2011年10月アーカイブ

ウォーターボーイ

フットサル部で大活躍??するために・・・

最近、週1回ペースで水泳をやっています。


・・・すみません、ウソを書きました(笑)

 

なぜ、水泳を始めたかと言うと、

肩こり解消のためです。

 

水泳が肩こりの予防や改善に最適な理由は↓

・全身運動かつ有酸素運動

 →血流をよくし、乳酸の燃焼に効果的であり、インナーマッスルまで鍛えられる

・肩を回す運動が無理なくできる

 →特にクロールや背泳は、肩周辺の筋肉を無理なく動かせる
  マシンを使った筋トレは、負荷がかかりすぎて筋肉を痛めてしまい逆効果の場合がある

・継続しやすい、マイペースでできる

 →負荷が強すぎる運動は続かないが、水泳は自分に適した運動量をコントロールしやすい。
  特に暑い時期は水に入ることでリフレッシュもできるので、始めるには一番良い時期

 

ただ久しぶりに泳いだ為、溺れそうになりましたが(==;)、

 

肩が楽になった気がします♪

 

肩こりで日々辛い生活を送っている皆さん、

これを機会にぜひ初めてみてはいかがでしょうか?

 

 

ポニー

今年の5月11日に続いて、中国の洛陽市第五人民医院の先生方が10月26日当院を視察に来られました。

2回目の視察ということでお互いリラックスした友好ムードのなか、今回も認知症患者様への看護やリハビリ

テーション、口腔ケアなどを中心に視察して頂きました。

 

まずは、小林院長より日本における精神科医療の流れ・万成病院の概要説明を行い、

次に嶽崎事務長からのオリエンテーションをすませた後、早速視察へと移らせて頂きました。

オリエンテーション2.jpgオリエンテーション1.jpg

 

初めに視察をして頂いたのは、老人保健施設リハビリテーションホームです。

こちらでは、利用者の嗜好や個々の能力に応じた様々な机上活動(塗り絵や書道・脳トレ等)をメインにみて頂きました。

以前に中国に在住されていた利用者様が入所されており、第一次に続き第二次の視察の方が来られるのを首を長くして待たれていま

した。

 

 リハ1.jpgリハ2.jpg

  その後、老人保健施設リハビリテーションホームから万成病院の精神病棟へと移りました。

こちらの病棟では、高齢者の方が多く精神疾患に加え認知症の患者様も数多く入院されている病棟であり

歯科衛生士による高齢者の患者様の口腔ケア・嚥下訓練を中心に視察して頂きました。

歯科.jpg 

 日本の高齢者の死亡原因が一番多いと言われている誤嚥性肺炎に対し、当院の歯科衛生士は病棟の

寝たきりの患者様への口腔ケアを専門的に実施し誤嚥性肺炎の予防に努めています。

その方法とは、咽頭に水を落下させ流入させないよう吸引機能が付いた歯ブラシ・粘膜ブラシを用いて清掃

したり、口の乾燥を防ぐ対応を行い入院患者様の口腔の衛生状態を保つようサポートしています。

又、命の源である「食」に重点をを置き、患者様に出来るだけ「口」から食べていただくよう摂食・嚥下リハビ

リテーションを実施しています。内容は、口の機能をアップする間接訓練や食物を用いての直接訓練を実施

し患者様のQOLの向上を図っています。(担当歯科衛生士より)

 

最後に視察して頂いた病棟は、認知症治療病棟でした。

 この病棟は、急性期の集中的な治療を要する認知症の患者様が入院されている病棟であり

こちらでは、機能回復訓練に伴うレクリエーションでボーリングを行っている様子を視察して頂きました。

 

ボーリング.jpgボーリング2.jpg

 

患者様の身体機能を維持するとともに交流する場、楽しい時間を持てる場としてレクリエーションを行っています。

その方らしい笑顔や反応を引き出すのにこのようなゲームを用いることがあります。それと同時に自然と体を動かし、

身体機能の維持につながるように環境設定、関わりを持つように心がけています。

今回、実際に患者様と一緒にボーリングを行ってもらいましたが、とても盛り上がり、患者様も「とても楽しかった」

「面白い人ばっかりだった」と笑顔で感想を言っていました。 (担当作業療法士より)

