者さんたちは皆さん、時間いっぱいにゲームに参加されていました。

そして、目玉である景品もカバン一杯持ち帰ることができ、大満足の様子でした。

 

PB100075.jpgPB100082.jpg 

また、来年も参加したいと言う声も聞かれ、楽しい一日が過ごせました。

日精看のスタッフの方々、ありがとうございました。

 

kyoko

第21回 全国老健大会 岡山

平成22年11月10日(水)11日(木)12日(金)の3日間で

 

第21回 全国介護老人保健施設 が 

 

岡山で10数年ぶりに開催されました!! 

(ちょっと早い開催なんですが・・・!? 岡山はアクセスが良いですからね♪)

 

北は北海道から南は沖縄まで全国より なんと 5551名の方が参加し

(過去の全国大会でも神奈川の約5700名に次ぐ第2位参加数でした。)

盛大に開催されました!!!

 

P1000051.jpg

 

 

 

 

 

 

 


この開会式の様子は石井県知事が挨拶をされてます。

演題数も全国から1438題が集まり 「講演」 と 「ポスター」 に分かれて発表しました。

 

実はこの1438題の抄録を 当施設は査読委員会に属しており、抄録査読やカテゴリー、セッション分け

会場の振り分け等を担当しました。会場もホテル グランビアをメイン会場にコンベンションセンター、

全日空ホテル、ラヴィール岡山、国際交流センター、デジタルミュージアムと多くの会場を使用し、

講演や演題発表を行なったため、カテゴリーごとの会場の割り振りが大変でした・・・。

 

大会中も当施設から講師1名、演題発表2名、座長4名(6セッション)を担当する等、かなり頑張って貢献しました。

(私も人生初の「ポスター発表」での座長を経験しました。なかなか会場とフレンドリーで楽しかったですよ!!

 ☆☆ 因みに下の画像はリハ課の後藤先生がポスター発表の座長をしています。 ☆☆)

それだけではなく、ラヴィール岡山 「嘉祥の間」 会場の司会進行、会場受付、会場整理等々・・・も担当し

多くの貴重な経験が出来ました。

 

oooooooo.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

この大会を準備段階から携わってきて、かなり大変で!かなり疲れましたが!! 今となっては

色々と勉強になることも多く 「やって良かったなぁ~」 という気持ちと「もう二度としたくない!」

という2つの気持ちがあります (: ;)

 

何といっても "大成功" で終わったことで今は "ホッ" しています。

 

P1000052.jpg

 

来年は岩手県で全国大会は開催されます!! 

是非演題を持って参加したいと思います。

ついでに・・・ わんこそば!? 三陸アワビか? 前沢牛か? でも食べて帰ろうかなぁ~♪ 

 

あいりょう

第38回 日本精神科病院協会 精神医学会

11月11日(水)・12日(木)に富山県に於きまして、魅力あふれる精神科医療の実践

~変わり行く社会の中で私たちの果たす役割~をテーマに「第38回日本精神科病院

協会 精神医学会」が開催されました。

全国から1000人以上の方が参加しました。

 

 

私は、12日にポスター発表をしました。

食事満足度のアップ~嗜好調査結果を反映して~と題して、入院生活において、選ぶ

楽しみを持つことが患者様のQOLの向上につながるといったお話をさせて頂きました。

 

 

管理栄養士暦2年弱ですが、このような発表の機会を頂けた事は、大変嬉しく思います。

 

支えて下さった皆様方、有難うございます。

 

254.jpgDSCF0170.jpg

                                                                  写真は、発表の様子とお土産のます寿司です。

 

 

メグミ

第8回 万成杯 フットサル大会

11月14日(日)万成病院、エム・ホールにて第8回万成フットサル大会が開催されました。

今回は倉敷中央病院、倉敷平成病院、倉敷成人病センター、岡山リハビリテーション病院、河田病院、に参加して頂き、いざ恒例の開会式へ!

 

DSCF0225.jpg

恒例の開会の挨拶は赤澤先生が。貝原先生・・・・・・ついにクビか?

 

今日は天気もよく絶好の運動日和!

いざ試合開始。

DSCF0237.jpg DSCF0228.jpg

 万成病院は相変わらずのスロースタート。皆さん体が硬すぎますよ。声を出して!

 

無言のまま・・・・予選終了。

 

結果は・・・

 

予選結果:Aブロック              

1位 倉敷平成病院            

2位 岡山リハビリテーション病院

3位 万成病院

 

予選結果:Bブロック

1位 倉敷成人病センター

2位 倉敷中央病院

3位 河田病院

 

決勝トーナメントは全チーム出場できる為、予選敗退は回避!助かった~。

 

いざ決勝トーナメントスタート!

