2011年6月アーカイブ

春の組合職員旅行 IN USJ

 万成病院 では毎年春に職員組合主催日帰り旅行があります。

 

今年の行き先は 〝ユニバーサル スタジオ ジャパン〟でした!!

 

 

DSCN0509.jpgDSCN0574.jpg

 

ユニバーサル スタジオ ジャパンには以前にも万成病院主催の皆勤旅行

2度行ったことがあったんですが、それからプライベートでも行ってなかったので

とても久しぶりで、定番のアトラクションへの懐かしさと新しいアトラクションへの

新鮮さを感じました。

 

DSCN0538.jpgDSCN0516.jpg

 

ちょうどユニバーサル スタジオ ジャパンが出来て10周年ということで

平日にも関わらず、多くの人で賑わっていました。

 

 

DSCN0559.jpgDSCN0564.jpg

 

来年の組合旅行はどこ? になるのか分かりませんが!?

また来年も参加して気分転換を図りたいと思います ♪ 

 

あいりょう

第88回ひまわりサロン~日帰り旅行~

梅雨の真っ只中

第88回ひまわりサロン~日帰り旅行~

「岡山県指定天然記念物・備中鐘乳穴(かなちあなまでのドライブ(片道 約 2時間)を行いました

 

トイレは・・・!?   車酔いは・・・!? と不安な声・・・もあるなか、天候にも恵まれ

 

9:40 「出発!!!!!!!!!!!!」 と気合十分な実行委員長の F主任V(・・)V

 

いろんな心配もありましたが、車中から見える景色もよく、参加者のテンションも徐々にF主任のように上がって

和気あいあいとドライブ=3

車中や途中の休憩所でもみなさん楽しそうな笑顔が印象的 ^\(・・)/^

 

                 〈きもちいいーーー〉 DSC00483.jpg

 

 

11:30  順調に昼休憩の場所 『醍醐の里(道の駅)』に到着!!

      長旅の疲れもみせず、みなさん食欲旺盛 (*。*)わおっ         良いことなんですが・・・

      この道の駅の常連さんがアヒルとカモにエサをあげており、「こんにちは」と思い切って声を掛けると、

      「やってごらん」とかなりおおきなパンをくださり、自分たちもアヒル&カモにエサやりをさせてもらいました

          「おじちゃん、ありがとう\(^。^)/」

        DSC00505.jpg         P1000002.jpg            

 

 

12:45  今回の目的地である 岡山県指定天然記念物の『鐘乳穴(鍾乳洞)』へ到着!!

      鍾乳洞というものが初体験だった方も多く、テンションは上がってきましたが、なんと!鍾乳洞の入り口にたどり着くまでに

      急な下り坂が出現(***)     ヤメテ~~~!!!

 

       DSC00513.jpg         DSC00517.jpg      DSC00518.jpg         

     何とかみんなで声を掛け合いながら入り口にたどり着き、いざ!鍾乳洞内部へ(@。@)

    

 

      中に入ると"寒いっ"と思わず言葉がでるくらいヒ~ンヤリ(~。~)''  

         ・・・でもちょっとしたら気持ちよくなってきて、      

     

       ☆☆☆鍾乳洞内部はなんとも幻想的な景色が広がっていました☆☆☆

 

                           DSC00523.jpg     「無事に出られますように!!」 by主任                                                                               DSC00533.jpg                              P1000004.jpg

 

      きれいな鍾乳洞をでるとあっ!!(*。*)  上り坂・・・(;。;)  

     さらに暑さも容赦なく、m;;m

                          P1000006.jpg

 

     それぞれのペースでなんとか坂を上りきり、一服してから帰路へ=3

 

 

     帰りの車中で

       ・・・・・ゆっくり寝る人・・・・・

          

                      。。。。感想をしゃべる人。。。。

     

     みなさん無事に帰ることができよかったです\(・。・)/

 

 

                          DSC00541.jpg

 

16:00   「将来はみんなで飛行機旅行!!なんてできたらなぁ」と大きな夢を語りつつ、

       第88回ひまわりサロン

       ~日帰り旅行~      無事 終了

      みなさん お疲れ様でした (^。^)V

      今回企画してくださったSさん、ありがとうございました V(^。^)V

 

 

じゅんぱく小僧

万成病院フォトコンテスト

         ☆★☆万成病院フォトコンテスト☆★☆                

                            (ひろがれ笑顔コンテスト) 

去年に引き続き、今年もフォトコンテストを開催しま~す!!