 

院内診察の後は、会議室にて視察内容や医療費についての質問が相次ぎました。

最後は、洛陽市第五人民医院 苗 保 平 副院長先生より中国の高齢化事情の説明をして頂き、貴重なお話を聞くことができました。

また、苗 保 平 副院長先生からは当院のスタッフを大変褒めて頂き、これからもスタッフ一同日々精進して参りたいと思います。

 

集合写真.jpg最後握手2.jpg 

 

 今天谢谢你。此外,我们期待着您的光临。

 (本日は、ありがとうございました。またの、御来院お待ちしております。)

 

 

たくぞう

マニックス通信 ~第26回セレマ杯~

平成23年10月23日(日) さんの絵文字セレマ主催さんの絵文字 のソフトボール大会が

今年もさんの絵文字盛大に開催さんの絵文字 されました。

 

毎年多くの病院や施設が参加し熱戦が繰り広げられます。

 

今年は なんと! 過去最多の 26チームさんの絵文字 が出場しました。

 

万成病院は10年前(17回大会)から欠かさず参加させてもらってましてさんの絵文字

 

成績も輝かしい結果を残していますさんの絵文字

 

さんの絵文字優勝さんの絵文字 17回大会 19回大会 22回大会 23回大会 24回大会(三連覇) 26回大会 さんの絵文字さんの絵文字

 

さんの絵文字さんの絵文字 18回大会 20回大会 21回大会さんの絵文字

 

過去10年で6回の優勝と3回の準優勝ですさんの絵文字

 

昨年はこのブログでもお知らせしたんですがさんの絵文字 1回戦で梶木病院と対戦し、7対7の引き分けさんの絵文字

全員勝ち抜きのジャンケンで負けてしまいさんの絵文字1回戦敗退さんの絵文字 という情けない結果で終わっていましたさんの絵文字

 

しかしさんの絵文字 今年は参加し始めて10年目さんの絵文字 節目の年でもありますしさんの絵文字 絶対優勝さんの絵文字 とチームは一丸となっていました。

 

もう結果を書いてしまいましたがさんの絵文字 今年は強いチームが増えていてさんの絵文字本当に苦戦しましたがさんの絵文字

 

何とか さんの絵文字優勝さんの絵文字 することが出来ました。 (因みに 最後は3対3の引き分け ジャンケンで勝って優勝でしたさんの絵文字

 

トーナメント表.jpg 

 

今年もたくさんの方が応援に駆けつけてくれたおかげでyoinijiさんの絵文字優勝できましたありがとうございました。

s-IMG_0005.jpg 

 

また来年多くのチームが参加し、セレマのこの大会を盛り上げましょうさんの絵文字

 

セレマのスタッフの方々本当にお疲れ様でしたさんの絵文字 ありがとうございましたさんの絵文字 また来年もよろしくお願いしますさんの絵文字

s-IMG_0030.jpg 

 

あいりょう 

「主な精神科疾患について」看護部研修会

「主な精神科疾患について」     看護部教育委員会研修会     H.23.10.20               

                                      講師 阿部先生                                                                          

                                              

 

s-IMG_0838.jpg看護師、看護補助者、事務部、栄養課、薬局、リハホームなど54名の参加がありました。

 

<参加者の感想>

・統合失調症やうつ病等についてよくわかった。患者さんとの信頼関係をつくっていくことの大切さを今後活かしたい。

・最近の治療法、薬物療法の変化を知ることができた。

・精神疾患患者の症状、治療について復習できた。改めて新鮮な気持ちで勉強させていただきました。ありがとうございました。

・イラストがあってとても面白かったです。内容もわかりやすくすごく良かったです。また先生の話を聞きたいです。   

その他多くの意見や感想がありました。                                     

 

 

s-IMG_0843.jpg

 治療として支持的精神療法や支持的サポートとが重要であるということが印象に残りました。

精神科看護師として、本当に患者さんとの信頼関係の大切さをつくづく感じています。

信頼関係を築く上で大切なことは、患者さんを良く知ること、理解することだと思います

 

 

マロ                

淡路島にて・・・

皆さん、子供の頃からお馴染みのこのおもちゃ、何という名前だか分かりますか?