途中、女性のみでなでしこ杯も開催されました。

DSCF0271.jpgDSCF0256.jpg

頑張れ~!なでしこ達!

もちろん万成病院は決勝トーナメント1回戦敗退に終わりましたとさ。

 

最終順位はこちら↓

 

1位 倉敷成人病センター

2位 倉敷中央病院

3位 倉敷平成病院

4位 岡山リハビリテーション病院

5位 万成病院

6位 河田病院

 

倉敷勢は今回も強かったです。どうしたんだ岡山勢!

優勝された倉敷成人病センターの皆さんの個人技はすばらしかったです。キックオフゴールは見事でした。おめでとうございます。

今回も怪我なく無事に大会を終えることができたことをうれしく思います。本当にお疲れ様でした。

 

次回は6月開催予定です。

 

万成病院の次なる目標は「若返り」です。

 

DSCF0274.jpg 

 

 

ポニー

  平素は、ひまわり寮へのご支援下さり、誠にありがとうございます。

日々寒さが増し、風邪やインフルエンザの流行の季節となってまいりました。

 この度、万成病院の森本薬局長による、お薬に関することについての講習会と

講習会後にはざっくばらんにお茶を飲みながら楽しめる茶話会を開催する運びとなりました。

日程は下記の通りです。

サロンポスター2.jpg日 時: 平成22年11月27日(土)  13:30~15:00

場 所: 万成病院 STMホール

テーマ: 「第81回ひまわりサロン~お薬なんでも講習会&茶話会~」

内 容: 13:30~ 開会

      13:35~ 講義「お薬について」 森本 宏(万成病院 薬局長)

      14:15~ 質疑応答

      14:30~ 茶話会

      15:00~ 閉会

 お薬に関する素朴な疑問

   ☆食前と食後は食事前後何分ぐらいがいいの?

   ☆お薬はお水以外で飲んだら、効き目が変わるの?(牛乳、お茶、コーヒー、アルコール、ジュース類)

   ☆お薬ごとの上手な使い方(錠剤、シロップ剤、軟膏、座薬、点眼剤、浣腸など)

   ☆お薬を飲み忘れた時にはどうしたらいいの?

   ☆市販薬のお薬はどう選んだらいいの?

   ☆お薬の保管方法について。

  

 常日頃、疑問に思っていることなど、なんでも質問して下さい。皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加下さいませ。

尚、参加ご希望の方は11月24日までに、FAXかお電話にてお申し込み下さい。お待ちしております。

 

                                                    生活訓練施設 ひまわり寮

                                                    岡山市北区谷万成1-8-35

                                                    TEL&FAX:086(251)3566

                                                    担当:鏑木・松川

 

お多福娘

 

      

 

今年も標記イベントに参加協力します。

 

日時:2010年11月28日(日) 午前10時~午後3時

場所:北ふれあいセンター

(.^^). ♪☆入場無料 ☆ ♪ .(^^.)

 

楽しいイベントが、たくさんあります。

「ふくしの店」

「産直市」

「マジックショー」

「ファジアーノPR]

などなど・・・

 

いきいき11.jpg   いきいき2.jpg

                                                      裏面も注目

 

万成病院は4階のホールで当院の専門職が健康相談を受けます。

★こころの健康福祉相談

★高齢者の食事相談

★薬のなんでも相談

★お口の健康相談

★健口体操

今回、新しい試みで、歯科衛生士が「健口体操」や美顔体操「オ-ラルエクササイズ」を披露しま-す。

健康長寿を目指す皆様ご一緒に!!お口の体操をやってみましょう!!

 

SANASA

♪文化祭♪

急に冷え込むようになり、紅葉がきれいに色づく季節になってきました・・・

 

そんな今日この頃、当院では秋のイベントである文化祭を開催いたしました!!

