2012年9月アーカイブ

接遇セミナー

CIMG7154s.jpg

万成病院では毎年9月、接遇月間と題して患者様やご家族をはじめ、万成病院に関わるすべての方が笑顔に包まれるように職員の応対や言葉遣い等を学んで実践するための接遇に関する様々なイベントを実施しています。

 

その中のひとつ「接遇セミナー」が開催されました。

講師は、成和産業株式会社CS推進部 平儀野 真紀先生です。

「ひとりひとりのココロに残る接遇を」というテーマでお話いただきました。 とてもわかりやすく実践的でお話を聞くたびに、なにかしら「気づき」を与えていただいています。

 

 

CIMG7157s.jpg 途中となりの席の人の肩をもむというちょっとしたワークが入ってリフレッシュ。隣が上司だったり話をしたことがないスタッフだった方は緊張したかもしれませんね。

この肩もみも「言葉は栄養、よい言葉をたくさん使おう」という言葉のコミュニケーションの大切さを実体験させていただくワークでしたが皆さん実感できましたか?

 

sCIMG7161.jpg

 

 

接遇は形式的ではいけません。ただ挨拶をすればいいというわけではありません。気持ちを込めた言葉でないと相手には伝わらないし、気持ちがこもってないのは態度ですぐわかります。接遇セミナーを通してついつい薄れてしまいがちな接遇の意識をしっかり再確認して、明日からの患者さまや利用者さま、ご家族の方への接遇に役立てていただきたいと思います。

 

 

接遇部会 C・Dグループ 

 当福祉事業所主催の地域交流イベント

9年前、平成15年に立ち上げて、今では地域でおなじみのイベントとして定着しています。

「100回記念ひまわりサロン~結 YUI~」

いよいよ10月13日(土曜日)に開催となります。

今回のゲストは、ゴスペルシンガーの詩叶 純子氏と結音のみなさん

公開型ひまわりサロンのレギュラーゲストのうらじゃ岡山連'笑輝'&'楽鬼'の皆さん、

ハワイアンフラチーム フラ・ハーラウ・オ・マーラ・プアが3チーム合同でいらっしゃるという豪華ゲスト満載!!!

 

今、9月20日から毎週木曜日と土曜日の週2回、ゴスペルの合同練習とうらじゃ練習

に励んでいます。

 

CA3C01300001ゴスペルシンガー2012.jpgゴスペルナンバーは♪「君は愛される為生まれてきた」韓国で生まれた

世界中で歌われている名曲です。

歌いながら、感極まって泣いているメンバーさんもいらっしゃいました。

13日当日は、フィナーレをゲスト、ひまわり一同、会場の参加者一同で

この歌を唄い、心をひとつに出来たらと思っています。

 

 

 

 

 

うらじゃ練習もハードですが、大学生の皆さんの楽しいご指導で、笑いの耐えない

練習となっています。

こちらも、勿論、当日は岡山の夏の風物詩「うらじゃ本祭り」に負けない会場一体で盛り上げていきたいと思います。

 

CA3C0161らじゃチーム2012.jpg 

みなさまもぜひ、ご一緒にゴスペルやうらじゃをご一緒にチャレンジしませんか!!

10月13日(土曜日)お待ちしています!!!

 

 

 

 

 

「第100回ひまわりサロン~結 YUI~」

日時:2012年10月13日(土曜日)

午後1時~午後3時30分

場所:万成病院エム・ホール

ゲスト:ゴスペルシンガー詩叶 純子氏&結音

    岡山うらじゃ連「笑輝」&「楽鬼」

    ハワイアンフラチーム フラ・ハーラウ・オ・マーラ・プア

参加申し込み&お問い合わせ(086)251-3566番


 

ひまわり娘

岡山精神保健福祉学会に参加して

第46回 岡山精神保健福祉学会が、平成24年9月20日(木) 10:00~15:00

メルパルクOKAYAMAで開催され参加させていただきました。

          IMG_1524s.jpg

この学会は、岡山県下の"精神" "保健" "福祉"の発展・向上と、会員の研究・研修・研鑽および関係機関相互の連携を図ることを目的に毎年開催されています。

今回のメインテーマは、『これからの地域精神医療のありかた』でした。

聖路加看護大学看護学部教授 萱間真美先生をお迎えして、

「多職種による地域ケアの現状と未来」~精神障害者アウトリーチ推進事業の事例から~ と題した基調講演と、

「多職種による包括的精神医療の展開」をテーマにしたシンポジウムでした。

シンポジウムでは、山陽学園大学看護学部准教授 吉川隆博先生の座長のもと、看護師、臨床心理技術者、精神保健福祉士、保健師それぞれのシンポジストの方による、専門性を生かした経験からの発表がありました。