    ↓    ↓    ↓

CIMG0342.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前は 「吹き戻し」 といいます。 ご存知でしたか?

恥ずかしながら私は、最近知りました・・・。

そして、この吹き戻し作りを淡路島で体験してきました!!

 

CIMG0319.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方はとても簡単。 吹き口と筒の部分はもうすでにセットされて出来ている

ので、紙の部分(ピューと伸びる部分)をくるくるっと丸めて装着するだけです。

一人6本作れるということで、各自好きな組み合わせ(口の部分と紙の部分)を

選びます。

CIMG0317.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0314.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙の部分には細い針金が付いていて、写真のように両端を持って、棒のような

ものに引っ掛けて数回上下させ、片方を離すと、あらっ不思議!!、きれいに

くるんっと丸まっていきます。 

そして筒の部分と合体させれば、出来上がりっ♪♪

早く試したいのですが、すぐに吹いてはいけません。 形をキープさせる為に

しばらく(10分程度)置いておくんだそうです。

 

いざっ、自作の吹き戻しを吹いてみます! ピューッ と勢いよく伸びましたが、

戻って来る時が、あらら・・・? 何回か吹いてみたのですが、きれいにくるくるっ

と戻りません・・・(苦笑)。 出来上がってから、十分時間は経っていたはずな

のに・・・(悲)。

でも、これも良い思い出♪♪

皆さんも、是非っ!!  子供はもちろん、大人も十分楽しめますよ~☆☆

 

 

ごん。

  

岡山リハビリテーションホーム10月行事

10月の岡山リハビリテーションホームの行事としまして

10月7日、21日の2日間にわけて、

日応寺自然の森スポーツ公園』へいってきました。

 

2日間とも天候に恵まれ、お弁当をもっていきました。

 

秋の遠足シーズンでもあり、当日は保育園児や小学生も

たくさんきており、とてもにぎやかでした。

 

公園では、飛行機が目の前でかつ大迫力でみれるのが魅力の

一つでもあり、今回も離着陸を見ることができ、皆様大興奮!

 s-画像 023.jpg   s-画像 022.jpg 

 

また、紅葉も徐々に見ごろになり始めてきました。

色々な花も咲いており、また、外で食べるお弁当は最高でした!

  s-画像 024.jpg    s-画像 012.jpg

  画像 011.jpg

 

皆さんも、食欲の秋! スポーツの秋! 行楽の秋!

とてもいい季節となりましたので、お弁当をもっていってみて下さい♪♪♪

 

 

cha

 当施設ひまわり寮が、毎年、岡山市立京山中学にて開催している「心の病気を学ぶ授業」

も今年度で4回目を迎えることとなり、京山中学は、今年度から岡山市から「心の早期支援モデル校」

として、指定を受けました。

 

CA0H45TR.jpg 今年は、京山中学10月12日・13日と二日間に渡って開催された『総合文化発表会』に来賓としてご招待いただきました。

 

体育館で開催された開会式の生徒会長の開会挨拶にビックリ!! 

千人以上の観客を前に原稿を用意することなく、

堂々たる凛とした姿勢で、自分自身のことばでスピーチを行いました。

各教室では、生徒さん自らが選んで研究を行った研究発表が行われていました。

 

 

CA6RQMI7.jpgCAJZTSLC.jpg私は、今年6月に施設へ訪れて、「精神疾患」をテーマに研究発表したいと来訪してくださった3年生のチームの

発表を聴きに参りました。

 

 

 

CAXEGQJH.jpg「統合失調症」「うつ病」「認知症」の三疾患について、ポスター発表をしている生徒さん達です。

今年2月に「統合失調症」についての授業を開催して以来、

「もっともっと精神疾患について学びたい」と探究心や

向学心を持って下さったことを本当に嬉しく思いました。

 

 

 

 

また、翌日の3年生による「歩んできたひとりひとりの道~僕達の3年間の旅~」は圧巻でした。

7クラスがリレー方式で、宿泊研修、人権学習、環境学習についてリレー方式で軌跡をメッセージする

舞台でした。

「人権学習」担当クラスは、施設と京山中の交流会で大合唱したアンジェラ・アキの♪「手紙」♪にのせて

「僕達・私達は、万成病院ひまわり寮で統合失調症を通じて、人権学習について学んだ。

本当の幸せって何だろうって?考えた」

というメッセージでオープニング!!!