 

 

内容は①作品展示

    ②ステージ発表:有志による合唱

    ③体験コーナー:茶道体験文化祭1.jpg

              

 

 

 

 

 

              

 

 

             手工芸体験:俳句作り・ミサンガ作り画像 004.jpg

              

 

 

 

 

 

               

 

             ゲーム:囲碁・将棋・トランプ・オセロなど

画像 005.jpg

              

 

 

 

 

 

 

 

             クラブ活動紹介:畑クラブによるさつまいもの試食会          文化祭2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     というように、盛りだくさんな内容です。

 

 今回の文化祭では、実行委員会を発足し、患者様主体の文化祭を目指しました。

 

ステージ発表の合唱では、文化祭のために準備してきた催し物の発表ということで、参加者の方は不安や緊張があったようです。

しかし、それよりもやり遂げた達成感や充実感が大きく皆すがすがしい表情でした★

 

各コーナーでも実行委員を中心にいろいろなアイデアを出し合い、より参加者の方に楽しんでもらえるような工夫がされていたように感じます 。

 

もちろん作品展示では、病棟の皆様が日頃から取り組んでいる作品を展示することによって自己表現の場となっており、他者の作品を見ることにより刺激を受けている人もいました。

 

このように今回、文化祭のために準備をしてきた方、イベントを楽しみに参加する方、他者との交流の場を持ちたいという方など、目的は様々でした。

しかし感想は「よかった。また参加したい。久しぶりにこんなに興奮した。」など、満足したという意見が多くみられました。

そして、参加者は病棟・外部の方合わせて、93名 という予想を上回る人数でした。

 

みんなで作り上げて大成功した「文化祭」♪

また、来年も開催予定です。

 

 

 

tac

ひまわり寮 ガーデニングサークル☆

お米レポート第②弾!!!!

アメニモ~負けず・・・カゼニモ~負けず・・・

スズメからも~カラスからも~危険をくぐり抜けて~

 

ついに、この日を迎えました!!!



今年6月に育て始めた稲☆

ようやく立派な穂を実らせました☆  

(パチパチパチパチ♪)

 

THEっ!稲刈り   

 

っと・・・その前に。。。。

 

「写真撮らんでえぇんかぇ?」

 

「えぇ~そりゃもちろん撮らんといけん!!!」

 

 himawaritue.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、しっかりポーズを決めてくださいました。

ガーデニングの師匠こと、「田植え名人」の◎さん。

先月(10月)、ひまわり寮から旅立たれ、近隣のアパートに退寮されました。

ガーデニングサークルの師匠として、引き続き指揮をとっていただいています♪

 

 

さすがです!

何日も前からの気合は充分発揮されました。

 

1畳ほどの田んぼの稲は5分もしないうちに立派に天日干し。

  

himawaritaue2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は掌に盛るくらいのお米で3つの「おにぎり」が出来上がりました。

                                                               

今年は掌3人分・・・いやっ6人分!?の「おにぎり」が期待出来るはずです(^^)


 

きらきらオーシャン

第5回ドリームカップの報告!

11月7日(日)万成病院エム・ホールにて第5回ドリームカップソフトバレーボール大会が開催されました。

 

開会式では

大会会長、小林院長のあいさつから始まりました。

スペシャルゲストとして岡山シーガルズより元キャプテンの野村さんとチアリーディングの番園さんを向かえました。

 

IMG_1490.jpg CIMG2097_R.jpg

   

千葉国体に出場し活躍した、岡山県選抜チームからのあいさつと結果報告。

 

IMG_1493.jpg 

 

午前中は各グループ戦で、白熱とした戦いが行われました。

 

予選結果 [更新済み]_R.jpg IMG_1503.jpg

 

午後からは決勝戦と3位決定戦が行われ、どちらも見ごたえのある試合になりました。

ファインプレーの連続で、世界バレーにも負けない活気があり充実した大会となりました。

 

 

決勝結果 [更新済み]_R.jpg CIMG2082_R.jpg

 

ファントムズが接戦の末4連覇達成を成し遂げることができました。来年も5連覇達成を目指してがんばりマス。。。

CIMG2103_R.jpg

 

 

小岩井

人権プログラムセミナー

11月5日(金) 日勤業務終了後、人権プログラムの講義がありました。

 

当院では、職員向けに必須の講義として、年に数科目の講義があるのですが、今回の人権プログラムもそのうちのひとつです。

 

DSCF3765.jpg今回の講師は、高橋弘美先生!!

 

講師依頼に伺った際、とても快く引き受けてくださり、

当日も、受講者よりも早く会場入りし、

講義に臨んでくださいました☆

 

講義の内容も、

精神障がい者がどのように社会のなかで扱われてきたのか、

という歴史を追い、

過去、そして現在も、なぜ偏見が生まれるのかといった解釈、

これから、精神障がい者の人権をいかに尊重していくかの具体的対策など、とても盛りだくさんでした。

 

DSCF3769.jpg会場は、受講者147名と、超満員!!!
しかも、全員が集中しているのが、空気でわかるんです!!