萱間先生の講演のまとめに、

①精神医療は、地域生活の継続へ向けた支援へと動いている。

②地域生活の支援には効果的な急性期医療と地域医療の双方が必要である。

③リカバリ概念は、地域生活継続のゴールとなる。

④関係性構築、地域生活支援について独自の知識を駆使し、チームの中で大切な存在と

 して機能することが求められる。

⑤支援者自信が生活者として精神障がい者に併走できる存在でありたい。

 と結ばれていたのが印象に残りました。IMG_1526s.jpg

これからの精神医療はただ待っているのではなく、地域へ出向いて行っていくアウトリーチ(訪問支援)が必要になってきます。できることに注目するリカバリ(回復)の概念、その人が持っている強みストレングスに注目することなど、精神医療の変革時期がきているということを痛感した学会でした。

今回この会を企画・運営してくださった "ももの里病院" の皆さま、お世話になりありがとうございました。

 

大吉

「人の動きを知る」

  ~"こころ"と"からだ"を動かすコツ~

                      平成24年9月20日(木) 17:10~  於 第1会議室

                      講師:リハ課 藤川信課長

看護補助者31名 看護師4名  講師の援助者としてOT4名の参加で行われました。

"からだ"を動かしたければ "こころ"を動かす

"こころ"なしには"からだ"はうごかない

動ける身体機能がありながらも"こころ"がうごかなければ介助量は増加します。

まず "こころ"を動かすコツ、""からだ"を動かすコツについて説明がありました。

OTさんが患者様になりきって動かれるのを観察したり、

実際に基本的な動作を体験し、1つ1つ丁寧に自分たちの動きを確認しながら進みました。

 

IMG_1528s.jpg

IMG_1534s.jpg感想

・患者様、スタッフ双方の負担を減らすことはとても大切なんだなと思いました。

・明日からスムーズに行えるようにがんばります。

・わかりやすく興味がわくように教えていただきありがとうございました。また続きを聞きたいと思います。

・このように実践できる勉強会で すごく勉強になりました。

 

実技をしながらの研修で あっという間に時間がすぎました。

"こころ"と"からだ"を動かすコツはすべてのケアの場面に共通するものです。

学びが実践で生かされてこそ 研修の意味があります。

そういう環境つくりも大切だと思います

 

 

さくら&ひだまりのモモ

万成 バレー部 ファントムズ 再始動

万成病院 バレー部 ファントムズ は毎年開催される

(7月初旬 岡山市部予選  8月末 岡山県大会)

「岡山県病院職員バレーボール大会」に照準を合わせ

毎年練習に汗を流していました さんの絵文字

DSC_8064s.jpg

しかし今年は おめでた さんの絵文字 や けが人さんの絵文字 でメンバーが揃わず さんの絵文字

ここ数年欠かさず参加してきた「岡山県病院職員バレーボール大会」

への参加を断念し、夏場の暑い時期の練習を休んでいました さんの絵文字

 

そろそろ涼しくなってきたかな さんの絵文字 ということで先日久々に練習を再開しました さんの絵文字

実際練習をしてみると まだまだ残暑は厳しくさんの絵文字  ちょっと動いただけで汗だくでした さんの絵文字

 

練習再開といってもこの時期からは 平成24年11月11日(日)に開催予定の

万成病院主催さんの絵文字 障害者バレーボールチームとの親睦バレーボール大会さんの絵文字

さんの絵文字「ドリームカップ」さんの絵文字へ向けてのソフトバレーボールの練習になります。

「ドリームカップ」の案内は来月中旬のスタッフブログで詳しくアップしますので

こまめにブログをチェックしておいてくださいさんの絵文字

多くの方の応援をお待ちしております さんの絵文字

DSC_8063s.jpg 

まだまだ残暑が厳しい今日この頃ですがさんの絵文字 負けずに練習に励みたいと思います さんの絵文字

 