私の目はオープニングの曲と生徒さんたちの台詞で、涙・・・涙。

 

CAY8TVB5.jpgもし、身近な人たちが'心の病''に罹ったら、きっと手を差し伸べて、

一緒に歩いてくれる人になってくれるであろう・・・・。

そんな子ども達の未来の輝きに確信を抱くことができたひとときでした。

 

今年度も第4回目となる『心の病気を学ぶ授業』を来年2月に開催します。

新たな生徒さんたちとの出逢いが楽しみです♪♪

 

 ひまわり娘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10回 万成病院院内学会

 10月17日(月) 17:10~19:10 当院の第一会議室においてIMG_3842.jpg

第10回 万成病院院内学会が行われました。

 

  院内学会は、毎年学びの秋に行われる一大イベント!!

 職員にとっては、他職種に日頃の取り組みを発表したり、

他職種の取り組みを知ることができたり、

学会発表を控えた職員にとっては、院長先生からアドバイスがいただけたりする

貴重な機会です。

 

10回目の節目となった今回は、10題の発表が行われて、

「学びでつながるチーム医療」というテーマのもと、117名の職員の皆さんが参加しました。

  

院内学会のくわしい内容は、こちらをクリックしてください☆★

☆バイキング☆

10月14日 昼食時 リハホームにてバイキングが行われました!!

 

毎月の行事でもありますが、皆さんとても楽しみにされており

昼食前になると待ちきれない様子...♪

 

机の上に料理が並びましたっ!!

IMG_3812.jpg

種類もたくさんあり、どれをお皿にとるか悩みます☆

IMG_3828.jpg

今回のメニューの中では、「アナゴ入り卵焼き」がとても人気だったようですが、

煮込みハンバーグふろふき大根も好評でしたっ!!!

 

皆さんに感想を聞くと...

「おいしかった!!」

「いっぱい食べれたよ~

と満面の笑みで答えてくださいました。

 

この日は入所者の方にとって、特別な昼食になったようです♪

次回は来月(11月)を予定していますので

皆さん次回もお楽しみにっ!!!

 

TaMa

世界卓球の興奮が再び!

第8回フレンズ杯卓球大会開催予定

 

 卓球というスポーツを通した交流・社会参加の促進と健康増進を目的とした卓球大会が開催されます。世界卓球とまでは言いませんが、白熱した試合になること請負です。

 関心のある方は、是非観戦にご来場ください。

 

日時:平成23年10月19日(水) 13:00~16:00

場所:万成病院体育館(Mホール)

主催:万成病院

大会形式:個人戦トーナメント方式(技能レベルに応じたクラス分け有)

対象:機関に所属する精神障がい者

 

A.Mackham

 

いざ、熊本へ!

いざ、熊本へ!

                                     

初体験、九州新幹線「さくら」に乗って、      

やってきたのは熊本。                                   

             

あんたがたどこさ 肥後さ             

肥後どこさ 熊本さ

熊本どこさ せんばさ           

・・・

と、いうことで熊本市内を観光。

実は、熊本のせんば橋近くの郵便局のポストの上にはたぬきがいるんです。

岡山駅前のポストのうえにはももたろうですよね。

P1010210.jpg

でもそのたぬき、何故かハロウィンの衣装を身にまとっていました。

季節的にはそうでうすが・・・

なんか気になって、写真を撮ってみました。

 

そして、熊本といえば私の大好きな阿蘇。

熊本市内から、阿蘇に向けて出発。

しかし・・・

その日、連休で予想以上の渋滞でした。

車の中では子どもたちが落ちつきをなくし

「まだ?まだ?」と、何度も聞き出す始末。

阿蘇をあきらめ、その近くの熊本ミルク牧場に行先を変更。

P1010079.jpg ここ、よかったです。

うちの息子はブタを追いかけまわし、馬に乗り、

服を何枚も着替えるほど汗をかき、目一杯楽しんだようです。

いろんな動物がいて触れ合えて、何より景色がいい。

子供も大人も満足でしたよ。

P1010168.jpg 

いいですね、熊本

見どころ満載ですよ。

ぜひ「さくら」にのって熊本観光してみてくださいね。

 

 

黒丸

 

インフルエンザ

当院のインフルエンザ接種は、11月から始まリますよ~(^0^)/

今年もインフルエンザが大流行する兆しがあるそうです。

 

 

では、インフルエンザと普通の風邪の違いを説明しましょう!!

