2011年5月アーカイブ

平成23年度 新入職員防火訓練

 平成23年5月19日(木) 今年採用の新人職員と昨年度中途採用者の職員の中から17名が

参加して防火訓練が行われました。

第一会議室に集合し、まずは勉強会です。

 

 最初は防災委員会中務委員長より万成病院が行っている防火防災訓練の説明です。

12.jpg1.jpg

 

「訓練の訓練ではなく各自が目的意識を持って実戦形式で訓練にとり組まなくてはならない。

患者さま、入所者さまの命をお預かりしているという気持ちを常に持って訓練に望みましょう」

との話がありました。

 

続いては、升本副委員長より自衛消防隊組織の編成と任務の説明です。

「自衛消防隊は災害時の応急対策を円滑に行い、防火対象物の利用者の安全を確保するため

多数の者の出入する大規模な防火対象物について設置しなくてはならず、平成21年6月1日に

施行されました。当院は対象物となるため職員12名が自衛消防業務講習を受け自衛消防隊を

編成しています。もし、大規模な災害等が起きれば直ちに組織して活動が行えるようにしています」

との説明がありました。

 

最後に河原防災委員より消防機器の説明があり、機器の取り扱いや注意事項など皆さん真剣に

説明を聞いていました。

 

後半はMホール前に移動して訓練用消火器を使用しての消火訓練です。

実際に訓練で消火器を使用したことのある職員の方は2名ほどでほとんど全員の方が消火器を使用  

したことがないそうです。                          

 

消火器使用の説明のあと実際に消火器を噴射してもらいました。  

                 ↓ ↓

14.jpg13.jpg

 

皆さん最初は恐る恐るでしたが、次第に慣れてきてきちんと操作できていました。

言葉による説明だけではなかなかわかりませんが、実際に消火器を使用することでいざという時に

スムーズで的確な消火作業が行えるようになれると思います。

 

 3月11日には東北地方で未曽有の大災害が起こり多くの尊い命が犠牲となりました。

西日本地方も南海・東南海地震が大変懸念されており、M8クラスの地震が今後30年間で

南海は50%、東南海は70%の確率で発生するといわれています。

当院では毎月の防火訓練と年1回の大規模災害の訓練を行っていますが、今後も職員一人ひとりが

より真剣に取り組み、患者さま、入所者さまの安全を確保していかなければいけないと思います。

 

15.jpg

 

 

← 訓練の終わりに中務委員長より講評が行われました

 

 

 

 

 

 

 


今回は1時間という短い時間での訓練でしたが、参加した皆さんは全員真剣な表情で取り組んでいました。(お疲れ様でした)

この日学んだことをぜひ今後の訓練に生かして取り組んでいって下さい。

fireextinguisher1.jpg

 防災委員会

平成23年5月28日(土)万成病院第一会議室におきまして、第9回 地域公開セミナーが開催されました。

今回のテーマは、  「脳卒中」    ~ 知って、守って、元気に生きる ~ 

    講師は、  岡山リハビリテーションホーム施設長 薮野 信美 先生 です。

 

CIMG3957_R.jpg 梅雨入り宣言直後の、雨降るあいにくの空模様のなか、地域の民生委員や愛育委員、町内会の方々、

120名の参加がありました。みなさん、熱心に講義に聞き入っておられました!

あまり普段見ることのない「超音波検査」や「動脈瘤」の画像に圧倒される場面もありながら・・

やはり皆さんの興味が深かったのは

     「脳卒中は予防できるか?」 「脳卒中の前触れ症状」 「生活習慣の改善」  

                                              だったのではないでしょうか?

 CIMG3964_R.jpg

 

  

 

 

 

小林院長 開会のあいさつ

 

 

CIMG3968_R2.jpg

                              講師 : 藪野 信美先生 

 脳卒中で大切なのは、まずは、危険因子の除去!ですから、「突然の強い頭痛」「物が二重に見える」

「視野が半分欠ける」「ろれつが回らない」等の症状がでてきたら、すぐに脳神経外科や、総合病院へ行きましょう!!

検査による早期発見が、生命の危機を救うことです。

 そして、何度も出てきたのが、油断大敵!動脈硬化!!です。

内臓脂肪の蓄積が、高血圧や高血糖を悪化させて、動脈硬化を進めます。

いわゆる「メタボ」は危険因子だということですね・・。ハイ

  また、アルコールや喫煙も血管の老化へつながり、動脈硬化の危険因子です。

男性45歳以上、女性55歳以上、高血圧(140/90mmHg以上)などの方も要注意です。

「常日頃から、健康診断などで、自分のコレステロールの値や血圧の値を知り、目標値を掲げておく事も大事だ」

と先生はおっしゃってました。

 最後に、生活習慣の改善は「食事」「運動」「禁煙」が基本です。

塩分を摂りすぎていませんか?ウォーキングなど、体を動かしていますか?そして、なにより禁煙!!!