あいりょうさんの絵文字

 

敬老会

  9月16日(日)岡山リハビリテーションホームで、

敬老会が行われました。

 

入所者様とご家族様が楽しんでお食事できればと思い、

ご家族様にもお食事を用意させていただきました。

 

メニューは、

「えび散らし、なめこの赤だし、茶碗蒸し、オレンジ」
でした。

P1000741s.jpg 

 

    

お寿司は、入所者様にとても人気なメニューとなっていますので

喜んでいただけたと思います。

 

 

かける

 

接遇スピーチ♪

 毎年9月の接遇月間中、朝礼において接遇スピーチを行っています。

 

  CIMG1406s.jpg

 

今年度は、

 

「大切な自分の親・子や自分が入院したと仮定したとき、癒される

・喜べる・不愉快がない接遇を!」

 

をキャッチフレーズとして、スピーチを接遇委員の方に行っていただい

ています。

 

 CIMG1409s.jpg

 

 

 

自分の接遇月間に対する意気込み、体験を通して得た気づき、患者さん

に対してのかかわりなど日ごろの看護・介護を振り返ると共に、接遇委

員としてまた職場の責任者として指導していく役割など、各部署担当で

日・祝日を除く毎日スピーチを行っています。

 

 

時にはスピーチの内容に感動し思わず拍手喝さいとなる場面も見られます。

スピーチの期間は1ヶ月ですが、この期に自分の行動を振り返り、「接遇」

に対する意識を高めていければいいと思います。

 

 

そして、継続することが患者さん、家族への対応として、癒される・喜べる

・不愉快がない接遇へとつながっていくものと思われます。

 

CIMG1407s.jpg 

 

 

かける

肺炎球菌ワクチン予防接種について

岡山市では平成24年9月1日から高齢者肺炎球菌ワクチン接種助成事業が開始されました。

岡山市内に住所がある75歳以上の方すべてに助成券が郵送されています。

当院では肺炎球菌ワクチンの接種費用が7,000円になります。

助成券をお持ちいただきましたら3000円助成されるので、自己負担金は4,000円になります。

助成券を用いての接種は、平成24年9月1日~平成25年3月31日までです。

 

日本人の死因の4番目に多いのが『肺炎』です。

高齢者を中心に肺炎で亡くなる方は、年間8万人にも達するようです。

肺炎球菌ワクチンの効果の持続期間は5年間で抗体がピーク時の8割まで落ちそこから徐々に低下するようです。

戦後一貫して減少し続けてきた肺炎の死亡数も近年増加したようです。その原因は、抗生物質が多用されたため

に抗生物質の効きが悪い肺炎球菌が増加したようです。

 

当院では、肺炎球菌ワクチン接種は予約制となりますので接種を希望される場合は、事前にご連絡をお願いいたします。

 

 

port

リハホーム行事 (夏祭り)

毎年恒例の 万成病院2012夏祭り」が先月行われました さんの絵文字

数年前まではリハホーム独自で夏祭りを企画し さんの絵文字催し物を職員が行いさんの絵文字

出店の食べ物もリハホームの職員だけで作り さんの絵文字 提供するという

かなりハードなさんの絵文字 夏祭りを こじんまり さんの絵文字 と行っていましたさんの絵文字

 

しかし 祭りは盛大に行うのが一番 さんの絵文字 ということで (口実!?じゃないですよ・・・。)

万成病院と合同で行うようになりましたさんの絵文字

 

P8181317s.jpg

 

P8181353s.jpg

毎年職員の催し物を楽しみにされていた方もおられましたが さんの絵文字

その分、敬老会やクリスマス会で楽しんでもらってますさんの絵文字

 

ここ数年で合同夏祭りが定着して毎年盛り上がって さんの絵文字

利用者の方々もとても楽しまれています さんの絵文字

 

P8181389s.jpg

今年も大成功でしたがさんの絵文字 来年も 再来年も 皆さんに喜んでもらえる さんの絵文字

さんの絵文字夏祭りさんの絵文字 を企画していきたいと思います さんの絵文字

 

P8181383s.jpg

 

あいりょうさんの絵文字

 

