2014年1月アーカイブ

通所ひまわり合同初詣~吉備津彦神社~

    年が明けて、早一カ月経ちました。

  今年も一年があっという間に過ぎる予感がする中、

  遅ればせながら、1月17日(金)の午後に、

   通所ひまわり合同(就労継続B型・自立訓練)で、吉備津彦神社初詣に行って来ました!

  

   ほどほどに快晴の中、3台の車で総勢約15名で吉備津彦神社へ。

  まずはしっかり、お清めをして。

  寒い冬に、冷たい水は本当にきつい!でもその分、お清め感は満載です。simage 2.jpg

simage 1.jpg

  

   階段を上ると、左手に沢山の絵馬が!→→→ 

   色取り取りでとても綺麗。

     ・・・写真では少し分かりづらいですが(汗             

   様々な合格祈願が並ぶ中、

   「東京大学の大学院に無事合格しますように...」

                      ハイレベルな絵馬が中央にあり、やたら目立っていました笑

                      

 

  simage 3.jpg

                    絵馬に気を取られていると、メンバーさんはテキパキと参拝をされてました。

                  遠目から慌ててシャッターを「パシャリ。」

                  その際、中央に映る彼に後姿のモデルを頼むと、快く颯爽と中央に向かって歩いて下さいました。

                  

                  後で話を伺うと、健康祈願やそれぞれが掲げている「目標達成」を祈願されてました。

 

                                  

                           そして、初詣と言ったら、やはり「おみくじ」です。

                      同じ内容の「末吉」を、三人の人が引くという珍事もありましたが笑、

                      私のおみくじは・・・・・「大吉」!!! 

                      全体で、唯一の「大吉」!!個人的に久々でした!!

                                         simage 4.jpg

                       

                      でもこれは、「通所ひまわり」の3年目を示す運勢だと都合よく解釈し、 

                 来年度も通所ひまわりがメンバーさんにとって、より安心して楽しく活動・成長できる場になるよう

                      引き続き、緻密で温もりのある支援を行っていこう!と気を引き締めた次第です。

 

 

                     

ハシゴダカ

畳・ソファーは人気者!!

私たちの病棟には、畳・ソファーが昨年9月から設置されています。

患者様にとってゆっくりとくつろげる安らぎの場になり、人気の場所になっています。

 

sP1000837.jpg

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

家庭の雰囲気を思い出しているのかな??

 

さり気無く腰掛けたり、面会にて談話したり・・・

畳に横になりうとうと気持ちよさそう:::

 

sP1000839.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかほのぼのとした気分になってきませんか?

 

暖かく・穏やかになります・・・・・・です。

 

 

明日子

他人ごとではない

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎が本格的に流行しています。

 

 各地で猛威を振るっているノロウイルス。

飲食店、小学校、介護施設、医療機関で集団発生しています。

 

ノロウイルスは、大規模な食中毒など集団発生を起こしやすく感染力が強いため、

注意が必要です。

  

 

 

ノロウイルスの感染予防には丁寧な手洗いが有効です。

爪を短く切って、せっけんで指の間や手の甲、手首まで30秒程度洗いましょう。

ドアノブや水道の蛇口など、不特定多数の人が使う場所に触った後は特に気を付けましょう。

 

カキなどの二枚貝は、しっかり中心部まで加熱しましょう(85℃~90℃で90秒程度)。

 

嘔吐物や排泄物の処理は、使い捨て手袋、マスク、エプロンをつけ、ウイルスが飛び散らないように

ペーパータオルなどでふき取り捨てましょう。

 

消毒する際は、塩素系の漂白剤を使いましょう。

汚染が疑われる調理器具や食器も消毒しましょう。

 

 

あっちゃん

 

 

 

リハホーム行事(新年会)

さんの絵文字平成26年1月18日(日)にリハホームの新年会を行いましたさんの絵文字

 

今年は皆さんがとても喜ばれるボランティアさんの絵文字

中 ひろし 一行 の皆様にお越しいただき、新年会を盛り上げていただきましたさんの絵文字

 

まずはいつものように司会者の方の挨拶、プログラム紹介から始まりさんの絵文字

IMG_3280.jpg 

こちらも鉄板ネタの 五木ひろしの ものまね miyamori-uさんの絵文字 & 握手廻り さんの絵文字

IMG_3283.jpgIMG_3288.jpg

どじょうすくい さんの絵文字                   ギター演奏 さんの絵文字    

 IMG_3291.jpgIMG_3292.jpg

最後は衣装チェンジをして熱唱されました さんの絵文字

IMG_3295.jpg

ここ数年では年間2回~3回はイベントの際にお越しいただいております、 

中 ひろし 一行 の方々ですが、毎回皆さんが楽しめるように、思考を凝らし楽しませて

くれています さんの絵文字

 

参加された方々はいつも新鮮な気持ちで楽しまれ さんの絵文字 感極まり涙される方も少なくありません さんの絵文字

本当に感謝しております。

ありがとうございました さんの絵文字

 

 あいりょうさんの絵文字

知ってびっくり加湿器病

 皆様は加湿器病をご存じでしょうか。

                                       

  冬はインフルエンザ予防や乾燥のため加湿器を使われている方も多いかと思います。

加湿器には加温して蒸気を出す加温式のものと超音波式のものがあります。

超音波式のものは加温しないので熱傷の事故がなく乳幼児のいる家庭で普及しました。

そして運転中も静かです。

ところが超音波式にも欠点がありました。水が汚染されやすいという欠点です。

 

超音波振動のため水道水の殺菌成分の塩素が早く空気中へ飛んでしまうので

塩素による殺菌効果がなくなってしまいます。

そしてこまめな清掃を怠るとタンクの中や本体の水に細菌やカビなどの微生物が

繁殖しやすくなり、その微生物を食べるアメーバも繁殖します。

                 

超音波式の加湿器は大きな粒子を飛ばすことができるため増殖した微生物を

空気中にばらまいてしまいます。

その微生物を肺に長期間吸い込むとそれに対するアレルギーがでてきます。

加湿器病の症状としては風邪と似た咳・発熱・悪寒・全身倦怠感です。

アレルギー反応が激しい場合には呼吸困難をおこすこともあるそうです。

 

健康に気をつけて加湿器を使っておこる加湿器病・・・・・。

本末転倒にならないように加湿器の説明書をよく読み正しく使いたいものですね。

 

そして冬も元気に過ごしたいですね!!