耳が痛い人もいるでしょうが、是非今日から出来る脳卒中の予防に取り組み、元気な毎日を送りましょう!!

アンケートでは、「丁寧な説明で、新しいことを知ることが出来てよかった」「反省しながら帰って、また資料で勉強します」

といった意見が多くありました。生活習慣を見直すきっかけとなる講演だったと思います。

 

 

ごろんた 

プリセプター研修会がありました!

平成23年度 プリセプター・教育担当者研修会       5月20日(金) 17:10~18:10

                                  講師 看護部教育課 坪田和美

 

プリセプター研修23年度-2_R.jpg IMG_0601.jpg

 

 万成病院では平成18年度プリセプター制度を立ち上げて今年で6年が経過しました。

当初は「新人、中途就職した人、病棟異動の人が職場環境に慣れ業務がうまく遂行できるようサポートする」からスタートし、①業務の習得②チームのひとりとして早くなじめる ③精神科看護者としてのアドバイスとよき相談相手となる。などを役割りとした。

 平成22年4月から厚労省において新人看護職員研修が努力義務となり、新たに支援体制が変わりました。プリセプターのメンバー交代と教育担当者の12名が加わり組織的に取り組むことになりました。

そして今回が今年度の初めての研修です。 

IMG_0612.jpg

感想より

*教育担当者:プリセプターとプリセプティそして病棟スタッフとの関係がうまくいくように関わっていきたいと思います。

          プリセプター同志が連携しプリセプティと病棟・病院スタッフとしてやりがいをもって業務を行えるようにしていきたい

          と思います。

         :新人が不適応にならないために話を聞く、業務量を調整するなどを考えスタッフと一緒に新人の方を育てていきたい

          と思います。自分も原点にもどり勉強していきたい。温かい職場になりよりよい看護が提供できる様に頑張っていき

          たいと思います。

         :新人はプリセプターのみで育てるのではなく病棟職員が協力しお互いにリラックスし話しやすい環境になるようでき

          るだけことばかけをし、お互いに勉強し初心に戻っていくという気持ちで接していきたいと思います。

 *新人さんのリアリティショックを乗り越えやすいようにサポートし、新人さんと共にマニュアルをみながら説明し学ぶ。

 *看護補助者として早くチームになじめるようにサポートをして行く。

   言葉、態度、生活面での良き相談相手になれるよう努力する。

   自己学習能力の向上、共に学び進歩していきたい。

 

当院では新人を支えるために教育担当者・プリセプターだけでなく、職員一人ひとりが関心を持ち皆で育てる組織文化を望んでいます。

新人の方を温かく支えお互いが成長することをめざし決意をあらたにした研修会となりました。

 

プリセプター研修23年度_R.jpg 

さくら

うどん作り・・・

今回は休日に、うどん作り体験をしてきたことを書きたいと思います♪♪

 

当日は、みんな早起きをし、ご飯もしっかり食べて、いざっ出発!!

予定よりかなり早く着いてしまったけど、高松に無事到着!! (途中の瀬戸大橋からの

眺めも最高でしたよ~☆)

 

きちんと手洗いをして、いよいようどん作りです♪

まず、1時間目。

あらかじめ用意されている生地を麺棒でのばし、拡げていきます。のばした生地を綺麗に

折りたたみ、5㎜位の細さに切っていきます。一応目盛り(ものさし)の様なものを用意して

おいてくれているので、それを目安に切っていきます。 切り終えてみて、我ながら上手に

出来たのではないかと・・・(かなり満足♪)。 姪っ子達は悪戦苦闘。 特に小学一年生の

下の子は、お父さんに手伝ってもらいながら一生懸命がんばっていました!

切り終えたら、写真タイム☆☆   

なっ、なんと、なんと、デシカメを忘れてしまい・・・(涙)。 ぜひ、記念に一枚残しておきた

かった・・・(涙)。

 

そして、2時間目。

次は生地作りです。 うどんは小麦粉に塩水を混ぜて作りますが、季節によって塩の量を

変えるそうです。 小麦粉の中に塩水を数回に分けて入れ、かたまりにしていきます。

ある程度かたまったら、今度はなめらかで綺麗な生地にする為、足でしっかり踏んでいき

ます。音楽に合わせて、かかとでしっかり踏みます!! 子供も大人も大はしゃぎです♪♪

数分間行って、綺麗な生地が出来上がりました・・・(汗)。 

 

最後の3時間目は、1時間目に自分達で切ったうどんを向かいのうどん屋さんで茹でて

食べられるのですが、こちらは選ぶことができて、お持ち帰りにも出来ます。 私達は持ち

帰りにして、家で食べることにしました。

授業終了後、なんと、参加者全員に卒業証書麺棒のお土産がっ!!!