ダイエット♪

残暑が厳しい日が続きます。朝夕の風は涼しいものの,日中の日差しのとてつもない圧迫感は真夏と全くかわりありません。

皆様夏の疲れが出ていませんでしょうか。

私は食が細くなるということは無く,吹き出る汗をおぎなって余りあるくらいに食欲旺盛な日々を過ごしております。年齢的にもオーバーウエイト・メタボをそろそろ気にしなければなりません。ただ,最新の観察研究では肥満であることは寿命が短くなることとは直接にはむすびつかないという結果もでているようです。(www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22773710

いやいや,長生きしたいということは別にして見た目も気になります。適正な体重を維持するためにもここはダイエットをしなければ・・・。

私がお勧めするダイエット方法は"よく噛むダイエット"です。 

食事をよく噛んでたべること,口にいれた食べ物を一口30回以上噛むことを厚生省では"噛ミング30(カミングサンマル)"と称して推奨しています。噛むこと自体の刺激が脳につたえられ満腹感をうながす,脳の血流量を増やす,消化吸収を助けるだけではなく,抗菌作用・自浄作用のある唾液の分泌が促されます。食べ物本来の味を味わうことができ,薄味なものを美味しく食べられるようになる,など健康に良いことだらけです。

なによりも特別な装置や出費を必要としないというのは魅力的ではないですか?

必要なのはよく噛める口だけです。噛みたくてもよく噛めない・・・という方は,一度歯科においでになられませんか?

 

 


IT 

「行動制限最小化をどう考えるか」研修会☆

第9回看護部教育委員会研修会

「行動制限最小化をどう考えるか」     平成24年9月5日(水)  第一会議室

                         講師 行動制限最小化委員会  岩田裕樹師長

参加者  33名(内、他院より5名)

看護師、看護補助者さん、他職種からの参加がありました。

 

IMG_15161s.jpg

・隔離・拘束の基本について

    ・拘束事故事例について

          ・行動制限最小化について考える

隔離・拘束を絶対否定するのではなく、しかるべき場面では必要であるので、基本について抑えておくことが大切です。

 

参加者の感想・意見より

・とてもわかりやすい説明でした。仕事をする上で、看護師の方の立場から考えてしまいがちですが、患者の立場を考え、業務的にならず、なぜ隔離・拘束が必要なのかをきちんと伝えてしなければいけないと再確認し、仕事をしようと思いました。

・行動制限最小化において大切なことは、患者さんの利益を守ること、看護師の力量、技術、知識、日々を振り返りもう一度整理し頭にいれ今後の実践につなげたいと思います。

 IMG_1521-2s.jpg

 

 

臨床現場においては隔離・拘束を初めから選択肢としてあげるのではなく、看護師としても 安全性を確保していくことや、その患者ごとに時間をかけ、患者にとって「最善の利益」「同意判断能力」について、できる限り検討をしていくことが重要です。

行動制限最小化看護領域においても、今後このことを真摯に考え、議論を深めていくよい機会になりました。

 

 

さくら&ひだまりのモモ

秋のひまわりはイベント目白押し!!

 秋といえば、お祭り!イベントシーズンですね。

「障がい福祉サービス事業所ひまわり 多機能型事業所ひまわり」の秋もイベントが目白押しです

まず、通所事業所ひまわりが主催する「ひまわりふれあいマーケット」

が、来週9月15日(土曜日)AM11時から開催されます。

今年5月から立ち上げた地域とのふれあいの市場は、いつも地域の皆様に大好評!!

毎回、ふれあいマーケットで行列が出来るほど人気!の就労事業所ひまわりのオリジナルパン、ケーキ

また、今回は地元谷万成町内会で丹精込めて作られたマスカットも初お目見えです。

みなさま、ひまわりマルシェ☆「ひまわりふれあいマーケット」へぜひいらっしゃって下さい。

 

パイブログ用.jpg 10月13日(土曜日)、'地域との架け橋'をテーマに開催しています

『100回記念 ひまわりサロン~結 YUI~』が万成病院エム・ホールにて

午後1時00分から開催されます。

今回もスペシャルなゲストのオンパレード!

*ゴスペルシンガー 詩叶 純子さん

*岡山大学うらじゃチーム「笑輝」

*岡山大学うらじゃチーム「楽鬼」

*フラチーム 「フラ・ハーラウ・オ・マーラ・プア」

 

img_1194045_35174329_6ブログ用ブログ用.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ9月20日からは、イベントのフィナーレを飾る歌やうらじゃ踊りの練習を

詩叶さんやうらじゃチームの皆様のレッスンを受けて、ひまわり一同でスタートします。

 

秋は、楽しさいっぱい!感動いっぱい!