去年はたくさんの作品を応募していただきありがとうございました。

万成病院の受付横にはみなさんのフォトコンテストで応募していただいた作品を展示させていただいております。

今年の応募事項を以下に記載しています。

     ↓ ↓ ↓

1.応募資格・・・職員、ご家族様、患者様

2.応募締切・・・平成23年8月6日   発表 8月20日(夏祭り)

3.応募部門

  ①「ひろがれ笑顔!」・・・笑顔の人物写真

  ②自由部門・・・スナップ、自然風景や動物、キュメンタリー、クリエイティブ作品etc

  ③創作部門・・・スケッチ、絵、書道etc

 

4.各賞(各賞副賞あり)

   院長賞        1名

   入賞        約10名

   審査員特別賞    5名 

 

5.応募形態

 ・印画紙にプリントして応募するものとする

 ・サイズはL版に統一

  (サイズの大きい印刷はカメラの差が顕著に出るので公平を期すため)

 ・カラー、モノクロ、セピア可

 ・単写真のみ(組写真は不可)

 ・2010年1月以降に撮影された作品を対象

 

6.応募先

 万成病院受付(応募票に名前と作品のタイトル記入して写真と共に応募)

 

7.審査員

  院長、広報委員メンバーにて構成します

 

8.応募作品について

 ・応募者本人が撮影し、全ての著作権を有しているものに限ります

 ・他人の名前を使用した場合は失格になります

 ・応募作品は返却いたしません

 ・入賞作品以上はアートプログラムで展示、及びホームページ・パンフレット等の素材と

  して使用させていただきます

 ・応募作品は入賞作品を含め、展示する可能性があります

 ・個人情報等の問題で展示できない写真は賞典外とさせていただきます

 ・使用フィルムや印画紙の銘柄に制限はありません

 ・1人何点でも応募できます

 ・展示する作品に関しては生データを提出していただき、展示用サイズで印刷します

 


 2011062501.jpg

2011062502.jpg2011062503.jpg

昨年の受賞作品の一部です。


2011062504.jpg

力作揃いで、審査員も大変でした^^

今年は去年よりもさらにたくさんの作品を待っています。

みなさん、どんどん応募して下さいね。



port

 

年をとるってどんなこと

年をとるってどんなこと

 

梅雨の長雨はうっとうしくて好まれないが、私にとって6月は 誕生月でもあり紫陽花の咲き競うこの時期が好きです。

紫陽花の花や葉の色がまわりの風景になじみ 水溜りや雨の雫がきらきらと光る風情は梅雨の晴れ間には心が和みます。

先日一つ年を重ね健康でいられることにまず感謝しました。そしてとても明るい気持ちになれた 芹沢春江さん(92歳)の詩が目にとまりましたので紹介したいと思います。

                                      

IMG_0643.jpg

                                  IMG_0648.jpg         

  

 

 「年をとるってどんなこと」

① 年をとるってどんなこと  わすれっぽいというけれど 一杯つまった知恵の箱  出すのにちょっと迷うだけ

 

② 年をとるってどんなこと 耳は遠いし眼もわるい あらゆるものをキャッチして 私を育てた疲れです

 

③ 年をとるってどんなこと 腰が曲がるというけれど お世話になった人々に感謝 感謝の姿です

 

「年をとる」ことは 老いに抗うのでも老いと格闘することでもないのですね。

老いを生きるということは齢(よわい)とともに呼吸を整えることなのでしょうか。

この現実を「まるごと」受け入れていかに「確かな」一日一日をいきていくかを求め続けていきたいものです。

次の誕生日にも 感謝の心で紫陽花がみられますようにと・・・・ねがいつつ

   

IMG_0645.jpg

 

 

さくら 

第9回万成杯フットサル大会 結果報告

6月12日(日)、万成病院Mホールにて万成杯フットサル大会開催!