かけじくの様になっていて、うどんの作り方も載っています。

CIMG0249.jpg 

CIMG0260.jpg 

 

家に帰り、その日の夕飯は、もちろん、うどん♪♪

茹で上がったものを見ると、いろんな太さ(きしめん??)があり、とてもバラエティーに富ん

でいました。 見た目は決して綺麗ではなかったけれど、もちもち・コシもあって、みんなで

楽しく、おいしく頂きました♪♪♪

 

初めての体験で、楽しい経験の出来た一日でした☆☆

皆さんも興味があれば、ぜひ、体験してみて下さい!!

 

 

ごん。

バトミントンサークルからのお知らせ☆

毎週火曜日、19:00~21:00までMホールにて練習をしていましたが、

 

5月より毎週水曜日に変更となりました。

 

バドミントンに少しでも興味のある方はぜひ参加してみて下さい。

 

練習の時間帯は変わりません。

 

お待ちしてまーす!

 

DSCF0307.jpg

 

見学も可ですよ~(^^)/

 

ポニー

フレンズ杯卓球大会

 フレンズ杯卓球大会開催!!!

卓球フレンズ杯 001.jpg

 第7回フレンズ杯卓球大会が万成病院エム・ホールで開催されました。

 

 

 フレンズ杯卓球大会は、障がいを持つ方々の交流・社会参加の促進や運動習慣の強化を目的として行われる大会です。

大会は、卓球の技能レベルに応じてエンジョイクラス(初心者クラス)・チャレンジクラス(中級者以上クラス)に分かれ、トーナメント形式で行われました。

 

卓球フレンズ杯 002.jpg            卓球フレンズ杯 003.jpg

 

 会場のどのコートでも、白熱した試合が繰り広げられました。特にチャレンジクラスの決勝戦は、言い過ぎかもしれませんがまるで世界卓球の試合をみているかのような、技能レベルの高い試合が繰り広げられていました。

 終了後には、選手の方々の充実した表情が印象的でした。

 

A.Mackham

もも太郎杯ソフトボール大会

もも太郎杯ソフトボール大会 春季リーグ戦 結果報告

 

 7月1日(金)に岡山ドームで開催予定の、チャンピオンシップ大会への出場を賭け、4チーム総当たりでの春季リーグ戦が行われました。

 当院の患者様によるソフトボールチーム「万成フェニックス」は、1勝2敗で3位という結果におわり、残念ながらチャンピオンシップへ出場するという夢ははかなく散ってしまいました。しかし、総合5位決定戦への出場が決まり、春季リーグ戦の結果を糧として、今後も練習に励んでいこうと思います。

 

 大会での名場面集

IMG_2685.jpg  IMG_2706.jpg  IMG_2693.jpg

 個人的ですが、この大会へはスタッフも参加でき、僕の同じチームでのライバルである眼鏡君との戦いは、お互いに打率5割、失策2と同じ成績でした。次大会こそは、眼鏡君より好結果を残し、しっかりとチームに貢献していきたいと思っています。

 最後に、大会へ応援にお越しいただいた方々・大会開催に当たりご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

A.Mackham

看護学生さんの実習がはじまりました

看護部教育委員会第2回研修会 

         「精神看護学実習をうけいれて」  

                                 5月17日火曜日  12:40~13:30  看護部教育課

今年度の看護学生さんの実習は11月まで続きます。

看護学生の実習について知り、温かく迎え入れる環境を準備するための研修でした。

IMG_0596.jpgIMG_0587.jpg

 

 

感想から

・実習生を迎えることで自分自身を振り返り、原点に戻るきっかけにしたいと思いました。学生さんに実りある実習ができるよう願っていま す。 当病棟は実習現場ではありませんができることは協力していきたいと思います。

・研修を終わって改めて身の引き締まる思いがしました。

・自分の初めての精神科看護の実習を思い出されます。貴重な体験として今もはっきり覚えています。よって実習は重要な体験です。

・学生さんが存分に力を発揮できるために 安心してのびのび学習ができるよう 職員一人ひとり自覚を持ち土壌をつくっていくことがとても 大切だと思います。学生の方々と又共に職員が成長できることはとても素晴らしいことなので 今後もいろいろな面で努力していきたいと思います。

・今日の研修で話をきいて実習生に温かいエールを送りたいと思います。

 

"学生実習ノートから"

「どうしましたか?」と看護師さんが問いかけてくださる。いつも私を受け入れてくれるような態度なのである。

そのような態度は患者さんに対してもそうなのである。

看護師のほほえみから、いかに看護をうける心にしみこむかということを学びました。

                       臨床看護の心をもとめて より

 