 

私は今回、司会をやらせて頂いたので、
先生に一番近い、一番前の特等席にしましたが
受講者の顔を見ながら、語りかけるように講義を進められる高橋先生の、受講者に「伝えよう!!」という熱意
そして、それに応えるような、受講者の「学ぼう!」という
静かなる熱気の、両方を感じることができ、
とても感動しました(TоT)ノ!!



DSCF3770.jpg

ビデオによる補講は、

本日11月9日(火)と、11月19日(金)

17:10~ 6階第1会議室に於いて行われます。

 

5日に受講できなかった方、また、再度受講を希望される方、

多数のご参加をお待ちしております☆

 

お世辞でも、客寄せ(?)のためでなく、本心から言いますが...

 

本当に、素晴らしい講義でした!!

あなたも高橋先生の講義に惹きこまれること間違い無し!!です☆

 

 

ちび☆

「はじめてのWRAPに触れてみよう」

 平成22年11月5日、岡山生涯学習センターにおいて、WRAPワークショップ「はじめてのWRAPに触れてみよう」

へ参加してきました。2005年に日本でWRAPを広めるために、研究会を立ち上げた、坂本明子さん、磯田重行さん、

そして、岡山初ファシリテーターとなられ、らっぴーち代表の倉田真奈美さんを講師に開催されました。

 

 WRAPとは(Wellness  Recovery  Action  Plan )は、「元気回復行動プラン」と言われ、アメリカでメアリー・エレン・

コープランドさんを中心に、精神症状を経験した人たちによって考案されたリカバリーに役立つプログラムです。

障害を抱えている人だけでなく、誰もが元気になるためのプランを一人で、また仲間で作ります。

リカバリーとは、「一人ひとりが人生の目標や方向性を見出すこと」「満足感を持って生きる力」といった希望を抱き、

自分の能力を発揮して、自分なりに新しい人生を再構築していくことです。(案内から抜粋)

 

 万成病院からも、実行委員会へ出席し、準備に携わってきました。IMG_5298.jpg

当初、参加人数を心配していましたが、予想をはるかに上回る、約190名の参加があり、大変な盛り上がりでした。

 

プログラムの中で、「元気に役立つ道具箱」のテーマで、WRAP体験をしました。

参加者から次々とプランが出てきます。

「愛犬と散歩する」「アロマテラピーをする」「ベリーダンスを踊る」「太鼓を叩く」「リンパマッサージに行く」「DVDを観る」「友達と話す」・・・・どれも身近なことで、自分にも活用できるプランも多くありました。

WRAPのよさは、希望が持て、何より元気になれる、強くなる!ところです。

2010-1105-160835455.jpg他にも、「引き金になる出来事に対処するプラン」「注意サインに対処するプラン」等6つのプランから成り立っています。

全てをここでお伝えできませんが、是非WRAPを多くの人に広げ、体験してもらいたいと思いました。

今回、岡山におけるWRAP研究会(らっぴーち)の立ち上げに、微力ながら携わることが出来て良かったと思うことは、「人とのつながり」でした。

そして、支援スタッフも、当事者も関係なく元気なれる!!そんな体験が出来たことは大きな喜びでした。

 

ごろんた

パレット930・・・院長出演!

10月6日(水)AM9:30からのTSCテレビせとうちの朝の番組『パレット930』に
当院の小林建太郎院長が出演されました。

 認知症の早期発見とかかわりについての番組でした。
TSCの西野アナウンサーとのインタビューから、要点をまとめる。という形式でした。

 

CIMG1565_R.jpgCIMG1558_R.jpg

 

収録前から要点を整理し、TV局側からは「内容、インタビューとも最高!」との評価をいただきました。

約30分の収録が、放送は6分にまとめられ・・・「もっと言いたいことが・・・」(院長談)

 でも、かわいい西野アナウンサーとのツーショットに・・・まんざらでもない様子の院長でした。

CIMG1570_R.jpg  

(左から 岡野ディレクター、西野アナ、小林院長、カメラマンさん!)

                      

脳のCT画像も登場! (一応正常な脳の画像は、当院事務課 森下卓〇君の写真でした!)