インフルエンザは38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状

が突然現れます。併せて、普通の風邪と同じ様にのどの痛みや咳、鼻水の症状も見られま

す。

昨年まで、新型インフルエンザ(A/H1N1)と騒がれていましたが、2011年4月から通常の季

節性インフルエンザに変わったそうです。

 

次に、インフルエンザにかからない為には、どうしたらいいのでしょうか??

①流行前のワクチン接種

 ・インフルエンザにかっかた時の重症化の予防

②外出後の手洗いうがい

 ・手指に付着したインフルエンザウイルスの除去

③適度の湿度の保持

 ・適切な湿度(50~60%)に保つ事

④十分の休養とバランスのとれた栄養接種

 ・体の抵抗力を高める

⑤人ごみや繁華街の外出を控える

 

十分気をつけていても体力が低下しているときなどインフルエンザにかかりやすいので、

かかってしまった時の対処法は

 ①早めに医療機関に受診しましょう

 ②安静にして十分睡眠をとりましょう

 ③水分を十分にとりましょう

 

ワクチン不足になる前にみなさん早めに予防接種を受けておきましょう!!

予防接種を受けてから効果が出てくるのは、1ヶ月ほどかかります。

早めに予防接種を受けましょうね(^v^)

以上の事に気をつけて、自分の体は、自分で守ってくださいね♪♪♪

これからますます寒さも厳しくなっていきます。うがいのイラスト

みなさんインフルエンザには十分気をつけましょうね☆

 

 

port

 

2011年10月9日(日)

岡山コンベンションセンターにて標記の学術講演会が開催されました。

1.jpg

3.jpg 2.jpg

 

 

DSCN4050.jpg

 

 

今回のテーマは 認知症の緩和ケア~終末期まで見据えた口腔領域での対応~

★本大会の趣旨は、「認知症の於ける緩和ケアの考え方」を取り入れることで、歯科治療や口腔ケア   

 の場面で、何が変わるのかを考えてみることとする内容でした

 

特別講演①

「緩和ケアの変遷」

大坂 巌先生(静岡県立静岡がんセンター緩和医療科 部長 医師)

 

すべての語り口が静かで、参加者の多くが聴きいっていました

 

特別講演②

「認知症の緩和ケア」

平原 佐斗司先生(東京ふれあい医療生協・梶原診療所在宅サポートセンター長 医師)

 

認知症のステージアプローチ、アルツハイマー病の自然経過、などをご講演いただきました

 

ランチョンセミナー

「がん緩和ケアにおける歯科の関わり」

大野 友久先生(聖隷三方原病院 リハビリテーション科 歯科)

 

緩和ケアチームへの歯科の関わりと現状報告、及び緩和ケアに於ける口腔ケアの重要性とその実

際、問題点を述べられました

 

パネルディスカッション

「認知症の緩和ケア―終末期まで見据えた口腔領域での対応―」

●認知症患者の歯科医療はどこまで行うか  大石善也先生(大石歯科医院)

●要介護高齢者における歯科衛生士の役割  金久弥生(九州歯科大学 歯科衛生士)

●認知症終末期の人工的な水分・栄養補給―臨床死生学の立場から―

                          会田 薫子先生

             (東京大学大学院人文学社会系研究科 死生学・応用倫理センター)

このディスカッションは正直・・・・重たかったですが、個人的には、頷く事も多く、今の医療の現実を深く考

えさせられました。

臨床死生学の諸研究を背景にしながら、経口摂取の再開は見込めず、意思疎通困難でのたきりの場

合に、人工的な水分・栄養補給法によって生存期間の延長が可能なとき本人や家族の意向を尊重

し、よく話し合い、家族も医療者も納得できるような合意を形成することが望ましいとのお話もありまし

た。

秋の一日目指すものや価値観の同じ人たちとの出会いや、再会を楽しみました。

 