 IMG_2873.jpgIMG_2882.jpgIMG_2877.jpg

           「開会式」             「我らがキャプテンの勇姿」        「万成F.C作戦タイム

 

岡山県内の7つの医療機関による、プライドを賭けた試合が繰り広げられました。 

IMG_2888.jpg

      「なでしこカップへ熱視線を送るK先生」

 

我らが万成病院フットサルチーム「万成F.C」の結果は・・・

 

第4位!!なんとも中途半端な順位でした。

 

 優勝は倉敷平成病院さん(半端なく上手い【本命】)、準優勝は岡山リハビリテーション病院さん(失礼ですが【大穴】)、第3位は倉敷中央病院さん(ザ・パワフル【対向】)、第5位はしげい病院さん(抜群のチームワーク)、第6位は岡山県精神科医療センターさん(チームの意思統一高し)、第7位は倉敷成人病センターさん(蓄積疲労があったのかな?)という結果でした。

 

IMG_2902.jpg 

                   「最後はみんなで記念撮影!!」

 

大会中は、女性だけの「なでしこカップ」があったりと和気藹々した雰囲気で行われ、皆様楽しまれていた様子でした。

おわりに大会の運営にご協力いただいた皆様をはじめ、ご来場いただいた皆様に感謝申し上げます。

 

A.Mackham

『標準版家族心理教育研修会 IN 岡山』

2011_06_18_16_41_27.jpg平成23年6月18日~19日、岡山心理教育研究会/心理教育・家族教室

ネットワーク主催で、

『標準版家族心理教育研修会』が開催されました。

今回は、13県27施設から61名の参加をいただきました。

千葉、愛知、大阪、広島、長崎・・・と参加者の半数は、県外からです。ありがたいことです。

事務局としては、40名の定員としていましたが、会場の都合もあり、最大の61名としましたが、キャンセルなしで皆さん参加いただきました。

標準版研修会は、『だれでもどこでも心理教育が実践できるようになる!11時間プログラム」

として、家族教室・心理教育ネットワーク主催で、2009年より各地で開催されています。

 今回は、このプログラムの開発者である伊藤順一郎先生をはじめ、インストラクター12名のご協力頂き

岡山初の開催となりました。

2011_06_18_15_01_59.jpg今回、私は、2回目のインストラクター体験でしたが、他のインストラクターとの意見交流も活発に出来、とても学びの多い2日間でした。

参加者は、アンケートの中で「自分の施設にもどり、やってみようと思います!」「今まさに学びたかったことでした!」

という声も多くあり、仲間やネットワークがまた一段と広がったように、嬉しい気持ちで一杯です。

また、事務局の仕事では、研究会の世話人の方をはじめ、本当に万成病院の職員の皆さんには色々と助けられました。

参加者からのお礼メールの中に「万成病院さんの職員さんの笑顔での対応が良かったです。」とあって、本当に感謝です。

 まだまだ振りかえりが出来るまで、体力も回復していません(笑)が、また来年も開催します!!

参加者の方々、伊藤先生をはじめとするインストラクターの皆様、研究会の世話人の方々、そして万成病院の職員の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。  多謝

 

ごろんた。

リハホーム院外活動♪

6月8日、リハホームの院外活動として

『日応寺自然の森スポーツ公園』に行ってきました

 

天気は曇り。

皆さん、日応寺公園にむけていざ出発!!!車内は大賑わい!!!

そして到着~☆

IMG_2836.jpg

やはり、日応寺公園といえば

岡山空港の近くなので、飛行機の離着陸を見るのが目玉です。

ということで、まずは飛行機の時間を調べると、ちょうどいい時間!!

早速、飛行機見物スポットへ・・・・・・・

IMG_2841.jpg

曇っているし、着陸なので飛行機が1瞬しか見えませんでした・・・

『また、後ほど北海道に向けての離陸があるのでそのときに・・・』なんて、みんなで話していると

お孫さんと散歩に来ていた親切な方が、

『カラスがカバンを荒らしていますよ!!』と教えてくれました。

急いで、カバンのところに行ってみると、なっ、なっ、なんと

4個入りのロールケーキ(未開封)が丸ごとなくなっていました(泣)

カラスってすごい・・・・・・

 

気を取り直して、                         

お花をみたり、管理棟の中の『ドジョウ』をみたり

IMG_2858.jpgIMG_2856.jpg

そして、ロールケーキはカラスに取られてしまったので・・・

お茶だけの寂しいおやつタイム・・・

皆さん、ごめんなさいね・・・とほほ

 

で!!