実際の放送はこちらから↓(※WMVファイルで置いてあります。)

20101006setouchi.wmv

 

haruchan

新型インフルエンザ接種始まりました。

今年も当院でインフルエンザの接種が始まりました。

今年のワクチンは、新型インフルエンザと、季節型インフルエンザ(A香港型、B型)を含んだ3価ワクチンを

使用しています。

インフルエンザ2.jpg

再流行に備え、もしインフルエンザにかかった時にも重症化になるのを防ぐため是非みなさん接種しましょう。

でも、基本予防は手洗い・うがいですよ~。そして、咳エチケットも忘れずに。

 

inhuruenza15_s.jpg そして接種料金ですが、当院では3,600円で実施しています。

高齢の方(65歳以上)や所得の低い方には接種費用の助成もありますので、管轄市町村の窓口などにお尋ね下さい。

 

 f15163.png  当院での接種は、通院患者様・入院患者様のみの接種とさせて頂いております。

        新患の患者様の接種は、お断りしておりますのでご了承下さいませ。

 

 

たくぞう 

座右の銘

 私は現場を離れて3ヶ月もの間、岡山県実習指導者講習会に行かせていただきました。

そこで、看護学生が行わなければならない実習に関するありとあらゆる事を、249時間にわたり学びました。

 その中で、最後の3週間は県内の精神科病院の看護師5名と、「実習指導方法演習」という課題を行うために

毎日グループワークを行いました。

そこですばらしい言葉と出会いました。それは、「卒啄同機」という言葉でした。

同じグループのメンバーから出た言葉だったのですが、私は、意味を調べそれを知ったとたんにこの言葉が気に入ってしまいました。

 

その意味とは、

卒啄同機(そつたくどうき) (中国の宋時代の禅書、碧巌録)

ヒナが卵から孵化しようとするときに、ヒナが発する合図を「卒」、

親鳥がこれに呼応し、くちばしで殻をつついてヒナの孵化を助けようとすることを「啄」といい、

このタイミングが合わないとヒナは死んでしまう。

このことから、タイミングを逃さず適切な時期に、適切な方法で助けることが大切である。

というものでした。

  看護実習に当てはめて考えると、学生が学びたい時に学びたいことを教えることが大切で、

学びたくないのに教えても、また、学びたいのに教えないのもダメというわけです。

このタイミングは常に学生のことを気にかけながら見ていないと分からない。ということになります。

 

 実習指導者講習会に参加後すぐに、看護学生を受ける機会に恵まれました。

今回は、教育的に関わることを意識し指導に当たりました。

すると、本当によく学生の成長を見ることができ、それが、指導する側にとっても喜びとなることを実感しました。

  

 この言葉を、私の実習指導者としての座右の銘にし、今後看護学生に関わっていこうと思います。

 

 

とっと

パワースポットではないけど。。。

私事ですが、先日お休みの日に鳥取へ遊びに行ってきました。

鳥取砂丘と砂の美術館と梨狩りを楽しみました。

砂の美術館は毎年行きたいなと思っていた場所でやっと行ってきました。

作品はすばらしく、砂と水だけで出来ているとはとても思えませんでした。

子どもも楽しめるのでみなさんにおすすめですよ。

その後に鳥取砂丘に行きました。ついでに行ったんですが一番楽しんでしまいました。

CIMG1190.jpg  

この青空!!!

CIMG1214.jpgそして海からの強めの風が気持ちいいんです!!

CIMG1248.jpg

天気に恵まれ広々とした自然の中で癒されました☆☆☆ 

その後梨狩りへ。梨をお腹いっぱい食べました。

 

CIMG1265.jpg自然を感じておいしいものを食べて心身ともにリフレッシュできました!

最近パワースポットが流行ってますがやっぱり自然は癒しの力あるんですかね☆

 


すぅ♪

標記大会が無事大盛会に終えましたことを報告させていただきます。

今回のテーマは多くの医療従事者のみならず現実社会の中で注目されている

「認知症における病型別摂食・嚥下障害と口腔ケア」でした。

WOCI会場.jpg

     特に今回はこれまでを上回る最高人数の515人。

 

参加者は最北は北海道、最南は沖縄の八重山、全国各地からで、改めて、主催者側としては嬉しく思いました。

 

当院歯科医長の小林直樹大会長のクリエイティブで斬新な企画を紹介いたします。

  • YouTubeを利用して、大会長挨拶や講師・座長のコメントムービーをアップロード。   大会ホームページにて紹介。
  • Ustream を利用して、ランチョンセミナーのインターネットLIVE配信を実現。    ⇒http://www.ustream.tv/channel/woci-live 
  • iPadで機能する学会アプリケーションを開発・製作。                  ⇒http://www.woci.jp/iPad.html

 

    WOCIライブ.jpg

ランチョンセミナー調理実演の模様(ビデオカメラの映像を巨大スクリーンに出力)

 

当院、言語聴覚士の椿坂先生は大活躍でした。

パネルディスカッションのパネリスト・研修・実技セミナーの講師を見事に務められ

会場から素晴らしい評価をいただいたことも合わせて報告させていただきます。

WOCIパネリスト.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  

SANASA

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。