 

sanasa

お弁当作りました~♪

10月7日に岡山リハビリテーションホームの入所者の方が

日応寺に行くということで、お弁当を作りました。

 

       P1000555.jpg

       

       お弁当メニュー

お寿司・唐揚げ・コロッケ・フィッシュボール・

ブロッコリー・野菜の煮物・果物

 

ニンジンをハート型にしてみました。

かわいいでしょ(*^_^*)

 

  

この日は、天気も良くて過ごしやすい日でした。

お弁当、喜んでもらえたかな?

 

 

秋の行楽...「こうらく」という言葉は、広辞苑では

「野や山に出かけて楽しみ遊ぶこと」だそうです。

 

天気のいい秋晴れの日は、お弁当を持って出かけて

みてはいかかがでしょうか。

 

 

かける

「ツレがうつになりまして。」

ae94ec9ce89059f0bc6a74779d681b55.jpg院内掲示にも、映画のポスターが貼られていました・・。観ましたか?

先日のリカバリーフォーラムでも、前夜祭に試写会が開かれてましたが、

私はまだチャンスなく、観てません。

 

およそ3年にわたる夫(ツレ)の闘病生活を描いた漫画、「ツレがうつになりまして。」

「その後のツレがうつになりまして。」(幻冬舎刊)の映画化です。

作者の細川貂々さんとツレさんは、2人3脚でうつを乗り越えた!ってストーリーです。

 

私は、漫画を読んでいたのですが、うつ病そのものにも色々感じることがありましたが、

病気を通し、夫婦の関係はどう変るのか?身内だからこそ沸きあがる感情なんかも伝

わってきて色々と考えさせられました。

 

突然、夫がうつ病になったら・・・・ 

貂々さんのように私は、「仕事やめていいよ」って言えるかな・・・・。とか

 

まあ、私個人的には、堺雅人さんが大好きなので、是非映画を観にいきたいです。

あの独特な穏やかな感じが、癒されます(笑)

 

ごろんた。

 先日、10月1日(土曜日)に「第91回ひまわりサロン~東日本へYELLを!!チャリティイベント~」

を万成病院エム・ホールで開催し、総勢300人の地域の方々やゲストで大盛況の一日となりました。

オープニングは、ひさや氏(ストリートミュージシャン・現役高校3年生!)の『はじまりの唄』でスタート。

 

IMG_1028.JPG続いて、被災者の就職や住居支援を行う子ども・未来愛ネットワーク代表大塚 愛氏から、被災地福島県の被災状況、被災前の夫婦手作りで建てた

我が家での平和で穏やかな暮らしの日々。

 

原発事故のため、放射能汚染から子どもたちを守るために、愛する故郷から離れ去るを得なかった哀しみエトセトラ・・・・を映像と共に語っていただきました。

 

講演後は、大塚さんのリードの下、会場一体でジョン・レノンの♪「イマジン」に乗せて、フラダンス!!

 

大塚さんの平和への願いや想いが、フラダンスへ切々と込められていて、会場は静かな感動に包まれました。 

IMG_1032.JPGIMG_1059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_1051.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 大塚さんの講演後、相馬市から岡山で避難生活を送っているミュージシャンのまじょりんさんのオリジナルソング

『相馬唄』♪♪♪ 抜群の歌唱力と故郷相馬を想うまじょりんさんの想いが、参加者の胸を打ちました。

 

続いて、岡山から東北へ届け!!とばかり、地元京山民踊クラブ12人と京山中学35人による合同演舞。

 

IMG_1062.JPG京山中学→ひまわり寮→京山民踊クラブ→笑輝→笑鬼

とバトンタッチでの東北へYELLをお送りするメッセージリレー

世代を超えて、東北の復興を願う力強いメッセージは必ずや東北へ届いたことでしょう。

 

 

IMG_1096.JPG

 

 

 

 

 

 

皆でこの日の為に施設&うらじゃチームで練習を重ねてきた♪『負けないで』♪を東北へ向けて合唱しました。

 

フィナーレは、公開型ひまわりサロンのレギュラーゲスト うらじゃ『笑輝』と『楽鬼』!!!!