IMG_0582.jpg

朝礼の前に ドキドキ! 挨拶の出番を待つ学生さん

 

~再びはないこのとき~      

        よい出合いがありますように・・・

 

 

ひだまりのモモ

IMG_0504.jpg5月14日 第7回 リリー賞「精神障害者自立支援活動賞」を受賞した

 NPO法人マインド 「こころ」と「ひまわり寮」とのバーベキュー交流会で

真備町の「美しい森」に行って参りました♪

マインドは、~「やさしい地域」へ、半径30メートルから人の心を変えよう~をテーマに、

こころの「病」を抱えた当事者と家族の方々が安心して生活できる支援体制と優しい地域を

作ることを目的に活動しています。

活動の柱は①当事者による自主活動、②啓発・交流を目的とした事業です。

 また、5月1日からケアホーム・グループホーム事業、今月中には当事者が働く地ビール工場が完成予定。

当事者と地域住民、専門家等が一同に集い、語り合う「テーブルまび」を開催。

「岡山NPOアワード2010」を受賞するなど多彩な活動で知られています。

ひまわり寮とは、以前からスタッフ&メンバーが親交がありましたが、リリー賞受賞を契機に、

受賞仲間としての交流を更に深めようと開催いたしました。

朝、9時よりKY(危険予知)トレーニングをメンバーさん、スタッフで行いました。

メンバーさんからはさまざまな意見が出てみんな危険予知が出来たと思います。

 

さて、いよいよ出発です。それぞれ荷物を持って病院玄関前に行き、5台の車に分かれて乗車、

好天に恵まれ、絶好の行楽日和の中、倉敷市真備の「美しい森」までの約1時間のドライブを楽しみました。

車中からは、新緑に映える景色が見渡せ、途中で休憩に立ち寄った吉備路では、荘厳な五重塔と周りの景色の

美しさに、皆さん「きれいじゃな~!」「絵葉書になる風景じゃ」などと感嘆の声が挙がっていました。

 

IMG_0511.jpg険しい細い山道を車で登って行き、「美しい森」に到着。その名の通り、鳥のさえずりの聴こえる広々とした

場所で、バーベキュー交流会を開催。それぞれの事業所の紹介、利用者の自己紹介のあたりからすぐに

打ち解け、賑やかな楽しいバーベキュー交流会となりました。

 

 

 

 

 

 

昼食後は.休憩棟でカラオケ大会を開催。NPOマインド代表多田さんのギター演奏に合わせて

皆さん熱唱し、笑い声の絶えない楽しい時間を共に過ごしました。

 

IMG_0524.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またたく間に時間が経ち、帰りの時間となりました。 

最後に全員で記念写真を撮り、お互いの事業所の発展と再会を約束し「美しい森」を後にしました。

NPOマインドの皆さん!!ありがとうございました。

これからも、お互いに「やさしい地域作り」に向けて、手を携えて行きましょう!!!!!

 

 

 

福娘 

マニックス通信 ~岡山音協杯~

先月のブログで岡山音協主催のソフトボール大会をお知らせいていました!!

先日 5月15日(日)に大会が行なわれましたので 結果報告を ・・・ (^‐^) 

報告前に・・・。

 

毎度のことですが(+_+) 前日までメンバーが集まらず、色々な方に声をかけスケジュールを調整してもらいました! 

 

試合当日、集まったメンバーは10人!!

 ギリギリ " セーフ "

何とか試合を 棄権 せずにすみました。(苦)

 

 

1回戦は 内山工業 牛窓工場さん でした。メンバーを見れば

全員若くて!人数も15人以上いて!! ピッチャーの球はかなり速くて 強そう!!!

マニックスには若干戦意喪失の雰囲気もありましたが、胸を借りるつもりで楽しみました

結果は11対5で勝ちました◎ まぐれですが・・・。

とても締まった試合で楽しくプレーできました。

 

2回戦はスケジュールを調整して来てくれていたメンバーが1人抜けて(汗)

女性2人を含めた9人で挑むことになりました。(絶対ケガだけはしないように・・・という気持ちで。)

 

対戦相手は長い付き合いであり、気心の知れた 慈圭病院さん でした。

マニックスの先発は 強力助っ人の ☆ PSW O椋さん ☆

ピッチャーは初めてで、女性ということもあり フォアボール無し!? 

という 無茶苦茶なルールを承諾していただきました(感謝×2)

 

試合は思いもよらず緊迫した接戦!!

O椋投手の活躍に応えることが出来ない 不甲斐ない男性メンバー(泣)

対照的女性2人ファインプレー連発大活躍でした♪♪♪

 

結果は1点を死守することが出来ず、3対1の逆転負け・・・(´・ω・`) 

残念な結果ではありましたが、天候も良く、気持ちの良い汗をかきました。

 

今回写真をアップしようと思ったんですが!? メンバー カツカツでカメラマンまで気が回らず!