最後のメインイベント『飛行機の離陸』の時間となりました

再び、飛行機見物スポットへ~

IMG_2870.jpgIMG_2869.jpg

最後に、飛行機が空高く飛んでいく様子を

しっかりと見る事が出来ました☆☆

そして、帰りの車内でも、外の景色や思い出話に花が咲き、最後まで楽しい時間を過ごしました!!

 

次回の院外活動は秋です!

今度は、お菓子をカラスに取られないように注意して・・・・ね(笑)

                                                                                                                             

pa

経費節減すすんでいますか?

当院でもいろいろなところで経費削減の話題が出ていると思います。

みなさんの部署ではどうでしょうか?この経費削減について部署で検討などされていますか?

 

事務課の取り組みについては、以前のブログでも書き込みしましたが、

以前よりも急速に経費削減に意識が高くなってきています。

 (書類以外の印刷物は、ほとんどがリサイクル用紙を使用しリサイクル用紙が不足しています。)

 

しかし、その反面考えるのは、患者さまに対しては充実した環境を提供すること。

経費削減を意識しすぎて、患者さまに不快な想いは絶対させてはいけないと思います。

 

当院のスタッフ一人一人がこの意識を持ち正しい行動をして頂きたいと思います。

 

ちなみに、我が家では私がテレビを見ている最中にトイレに行って帰ってくると、テレビは消されています。

しかも、主電源からさんの絵文字。腹が立つ反面、さすがだなと思っています。

皆さんも、ご自宅でいろいろな経費削減を行われていると思いますが、当院でできる事があれば是非実践してみてはどうでしょうか?

 

たくぞう

国際雑誌に歯科の論文が掲載されました

ビッグニュースです!!!

 

当院の常勤歯科医師の苅田典子先生の論文が国際学術雑誌に掲載されました。

 

20110615.pdf 

 

 

 

 

 2011年5月号のInternational Journal of Dental Hygiene(歯科衛生士の国際的な雑誌)です。

 

題名は、"Discovery of a patient with strongly suspected bullous pemphigoid in a ward by   

oral health care providers" 

 

 

※日本語で訳すと"病棟での口腔ケア介入に基づき実施した血液検査が類天疱瘡の発

 見に繋がった一症例"  

 

※それでは、日本語にて内容紹介いたします。

 

2008年の院内学会でも発表した内容なのですが、認知症病棟における歯

科スタッフによる口腔ケアの口腔粘膜状態の経時的記録が発端となっ 

て実施した血液検査が類天疱瘡の発見に繋がった症例す。

さらに,口腔粘膜疾患の診断における歯科−医科連携と血液検査の用い方

を考察したものとなっています。

 

 

※英語文章の方は、全文をPDF添付していますので、興味ある方は是非!!読んでみてください。

 

CIMG1633.jpg

万成病院常勤歯科医師・岡山大学病院歯周科 苅田典子先生

 

こちらをクリックして御覧ください。

↓↓

20110615kanda.pdf 

 

 

 

 

♪♪共同著者である歯科衛生士の感想♪♪

 

今回、国際学術雑誌に掲載されたことにより、苅田先生が「専門分野の 

メンバーとしての力量を認られた」ということを意味してると改めて  

感じました。

また、国際学術雑誌に論文が掲載されるということは、多数存在する秀 

逸的なものの中から更なる高い意義を持ったものに限られるとされると 

認識しております。

私たちが日常業務で行っている有病者への口腔ケアの実際が重要な位置

にあり、こういった研究の進展に寄与できたことを誇りに思うととも

に、当院の名前が世の中に示せたことも嬉しく思います。

 

 

sanasa

救助袋を体験!!

 当院のE棟8階会議室にある救助袋・・・

 

IMG_0610.jpg

 

いつも四角い鉄の箱に入っているため

中身がいったいどんな物なのか

ほとんど知らない方が多いのでは

ないでしょうか?

 

 

 

 

 


と、言うことで・・・

今月の8日 点検を兼ねて業者の方の立会いで救助袋の使用手順の説明と実際にスタッフの皆さんに

使用してもらって降下を行いました。

 

まずは、8階の窓から眼下の景色を見てもらいました!