会場は、一気に最高潮のムードに盛り上がりました。

総踊りは、中学生から老若男女?!入り乱れての「うらじゃ音頭」♪♪♪

 

IMG_1130.JPG会場からは「楽鬼 最高!!」「笑輝 最高!!」

うらじゃチームからは「ひまわり最高!!」 

と掛け合いをしつつ、総踊りに酔いしれました。

 

うらじゃチーム「楽鬼」「笑輝」は、この1ヶ月間、毎週2回施設へ踊りの指導にお越し下さいました。

うらじゃチームとの交流も5年目となります。

 

 

 施設と大学生チームとで築いてきた絆が、大きく花開いた手ごたえを感じることが出来たことも

静かな感動がひたひたとこみ上げて来ました。

会場を後にする人たちの「ホント楽しかった」「あたたたかいイベントでした」

「感動しました」

という声・声・声。輝く瞳に、主催者側も感激でした。

構想から企画・調整・準備・参加者集客に東奔西走と準備期間 約6ヶ月。

お客さんの笑顔に疲れも吹っ飛びました。

 

IMG_1148.JPGまたまた飛びっきりの楽しさと感動をプレゼントできる企画を練って、地域交流イベント「ひまわりサロン」

を打ち上げます!!!

 

今後もひまわり寮の企画に乞うご期待下さい★

 

ひまわり娘

 

 

 

 

 

うちの娘のブーム2

 うちの2歳6か月になる娘の次なるブームはずばり様々な「ぬいぐるみ」です。

IMGP0897.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ごらんの通り某ベ〇ッセのキャラクターしまじ〇うにちい〇ぽちゃんなど、年ごろの子どもにはたまらないぬいぐるみが我が家にはたくさんあります。

 

もちろんそのような有名なキャラクターの人形でも遊ぶことは遊びます。しま〇ろうに話しかけたり、ち〇ぽぽちゃんにミルクをあげたりなどとてもかわいいです。

IMGP0899.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも女の子らしいと思いますが、そこはこだわりのわが子はるか。

IMGP0900.JPG

なんとその中でも一番人気はこのうさぎです!

 

このうさぎを見て何者か気づいた方はなかなかのCM通かもしくは子育て真っ最中の方ではないかと思います。

 

このうさぎは某子ども用オムツメ〇ーズのCMに出ているうさぎなのです!

 

はるか用に買っていたオムツメリ〇ズにおまけとして付いていたのが始まり。一番一緒に遊んでいるのではないかと思います。

 

名前がわからなかったので勝手に「メリー〇君」と名付けはるかにも呼ばせていたのですが、〇リーズとうまく言えないはるかは「メリーチ君」と呼んでいました。

現在でもその名は受け継がれ「めりいち君、めりいち君」と呼んでは保育園登園時にも持っていくことがしばしばあります。

 

もっと有名なかわいいぬいぐるみがあるのに・・・、と親は思っていますがしょうがありません。

 

ちなみに写真の青いビニールの人形はこれも有名な虫刺されの薬「ウ〇コーワ」の人形です。これも入浴時「ウ〇君、〇ナ君」と言っては風呂場へ持っていきます。

何かマニアックなわが子はるかです。

 

 

 

はるちゃんのパパ

温度差が激しいっ!!

今朝、出勤しようと思って車のエンジンをかけると

外気温計は・・・

11℃


肌寒いはずです・・・

1人用コタツのコタツ布団を今年は新調しようと思い
次の休みにでも探しに行ってみようとおもいます。

デスクトップパソコンをコタツに設置すると
「コタツトップパソコン」になります・・・(以下、自粛)

話戻って、2週間ほど前の写真ですが、気温31℃。。。
IMG_2308.jpg

短期間の間に、温度差20℃(測ってる時間は違いますが、、)
体調崩されている方も多いみたいです。

調節のしやすい服装で、体調管理には気を付けてください☆


tomo

秋・です・・・

                          10月に入りすっかり秋の気配となりました。

 

                    大人になってからは ゆっくりと空を眺める機会が少なくなりましたが・・・

 

雲.jpg

                          雲も入道雲から秋らしい雲に変ってきました。

 