写真を撮り忘れていました。

 

今月、来月は公式戦はないので、練習試合をまた報告させていただきます。

 

あいりょう

トマトの苗 植えました\(^o^)/

大きくな~れ♪ 大きくな~れ♪

毎日せっせと水やり水やり・・・(~_~;)

 

P1000461.jpg 

花もたくさん咲きはじめました↑

小さな実もついてます↑

きっと、真っ赤なトマトがたくさん実るよ\(^o^)/

 

 

↓↓↓トマトって、こんな野菜↓↓↓

   ~健康野菜トマト~

☆胃が疲れたら、トマトジュース

夏場、体がバテて食欲不振のときや、二日酔いで胃の

調子が悪いときに、トマトジュースを一本どうぞ。

さわやかな酸味が胃をすっきりさせ、食欲を増してくれるし、

弱った胃の粘膜を保護する働きもあります。

 

☆脂肪の消化を助け、胃病を防ぐ

脂肪などの消化を助ける成分(ビタミンB6)が含まれている

からで、肉料理のときに生のトマトを一緒に食べると、胃の

負担をかるくしてくれます。

 

☆動脈硬化予防

トマトに含まれているルチンは、ビタミンCとともに血圧を

下げる作用があります。

ルチンとビタミンCをともに含むトマトは、高血圧の人には

うってつけの野菜です。

また、トマトには血液浄化作用があるといわれ、動脈硬

化や肝臓病にもよいとされています。

 

☆美容効果

トマトには、ビタミンH、P、ビタミンB6といった、成分が含まれています。

ビタミンHは、皮下腺の働きを促進して肌荒れを防ぎます。

ビタミンPは、毛細血管に働いて皮膚に栄養を送り届ける

役目をします。

また、ビタミンB6には、皮膚病をなおす効果もあり、これらのビタミンが

総合されて美しい肌を保つのに威力を発揮します。

 

 

かける

ソフトボール部練習試合報告

万成病院には、長い歴史を誇る野球部と昨年結成されたソフトボール部(非公認)があります。

このソフトボール部とは、万成病院スタッフで構成された寄せ集めチームですが、

ソフトボールを愛する有志が集まり、年1回のペースで試合を行っています。

(わいわいガヤガヤのチームです。)

 

そんな、ソフトボール部が昨日の5/15(日)に練習試合を行いましたので報告いたします。

 

この日集まったメンバーは、急遽これなくなった人も数人いましたが、女性3人を含む12人が集まりました。

対戦相手は、医薬品卸:株式会社セイエルさんです。

(野球のユニフォームを着ている方もおられ、みんな少々ビビり気味でした。)

 

正午から練習をはじめ、12:30から試合スタートという予定のなか、

まずは、みんなキャッチボールから始めましたが、みんな1年ぶりのキャッチボール。

聞こえるのは、"痛い" とか "あらっ" とかばかり。

元野球部4番(リハ課F係長)のノックを受け、徐々にみんなの士気が高まってきました。

 

そして、プレイボール!!

 

1回表に幸先よく先取点をとったものの、その裏すぐに逆転され。。。

「やっぱりセイエルさん強いなー」とみんなが意気消沈している姿をみて

 

キャプテンである私が一発皆に「」。

 

すると、4回表に打者一巡の猛攻で一挙7得点で大逆転。

 

IMG_2088.JPG 

その後は、猛追撃を受けながらもなんとか、11対9 という接戦で逃げ切ることができました。

 

みなさん、怪我なくソフトできて楽しかったですね。

そして、セイエルさん色々お気遣いありがとうございました。また、お願いいたします。

IMG_2000.jpg

 

それにしても、元野球部4番はこの試合でも不調でした。(ノーヒットかな?)早く柵越え見せてください。

お子さんも、残念そうでしたよ。

 

 

たくぞう

你好!洛陽市第五人民医院の皆様。

中国の洛陽市第五人民医院の先生方が、5月11日当院を視察されました。

中国でも高齢化がすすみ認知症患者様への看護やリハビリテーションなどの

対応を見学したいというのが当院への主な視察内容でした。

 

まずは、嶽崎事務長・河田事務部長・矢野看護部長によりオリエンテーションをすませた後、

老人保健施設リハビリテーションホームを視察して頂きました。

 こちらでは、利用者の嗜好や個々の能力に応じた様々な机上活動(塗り絵や書道・脳トレ等)をメインにみて頂きました。

ひとりの利用者の方が中国に在住していた事から、視察団の方との会話が盛り上がった一場面もありました。

 老健_R.jpg

 その後、万成病院の精神病棟へ。

この病棟では高齢者の方が多く精神疾患に加え認知症の患者様も数多く入院されている病棟であり

こちらでは、高齢者の患者様の口腔ケア・嚥下訓練を中心に視察して頂きました。

いろいろな質問もあり通訳の方を通しながら意見交換を行いました。

 