「高け~!!」 「怖え~」 「すげ~」 と 岡山弁丸出しの人もいれば

「ん~」 「・・・・」 「!!!」 と 声のならない人と様々・・

 

IMG_0622.jpgIMG_0615.jpg


↑ ↑ 点検業者の方から使用手順の説明と注意事項の説明がありました   皆さん真剣です!  ↑ ↑

 

                             

IMG_0613.jpg 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

    

     8階から下をのぞくとこんな光景です (゚_゚i)


 IMG_0630.jpg

                 ↑↑↑下から見上げると↑↑↑

 

ちなみにこの救助袋8階窓から下まで24.75mあります。

数字だけを見るとたいしたように思いませんが、窓から下を覗くとかなりの恐怖心を感じます!

634mもある話題の東京スカイツリーはいったいどんな高さなのか・・・  想像できません。

 

IMG_0626.jpg

 

 

 

緊張の面持ちで・・・

    降下開始です。

 

 

 

 

 

 


中はらせん状になっていて クルクル回りながらながら降りていきます。

 

 

 

IMG_0628.jpgIMG_0629.jpg

 降りて来た時は腰砕け状態でしたが ヾ(*>∀<*)ノ゙   とりあえず?! Vサイン??!

 

 

 今回はおもに7階8階を利用しているスタッフの方に体験していただきました。

使用手順を詳しく教えていただいたり、実際に降下を体験することでいざという時に

役立てばと思っています。


 

IMG_0633.jpg

 

 

 

収納も大変でした。

ご協力いただいた皆さんありがとうございました。 

 

 

 

 

 


massu

今年もやります! 万成病院 夏祭り!!

                    今年もやります! 万成病院 夏祭り!!

                             日程は8月20日(土)に決定しました。

 

地域の方々と病院の夏祭りを楽しむようになって、私の記憶では10年ぐらいになると思います。

毎年、この時期になると夏祭り担当の事業部が会議を持ち、夏祭りに向けて、アイディアを出し合っています。

 

私が、夏祭りに関わり始めたのは一番初めの何も形が決まってなかったころ、つまり10年ほど前。毎週のように定時を過ぎても"あーしよう""こーしよう"と気の合う仲間とウダウダやりながら、夏祭りを作り上げていきました。

 

そのころから考えると、10年の実績もあり、会議も比較的スムーズに行くようになりました。

患者様、ご家族、地域の皆様、参加するスタッフみんなが楽しめる夏祭りを考えて行きたいと思います。

 

_MG_8562.jpg _MG_8574.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

とっと

自然の力?!

先日、夜中に喉の痛みで目が覚めました・・・(´Д`|||)

風邪を引いてしまったと思い、うがいをしてまた寝ました。

翌日、一つも良くならず喉は一日中ヒリヒリ  (TmT)ウゥゥ・・・

何が良い薬はないかと調べていたら「大根ハチミツ」が喉の痛みに効くとか。

本当かなぁ、と思いつつわらをもつかむ思いで作りました「大根ハチミツ」!!!

                                      大根.png

作り方は簡単♪

大根を1センチの角切りにします。

その上にハチミツをかけて2、3時間置きます。

すると大根の水分(きっとこの中に喉に良い成分が☆)が出てきてハチミツが少しサラサラした感じになります。

これを飲みます!!

私が見たものは水やお湯で割って飲むとありましたが、私はそのまま飲みました。(そのほうが効く気がして)

すると、夕方飲んだのですが寝る前には何だか痛みが和らいだような。

まさか効いた??半信半疑でまたゴクリと大さじ1ほど飲んで寝ました。


翌日、なななんと喉の痛みが嘘みたいになくなっているではありませんか!!!

すごーい、「大根ハチミツ」☆☆☆

すっかり大根ハチミツパワーを信じた私は職場にも持って行って飲みました。

その甲斐あって喉の痛みはすっかり良くなりました。

いやいや、凄いですよ!自然の力ですかねぇ。

 

ちなみに風邪の菌は出て行かず頭の痛みと鼻水は1週間続きました (T_T)

それじゃ治ってないじゃないかとおっしゃる方もいるかも知れませんが、私は信じています大根ハチミツパワーを。

皆さんも喉が痛いときはオススメですよー。

 

 

すぅ♪

食中毒予防のポイント!