                

きんもくせい1.jpg             キンモクセイの花も咲いています・・・・    風に乗って "いいにおい" が漂います。

 

       

       我が家の庭では今、柿(富有柿) 柿 デコメ絵文字 がたくさんの実をつけています。

       この木は今から35年前、私が中学1年の時に父が総合運動公園の植木市で買ってきて植えたものです。

       当時は小指ほどの太さしかありませんでしたが、今ではかなり大きくなって200個以上の実がなるまでに成長しました。

               CIMG2299.jpg

       この柿ですが、ビタミンCがとても豊富に含まれているみたいです。

       甘柿に含まれているビタミンCはレモンレモンデコメ絵文字 やイチゴイメージ 5 に比べても負けていないそうです。

       ほかにも、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、カロチン、タンニン、ミネラルなどを多く含んでいて、とても体に

       良く、栄養価も満点!!

 

       ちなみに春に出る柿の新芽ですが、ガン予防に効果のあるポリフェノールをたくさん含んでいて、ビタミンC

       レモンの20倍もあり、疲労回復や生活習慣病、風の予防、老化防止にも効果があるようです。

 

 

       我が家ではこの柿の新芽を天婦羅にして食しています。

       味のほうですが・・・  食べる前は苦いかな?と思っていましたが、

       美味!!です。  ホントに美味しいです。 他の山菜と比べても味は勝っているような感じです。

               で食べるのがお薦めですヨ!

 

       皆さんもぜひ 試してみてください。

 

 

      massu

9月は接遇月間☆

道端に咲く彼岸花を見ると、子供の頃この季節よくこの花を沢山摘んで楽しかったことを、懐かしく思います。                   

 「接遇月間」は今や万成病院の秋の風物詩と言ったところでしょうか。

今年が9年目をむかえました。この9月が言わば接遇改善強化月間です。

 

9.jpg 

 

期間中、「接遇セミナー」「接遇スピーチ」「部署訪問」「接遇標語コンテスト」など様々な行事を通して全職員の意識

を高め接遇改善を推進します。

 

DSC00452.jpg

 

今年の接遇セミナーは、ヘルスコーチ・ジャパンの竹田直文先生をお招きしました。

「コミュニケーションの基本」をテーマにお話していただきました。

コミュニケーションの質が良くなることで、患者様に対する対応の基本姿勢によい影響

を起こす。同時に職員間のコミュニケーションや連携が良くなることで、患者様に与える

院内の雰囲気、安全、安心をより良いものとすることがセミナーのねらいです。

 

DSC00445.jpg 

 DSC00446.jpg

 

「接遇スピーチ」は毎日朝礼で、各部署持ち回りで部署を代表して自らの接遇のおもい、

考え方、体験を語ります。近年代表者は役職以外の職員としているので、人前で話す

ことが不慣れでかなり緊張する人もいました。しかし自らの熱いおもいを述べ拍手喝采

というシーンもみられました。

 

「接遇標語コンテスト」は300を超える作品の応募がありました。この数多くの作品から

賞を選定する作業が毎年すごく大変。

 最も優秀な作品には、院長から表彰状と副賞が贈られます。院長が品揃えした副賞が

何であるかが毎年この時期の職員の楽しみでもあります。

ここだけの話ですが、このために院長はまめに、おひとりで天満屋とかロフトへ足を運び

品物を買ってきているのです。私は、そのお姿を想像するとなぜか妙に照れくさくなるの

ですが嬉しいのです。

ちなみに私は、賞はいただいたことは、ありません。

 

 表彰作品

  

  個人の部    何気ない 笑顔も心の 余裕から    F・ゆうこさん

      

  部署の部    あたたかい 言葉に添える やさしい笑顔    総務・管理   

      

 おまけ

            増えるなら 眉間のシワより 笑いじわ    O・ゆかさん

 

 

 

期間中の給料日の日、「身だしなみ は足元から」と売店で¥3200円、サイズ28・5cm

のナースシューズを買った人がいました。     (私ではありませんよ)

 

DSC00450.jpg    ピカピカ

 

接遇改善は365日です。いつもがんばりましょう。

 

ミッシー87 

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。