嚥下訓練_R.jpg 

最後に視察して頂いた病棟は、認知症治療病棟でした。

 この病棟は、急性期の集中的な治療を要する認知症の患者様が入院されている病棟であり

こちらでは、機能回復訓練に伴うレクリエーションでボーリングを行っている様子を視察して頂きました。

患者様がボーリングを楽しく行っている様子を見て視察団の方も思わず参加されていました。

皆さん、言葉では通じ合うことはできませんが、楽しいそうな表情やジェスチャーで一体感が生まれたのではないかと思います。

 

ボーリング_R.jpg最後に、小林院長より施設説明や日本の高齢化社会の実状の説明がありました。

そこでも、リハビリテーションや看護・医療費、今後の課題など積極的に質問されており、

当院スタッフに於いても、大変貴重な経験だったと思います。

 

院長kou_R.jpg 集合_R.jpg

  

 

另外,请来。(また、お越しください。)

 

 たくぞう

春がいっぱいですッ♪

入所者の方と一緒に病院やリハホームの周りを散歩していると

この時期ならではのものを

たくさん見つけましたっ☆

 

 皆さんご存知のしげるロードにやってくると...

IMG_2617.jpg

色鮮やかなつつじが咲いています!!

IMG_2609.jpg

バラの花もきれいですよ♪

IMG_2610.jpg

こんなところには、つぼみのついたあじさいも...☆

IMG_2612.jpg

 

そして、今1番見頃なのはもちろんこれッ!!

IMG_2614.jpgIMG_2616.jpg

藤棚です♪

ちょうちょうやはちも遊びにきていましたよ♪

 

よく散歩する場所ですが、この時期は植物の成長がはやく、いつも新しい発見があるので入所者の方も散歩を楽しみにされています。

皆さん私よりも植物に詳しいので、花の名前や特徴などを教えてくださりとても良い勉強になっています☆

 

この日は天気が良く、空と山の色合いがとてもきれいでしたっ

IMG_2618.jpg 

 皆さんも天気の良い日には外をぶらっと散歩してみてはいかかでしょうッ♪

 

 

TaMa

歯科医師・東日本大震災医療支援活動報告

  

当院非常勤歯科医師の久保克行先生(岡山大学歯学部)は、震災後、被害地域において医療支援活動をされました.

その大変な状況下の報告と、先生の被災地の方への想いをインタビューをさせていただきました。 

 

Q:大震災発生(3.11)後何日目に被災地へ行かれたのですか?  

 

A23日目 (43日~7日)です。

 

 

P1010548.jpg 

Q:支援活動された地域は何処ですか? 

 

A岩手県 大船渡病院・陸前高田周辺です。

 

P1010617.jpg 

 

Q:どういったルートから医療支援の依頼があったのですか? 

 

A岡山大学より歯科医師の派遣用要請もあったため 岡山大学 医療支援 派遣部隊 第7斑として活動(歯科医師は第6斑からの参加)です。

 

 

Q:被災地の当時の状況、印象は?

 

A医療支援に対してはだいぶ落ち着きつつある状態でした。

  当被災地域には医科的な緊急状態の患者は殆どおられませんでした。

  ・場所によっては水道・電気などが届いていない所も多数ありました  

   が,食料やミネラルウオーターは比較的小さな避難所にも届いていた 

   ようです。

   気になっておりました歯ブラシも殆どの所で届いていました。皆様は 

   は,比較的明るく前向きな印象を受けました。特にお会いした方々の 

   中には悲観的な方は見られなかった様に思います。(それは我慢強い  

   東北の方の気質のせいかもしれません・・・。)

  ・写真からも分かるように戦後の焼け野原のような印象。

   もう一度同じように人が住める街になるとは到底思えない状態でし  

   た。街によっては人口減少や土地の低さも相まって消滅する可能性も  

   あるのではと思われる状態でした。

 ・自衛隊の必要性を痛感しました。改めて戦争時だけではなく,国災にお  

  いても自衛隊は必ず必要と思いました。

  復興には道路が必須であり、震災後のがれきの山をのけ,どうにかして 

  道を作ってくれたのは自衛隊のお陰でした。

  実際にこういった自衛隊の活動がないと本当に何もできない!という感 

  想を持ちました。

 

 

 

 

P1050830.jpg

P1050831.jpg 

Q:実際の医療支援活動の内容を教えてください。

 