食中毒が多発する季節になりました。

食品の取り扱い、調理方法等、充分注意してください。

 

 

食中毒とは・・・

◎食中毒とは、食中毒の原因となる細菌やウイルスが付着した食品や、有毒・有害な物質が含まれた食品を食べることによって、腹痛・下痢などの健康被害が起こることです。

 また、人から人へ感染するこれら、赤痢等の感染症であっても、食品を解して腹痛・下痢等が発生すれば食中毒として扱います。

 

◎食中毒菌やウイルスが食品に付着しても、腐敗となり、「味」「色」「におい」が変わることはありません。

◎主な症状は、胃腸炎(下痢・腹痛・嘔吐など)ですが、発熱、倦怠感など、風邪のような症状がでることもあります。

◎通常、人から人に直接うつることはありませんが、腸管出血性大腸菌(O157など)、ノロウイルスなどは感染力が強いため、人から人へ感染することがあります。

 

 

食中毒の3原則+1

中毒菌を

「付けない(清潔)」「増やさない(迅速・冷却)」

「やっつける(加熱)」

「持ち込まない」

    ↓↓↓

 

①調理や食事の前には、トイレ後には必ず十分に手洗いをしましょう。

 

②台所は清潔に保ち、まな板、ふきん等の調理器具は十分に洗浄消毒しましょ   う。

 

③生鮮食品や調理後の食品を保存するときは、冷蔵庫(10℃以下で保管し、早めに食べましょう。


④下痢・腹痛など胃腸炎症状がある方は、調理を避けましょう。

 

⑤食肉等加熱して食べる食品は、しっかり火を通す。(中心温度75℃以上で1分以上、ノロウイルスは、85℃以上で1分以上)


⑥生肉はたべないようにしましょう。生肉を切るなどした後は、器具を取り替えたり熱湯消毒しておきましょう。


⑦焼肉をする場合は、生肉専用の箸を用いるなど、箸も使い分けましょう。

 

 

自分が感染源にならないよう気をつけましょう。

 

かける

第5回万成カップ開催!

6月5日、今年で第5回となる万成カップが開催されました。

 

 万成カップは、県内精神科病院の連携をバレーボールを通じて深めていこうと

平成18年より開始されました。(新型インフルエンザの影響によりH21年は開催されず)

 岡山県病院協会の職員バレーボール大会支部予選を7月に控え・・・

 若干チーム力に不安な精神科病院チームの調整大会となっています。

 今年は、第1回大会の覇者「ももの里病院(笠岡病院)」が欠場となり、

慈圭病院・河田病院・万成病院の3チームでリーグ戦となりました。

ゲストに岡山シーガルズ前キャプテン野村まりさん、神田千絵さんシーガルズチアリーダーの番園美穂さん

を、お迎えし、ゲームのないチームはサブコートで実戦指導をお願いしました。

抽選会、開会式を終えて第1試合開始です。

慈圭病院VS万成病院

 初戦で緊張気味にスタート。メンバー9人の慈圭病院に対して、ホーム万成病院は出ない選手も含め14名(はじめて全員集合!)

 結果はセット2:0で万成病院の勝利!

CIMG4001_R.jpgCIMG3997_R2.jpgCIMG4066_R.jpg

 

 

慈圭病院VS河田病院

連続試合の慈圭病院に対して、シーガルズの指導を終えた河田病院。

 一進一退のゲームはセット2:0で河田病院の勝利でした。

 

CIMG4079_R.jpgCIMG4119_R.jpg

 

万成病院VS河田病院

1勝チームの戦い。決勝戦である。

若い河田病院に対して、若干...の万成病院。連戦でもないのにちょっとバテ気味。

しかし、シーガルズの指導を受けたばっかりのチームは頑張ってます。

     結果はセット2:0で万成病院の勝ち!(やった~!)


 閉会式です!
     優 勝:万成病院
     準優勝:河田病院
     第三位:慈圭病院

なんと、全チームに表彰状と副賞。

CIMG4212_R.jpgCIMG4195_R.jpgCIMG4218_R.jpg

 

個人賞は、大会会長 小林院長のポケットマネーでの賞品(敢闘賞、優秀選手賞。最優秀選手賞はフェラガモのストラップ!)