ひまわりのイベント

ぜひお越しくださいませ。

皆様の笑顔にお会いできることを心より楽しみにしています!!!

参加申し込み&お問い合わせ(086)251-3566番

 

ひまわり娘

みなさんの癒しは何ですか?

こんにちは

初ブログさせていただきます。

何を書いたらよいのか、緊張しますね。

自分が緊張しているときは相手にも伝わってしまいそうなので、ホッと一息つけるような記事にできたらと思います。

 

ホッと一息といえば、やはり『癒し』ですよね。

我が家の『癒し』といえば、今年の春から家族の一員として加わった『ワンコ』です!

歳は、まだ9か月なので遊び盛り。

ドッグフードよりもヒトのゴハンの方が興味津々で、先々週は私の朝ゴハンのオカズをお皿から奪い、猛ダッシュで逃走。。。

ちょっと目を離しただけだったのに~。

 

散歩にお世話、しつけなど、いろんな苦労も教えてくれますが、なでている時はフワフワで暖かくて、やはり『癒し』です。。。

まだ子犬なので、首の後ろのあたりが結構フワフワなんですよ~。

名前は『椿(つばき)』。

女の子ですよ~。

  

『癒し』は、心に余裕を与えてくれますよね。

心に余裕があると、忙しい時でも笑顔を忘れずにいられそう。。。

しんどい時こそ、笑ってみる!

笑顔でいると、後から気持ちもついてくるそうです。

私もまだまだ修行中ですが、笑顔で接遇UPにつなげていきたいと思います!

 

 

 

犬R

薬局実習生!

 暑い8月が終わり、皆さんは体調崩されていませんか?私は、夏バテが残っている感じで 

す。

 9月に入り、薬局に就実大学から後期研修生が1名約2カ月半実習に来られています。

前期は女子学生さんでしたが、後期は男子学生さんが来られました。

 前期の調剤薬局での体験とは違う病院ならではの体験ができるようにしていきたいです。

 

 薬局一同全力でサポートしていきたいと思います。

 画像 008aaa.jpg

 

☆ヤクゾウ☆

厳しい残暑を乗り越えよう

9月に入っても、暑い日は続きそう(>_<)

夏バテしている人もいるのでは。

 

疲れの予防や回復に欠かせないのがビタミンB1です。

ビタミンB1は体内で炭水化物を燃焼させ、動くのに

必要なエネルギーを作り出すのを手助けしてくれます。

そこに、体内に蓄積された疲労物質(乳酸)を代謝さ

せてくれるクエン酸と一緒にとれば、疲労回復にさら

なる効果が見込めます。

 

 

「元気に残暑を乗り切る!」おすすめメニューは、

♪酢豚♪

 

ビタミンB1が豊富な豚肉と、クエン酸たっぷりの酢を

使った「酢豚」は、夏の元気を取り戻すのに最適な料理

といえます。

 

          

P1000733ブログ用.jpg 

 

 

 

ビタミンB1とクエン酸を毎日の食事で取り入れ、この

残暑を元気に過ごしましょう。

 

 

 

きのこ&かける

接遇月間

今年も接遇月間が始まりました。

当院は毎年9月を接遇月間とし、様々な取り組みを行っています。

 

その接遇月間も今年でちょうど10年目。

 

これまでの接遇セミナーでは、多くの講師の方においでいただき、お話をいただきました。

接遇改善に取り組み始めた当初は、お辞儀の仕方や笑顔、敬語の使い方などぎこちなかったのを思い出します。

 

10年間の取り組みの成果でしょうか、近年は病院スタッフみんなが自然な接遇ができるようになったと感じます。

 

10年目の節目を迎え、接遇委員長(ッシー8?)の思いは固く、

        「オリンピック選手のごとく全力で取り組もう!!!」

と接遇リーダーのスタッフに投げかけました。

 

接遇月間が終わるころには、またレベルの上がった接遇が身につき、

 "笑顔" がひろがっていることでしょう。

 

接遇月間ブログ用.jpgmatt 

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。