 A:*震災関連死(震災による直接の死ではなく,それに関連した死の事)の最大の原因である誤嚥性肺炎の予防に努めました。

    避難者個人にのみ実施するのではなく,周りの方や保健師のかたなどにも伝えました。

  特に高齢者や寝たきりの方に行う事が重要ということも伝えました。

     また、重要なことでは、歯科医師・歯科衛生士が実施した1日だけではなく,今後も継続できるよう指導し、ブラッシング等の技術のみならず口腔衛生の意味を多くの避難者・医療従事者に啓蒙していくことでした。

 

(今回もそうですが,避難所を回れる時間にはかなり限りがあるので,どこを周るかを決めるのは非常に重要。地元の保健師さんと相談して決定しないと空回りしてしまう。地元の人とのつながりをうまく利用させてもらう事がポイントでした。支援も人と人との関係なので。)

 

口腔内診査・助言を実施しました。

  

  義歯の修理(義歯破折,義歯不適合に対して)をしました。

その場で対応できない場合は,近くで臨時にしている歯科診療所をあらかじめ把握して紹介する事としました。

 

P1050919.jpg 

Q:これからの被災地での歯科の役割はどんなことでしょう?

 

   Aすぐに対応できなかった義歯の紛失に対して再製が必要とされます。(義歯作製には歯科技工士さんの手助けが必要なため。歯科技工士さんの確保も必要。)

 それとやはり誤嚥性肺炎の啓蒙活動に努める事です。

 

  東北は歯科大学が3つ?あり,関東にも多数の歯科大学があるため,マンパワーは比較的あると思われます。今は,岩手県歯科医師会が中心になって動いていると聞いています。現在も再度,岡大に要請があるかもしれないという連絡がきています。内容は不明です。

 

Q:被災地の皆様に先生からの個人的なメッセージを頂ければと思いま

      す。

Aまだまだ苦しい状況だとは思いますが,お身体に気をつけて下さい。

じぶんたちもできる支援は精いっぱい行っていきたいと考えています。

一日でもはやい復興を心から願います。

 

 西日本を中心に東北の被災地のためにも,同じ日本人として,各々ができ

 る事を少しずつしなければいけないと思います。復興にはかなりの額のお金が必要ですが,お金ばかりが復興ではないと思います。隣人が被災したと考えればいいと思います。できる事をすこしずつする事が重要だと思います。

 また,見方をかえれば明日は我が身です。災害に備えるという事は必要だと思います。今できる事は,今しないといけないかもしれません。

自分みたいな人間が言うのは不適切かもしれませんが,「前向きに生きていく」という事が重要なのかもしれません。

 

 先生ありがとうございました。

 

 

インタビュー終了後の私の感想です

 

 久保先生、医療支援活動、本当にお疲れ様でした。こんな素晴らしい先生が当院におられことを誇りに思います。私も被災地の方々のことを毎日考えながら過ごしています。自分に何が出来るか問う日々です。一日も早い復興を祈らずには折られません。

  先生お忙しい中、お答えいただきありがとうございました。※※

 

 

 

sanasa

 

売店リニューアル

売店がリニューアルされました!!

 

今まで照明が暗く全体的に暗い感じでしたが、とっても明るくなりイメージが変わりました!

 

この明るい訳は中の照明と表のパネル全てに、なんと!LED使用されているのです。

 

このLEDを使用する事で節電にもなり、とてもエコになっています。

 

 

売店の名称を職員より応募して『すまいる』に決定しました。 

  

DSCF0027.jpgこの『すまいる』に決定した理由は・・・

 

当院の院長が掲げている

 

 スタッフの笑顔が患者さまの笑顔に


       そして、ご家族、地域へとひろがっていくと言う

            

            "ひろがれ笑顔"

 

                                   にピッタリなので、この『すまいる』決定しました。

 

後、もう1つポイントがあります!

      

『すまいる』がカタカナのスマイルではなく

  

ひらがなになった理由は・・・

                                      

カタカナよりひらがなの方がやさしいイメージになると言う事でひらがなに決定しました。            

        

スタッフ一同、すまいるで待っております☆



まつ

『 看護の日!』

厚生労働省は1990年に 『看護の日』 を制定しました。

近代看護を築いた、フローレンス・ナイチンゲールの誕生にちなみ、

5月12日を 『 看護の日 』その日を含む日曜日から土曜日までを 『看護週間』 としました。

 

"看護の心をみんなの心に" をメインテーマに、

毎年各地で様々なキャンペーンが行われています。

 

岡山県看護協会では、

看護活動のPR、知事婦人一日看護部長、看護大会・岡山県医療事業功労者表彰式が行われます。

日本精神科看護技術協会岡山県支部でも、看護協会の方々と連携して、看護フェアに参加しています。

昨日は、看護活動のPRを岡山駅東口で行いました。

前夜の豪雨がうそのような晴天で、初夏を思わせる気候でした。

DSCF0246_R.jpg 

 

 