記念撮影をして、7月の大会の健闘と来年の再会を誓って終了となりました。

応援・ボランティアの皆さんありがとうございました。

 

haruchan

CA55CI1N.jpg6月5日(日曜日)に倉敷国際ホテルで講演会が行われました。

 この講演会は、NPO草木舎(「高次脳機能障害者を支援する会」)主催で開催され、

今回で3回目を迎えるもので、美観地区に程近い倉敷国際ホテルで開かれました。

私は、「支え合い、学び合うひまわりの日々~ノーマライゼーションの街づくりをめざした地域との連携~」

というテーマで、87回積み重ねてきた地域交流イベント「ひまわりサロン」と中学校で実施している

「心の病気を学ぶ授業」の取り組みについて、映像を交えてご報告させていただきました。

 

岡山旭東病院の土井 章弘院長先生は、「医療と福祉のボーダーラインを超えて」をテーマに、

まずは、スーパーで購入したお豆腐を会場で配りながら、脳とお豆腐の状態が似通っている事。

医者として治療するだけでいいのか?という疑問を抱くようになって、「交通事故防止支援医師の会」

をつくり、活動を積み重ねられた事等医師としてのプロセスをお話しておられました。

『人の心はどこにあると思いますか?心は人と人との関係性の中にあると思います』

とおっしゃっていた言葉に深く共感いたしました。

 

講演と座談会の合間には当事者の中村数弘さんとカウンセリングルームラポールの

山下まやさんとのチェロ二重奏のミニコンサートが開かれました。

 

最後は、座長をつとめさせて頂き、土井先生と白神 完治氏(司法書士)と共に座談会開催。

まだまだ認知度の低い「高次脳機能障害」について、会場に来られた一人ひとりが伝道師

となって、社会的理解と認知を拡げよう!!と一同で想いをひとつに致しました。

 

CADSAZL7.jpg土井先生とは、数年前の??20代から中小企業家同友会等さまざまなシーンでご一緒し、

尊敬する詩人「坂村 真民先生」のことで語り合った頃から久々の感激の再会でした。

いつも笑顔とユーモアを絶やさない先生らしく、「こそ丸」というお薬を病院売店で百円で

販売されているそうです。

成分は「愛情」「感謝」等でできていて、ネーミングの"こそ"は、「あなたがいて"こそ"」

から名づけられたそう!錠剤は見える人と見えない人がいるらしく、副作用の報告は

今のところ、ないそうです(笑)!!

 

 

今朝から、この「こそ丸」を手に、講演会に参加してくださったひまわりのメンバーさんと

CAA9L23I.jpg「あなたがいればこそ!!」

「合言葉はこそ丸!!」と盛り上がっております。

周囲の人の存在や力があってこそ!の自分自身・・・・。

常に感謝とともにありたいと自戒して、ひまわりの日々を送りたいと思います。

 

 

追伸:6/9の山陽新聞朝刊一面「滴一滴」にひまわり寮の取り組み「心の病気を学ぶ授業」が

    掲載予定です!!!ぜひご覧になっていただければ幸いです。

 

ひまわり娘

 

~♪♪♪ 感謝 ♪♪♪~ 

きれいですね~♪♪

↓   ↓   ↓

CIMG0238.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、薬局の「お薬わたし口」のところに飾られていたお花です☆

きれいな花を見ると、皆さん誰でも心安らぐというか、癒されますよね~♪

 

いつもこの様なきれいなお花を飾ってくださる総務課の中西さん、本当にありがとうござい

ます!!  薬局メンバー一同、とても感謝しています。

お薬を受け取りに来られた患者様や、院内を散歩されている患者様の中には、「きれいね」

と言って、しばらく眺めておられる方もいらっしゃいます。

院内にもいろいろな場所に花が飾られていますが、見慣れた場所でもそこに花があるだけで

ぱっと明るくなり、穏やかな気持ちにしてくれます♪♪

 

CIMG0243.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は薔薇でしたが、いつもその時期に咲いたいろいろなお花を飾って頂いています。

またこのブログで飾られたお花を紹介できたらなぁ・・・と思っています。

いつも、本当にきれいなお花をありがとうございます♪♪

 

 

 

ごん。

 

精神保健福祉法について研修がありました

精神保健福祉法                             平成21年6月1日(水)17:10~18:10     

~精神病棟の現場で必要な知識~ 

                            講師 地域連携室 PSW菅原課長  

               IMG_0632.jpg

 

 看護師の資格をとって初めて精神科で働く新人さんはもちろんのこと、経験豊かでも精神科はまだ経験が浅い人たちが対象でした。

 参加者は40人で看護職員はもとより他職種の方の姿もみえました。

何故?と問いかけながら 一緒に考えられるように。

また 「治療契約は誰と誰が交わすのか」「行動制限は医療行為の一部であること」など 根拠を明らかにしながら

スタッフは身近に感じ、考え、臨床の現場に直結して明日からすぐ活かすことができるような大変わかりやすい講義でした。

 

IMG_0635.jpg

 

感想

 Q&Aで大変わかりやすかったです。

 事例が示されていて大変よかった。

 どんな講義かわからず初めて受けさせてもらいました。ふだん何気なく見ているものにもいろんな意味があるのだと知りました

 まだまだいっぱい勉強していかなくてはと思いました。

 日常から情報・状況の共有をしておくことの大切さを改めて確認できました。

 これからも人権尊重を十分配慮しながら、よりよい医療が提供できる様努めていきたいと思いました。

 

"現場で必要とされる知識"については スタッフが知らないでは済まされないことです

もっと多くの方が参加されたらよかったなあと思いました。

 

法律と倫理は補完し合い、患者の人権尊重をめざしています。

歴史から紐解かれ 今一度自分の価値観をみなおすよい機会となりました。

 

 

 

ひだまりのモモ

日応寺に行ってきました!

岡山リハビリテーションホームの5月の行事としまして

入所者様と日応寺自然の森スポーツ公園』

へ行ってきました。

IMG_9855.jpg

当日は、天候にも恵まれ、ポカポカ陽気で、絶好の行楽日和でした。

ここでは、色々な遊具たくさんの花が咲いていたり、

また、テニスパターゴルフ、野球なども出来ます。

 IMG_9844.jpg IMG_9843.jpg

そして、ここから、空港の滑走路がすぐそばに見え、

実際に飛行機が飛ぶのも見ることが出来ます。実際に見ると

音もすごく、迫力があります。

IMG_9859.jpg IMG_9861.jpg

      <岡山空港の滑走路>                    <実際はもっと大きくみえます>

ゆっくりとした時間を過ごすことができました。

今度は、家族と一緒に遊びにいってみたいですね☆☆☆

 

 

 

cha

使用済みインクジェット2.jpgCAQ7UB24.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひまわり寮は、来春平成24年に新たな事業所を開設する準備を進めています。

新規で、自立訓練と就労継続の通所事業所を開設する為、スタッフ一同で

プログラム作り等々に励んでいるところです。

 

今春3月にトンボ学生服で知られる「株式会社トンボ」CSR推進委員会から

「使用済みインクカートリッジ」を贈呈頂きました。

 

創業明治9年と歴史ある株式会社トンボは、環境授業実施や高知県の

「トンボ王国」作り支援等CSR(企業の社会的責任)に熱心に取り組んでおられます。

今回の「インクカートリッジ回収」も、社会貢献として、全社で呼び掛けておられます。

 

早速、株式会社トンボさんから贈呈頂いたインクカートリッジをスタッフ&メンバー8人

(30代~70代幅広~い働きびと♪♪)ひまわり寮デイルームにて分別作業を行いました。

まず、一同で軍手を装着して、メーカー別。続いて品別から色別と分別して行きました。

一個一個と色や番号を見間違えないように確認し、声掛け合っての作業は約1時間30分。

最後に、明細書に個数を記入し、品別に梱包です。

 

CAAGNY9T.jpg

              

 

CARBWCSN.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAKH2RRV.jpg

すべてが初めてでしたので、慣れない作業に戸惑いましたが、無事に第1回の作業終了!!

み~んなクタクタでしたが、達成感がありました。

来春の就労事業所開設時には、もっとスムーズに作業出来るように

スタッフ&メンバー一同で頑張りたいと思います。

 

貴重な就労体験の機会を与えて下さった株式会社トンボCSR推進委員会のみなさん

どうもありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。

 

追伸:ひまわり寮では、インクカートリッジ回収箱を置かせていただける場を探しています!

   どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ひまわり娘

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。