日精看岡山県支部では、こころの病を広く一般の方にも知っていただくために、

毎年『こころの日』講演会を開催しています。

今年は、7月2日(土)13:30~15:30 岡山コンベンションセンターで行われます。

       演題 『認知症の理解と予防』 ~認知症になっても地域で安心して暮らしたい~

       講師 川崎医科大学精神科学 教授 石原武士先生        

       無料 です。

 

scan-16_R.jpg 

 

 

昨日は、日精看オリジナルグッズと『こころの日』講演会のチラシを配りました。

白衣姿で駅前に立ち、道行く見ず知らずの人に声をかけることは、思いのほか勇気がいるものです。

しかし中には、「母が認知症で・・・病院へ行ったほうがいいですかね・・・」とか、

「私はうつがあって病院にかかっているんです。看護師さんにはいつもお世話になって、頑張ってください。」

など、温かい声をいただきました。

DSCF0245_R.jpg 

今年も、貴重な体験をさせていただきました。

 

  大吉 

作業停電のお知らせ

  〇 作業停電のお知らせ 〇

       平成23年5月18日 (水)

13:00~14:00の間、作業停電の為エレベーターの使用が出来ません。

面会は階段でのご案内になりますのでご了承ください。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご協力よろしくお願い致します。

 

 

先日、ブログで紹介されていた万成病院に植えられたばかりのハナミズキが咲きました!!

    赤と白の対の花です!

DSCF0034.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0033.jpg植えたばかりで花を咲かせてくれて嬉しくなりました。

ハナミズキは1909年(明治45年)に東京市長だった尾崎行雄氏がアメリカに桜を贈ったそのお返しとして贈られた木です。
つまり、ハナミズキは日米親善の願いを込められた木であり、今でもアメリカでは桜が、日本ではハナミズキが人々を和ませているのです。

そしてハナミズキと言えば、なんといっても一青窈さんの「ハナミズキ」

『君と好きな人が百年続きますように・・・』
実はこの歌、アメリカの9.11テロ事件を受け、もっと人と人との間でやさしさの交換ができないものか・・・との思いと、先ほどのエピソードから作詞したとか。

 

ハナミズキの花言葉は「私の思いを受けてください」「返礼」などです。

なんだか優しさのあふれる花だなぁと改めて万成病院のハナミズキを眺めました。

 

 

すぅ♪

 昨年9月25日&26日の二日間、全国から約700人が参加して岡山県岡山大学にて

開催されました~結び合おう心の絆 広げようピアの輪~をテーマとした

『第11回ぜんせいれん全国大会IN岡山』の報告集が無事に完成致しました!!

 

当事者の実行委員の皆さんが何度も何度もテープ起こしをして、原稿を作成し、

全国大会の写真が随所にレイアウトされていて、当日の感動と熱気がヒシヒシと

伝わって来ます。

                                                                                     

 

CA3C03750001.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が担当させていただきました基調講演「ノーマライゼーションの街づくりをめざして」

講演録、12分科会報告、当事者のスピーチリレー「スピークアウト」もすべて掲載されて

います。

 CA3C03770001.jpg

 

 

 

全国大会から約7ヶ月経過しましたが、実行委員一同で集まり、全国大会開催までの

プロセスや全国大会のシーンを振り返りました。

「大都会で実現できていない全国大会が、岡山で当事者中心で開催できたことは

奇跡に近かった」

「1人でできないことも100人の力が集まれば実現できることが実感できた」

「大会が成功できて自分自身に自信をもつことができた」

「実行委員が誰一人欠けてもこの大会は成功しなかった」

全国大会へ参画できたことは、当事者の皆さん、スタッフにとっても実行委員との

絆や全国の方々とのネットワーク、やり遂げた達成感・・・・大きな財産になっている

ことが感じられました。

 

 

CA3C03760001.jpg 

 全国大会へ長崎から参加して下さった家族会の方は、「岡山での感動をエネルギーに

ひまわりの地域交流活動を長崎でも行動したい」とひまわり寮へお電話を下さり、今、

長崎県で就労支援の事業所立ち上げに東奔西走していらっしゃいます。

 

全国大会の種が各地で芽を出し、花開きつつあります。

 

私にとっても、基調講演のステージでひまわりメンバーさんと共に

ステージに立ち

全国から会場に参集した700人の達と「ビリーブ♪」を大合唱できたこと

たくさんの方と結び合えたこと

大きな大きな宝物となっています。

 

「1人の想いが社会への変革につながる」

「何万人の方へ電波で伝えるより、目の前の人を笑顔にすることを喜びに」

 

基調講演でお伝えさせていただいたメッセージを有限実行に

日々、当事者と共に歩み続けたい・・・と

報告集を手に改めて自戒しております。

 

 

ひまわり娘

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。