 

 

すぅ

行ってきました、初詣

1月14日、外来OTのメンバーで最上稲荷に初詣に行ってきました。

 

最上稲荷は昔行った事がある人も多く、人気の場所のようで、外来OTで行くのも今回で2回目となりました。

最上稲荷は広いので心配なのは迷子になった時。場所を移動するごとに集合場所を確認することにし、出発。14日という事で参拝者もかなり減っており、連休前には1000円だった駐車料金も500円に(ちょっとうれしかったです)。

 

 

 

覚悟をきめて長い参道を出発しましたが、店を眺めておしゃべりをしながら歩いていると、あっという間に本殿に到着。お互いにアドバイスしながら線香に火をつけました。

が、ロウソクの火が消えたり、線香になかなか火がつかず、不安な叫びが聞こえてきました。それでもなんとかお供えすることができ、たっぷりと煙をあびることができました。

 

お参りの後は境内を散策したり、お守りを買ったりと思い思いに過ごす時間にしました。初めて旧本殿まで上がってみましたが、いい眺めにメンバーさんも感動。さすが三大稲荷だけあって、お守りの種類も多いし、最近はかわいいお守りも増えましたね。帰りの参道も声をかけあいながらお土産を買って、迷子になることなく、無事に降りてくることができました。

本当に天候にも恵まれ、楽しく過ごすことができたようです。地域で生活していながらも、単調な生活になりやすく、外出の機会がない方もおられ、また、昔行っていた事をまたできるようになることで回復を感じる機会にもなるようです。今後もこういった外出の機会を提供できればと思います。

 

 

 

 

 

香里

ひまわりクリスマス会

新しい年を迎え餅 デコメ絵文字、みんなそれぞれがんばっていますが、

まずは、去年の報告からさせていただきます。

12月15日にクリスマスより一足早く、ひまわり寮・ひまわりホーム合同

クリスマスパーティーを開催しました。

 

飾りつけやご飯の準備もみんなで行い、

 ssssssカンパーイ.jpg

メニューは、

 カレーライス、チキン、マカロニサラダ、ケーキ、プリンハート デコメ絵文字

s画像 459.jpg

チキンとケーキおやつ の画像以外は手作りです。

 「おかわり」の声が飛び交い、

みんな満腹いただきました。

 

 

 お腹を満たして、

『真っ赤なお鼻のトナカイさんは~』トナカイ デコメ絵文字を合唱 音符 デコメ絵文字

 ssssssクイズ.jpg

 

 次はクイズ大会!!

 ひまわりに関するクイズは大盛り上がり アゲアゲ デコメ絵文字

 正解者にはお菓子の景品付でした。

 

    

                                                      そして、メンバーによるマジックショー!!ss画像 469.jpgマジック デコメ絵文字

                        この日のために練習して準備してくださいました。

                        みんなすっかり騙されちゃう出来で、パンダ(拍手) デコメ絵文字

                        ひまわりにすばらしいマジシャンが2人も誕生しましたマジシャン デコメ絵文字   

                

  ささやかながら、みんなにサンタさんサンタクロース デコメ絵文字のプレゼントもあり、

 寮には新しいメンバーも居られ、みんなで協力しながら作り上げた

ピンキーモンキー(クラッカー) デコメ絵文字 楽しいクリスマス会となりました。

 

 最後は有志によるカラオケでしめました。マイク デコメ絵文字

 

 

 

黒猫

 

今冬は寒い?

先日のニュースでアメリカが大寒波に襲われて、あのナイアガラの滝までもが凍ってしまったと

放送されていました。 日本でも今冬北海道の一部で氷点下30.5度(1月18日現在)と記録されています。

 

 daitouketsu_130203.JPG

 

また、南極では詳細な記録を調べたところ数年前に氷点下93.2度の最低気温を記録していたと出ていました。

氷点下93.2度!?・・・ いったいどんな世界なのか?? 想像すらつきません。

 

ちなみに氷点下50度の世界(ロシアの厳寒地)はどんなものなのか?

というと・・・

・玄関のドアノブを掴むと、一瞬で手とドアノブがくっついてしまう

・摩擦熱で氷や雪が解けないので、スキーやスケートができない

・「凍傷になる危険があります!」という警報がテレビで流れる

・プラスチックやビニールなどの石油製品はパラパラと粉状になるので

 化学繊維の服は一切着れない

・車で移動する時は2台以上の車で車列を組んで移動しないと故障した時に凍死してしまう

・バスで乗り降りする時は凍りつくので完全停止をしない

 ・・・らしいです。

 

今冬は例年に比べて寒くなりそうです。

インフルエンザも流行期に入ったようなので、手洗い・うがいの徹底、

体調管理を十分して感染しないように注意しましょう!!

 

 

massu

病院歯科介護研究会定例会開催のお知らせ

「明けましておめでとうございます」
つい先日まで,人に会うと開口一番,そう言っていましたが,年が明けてもう半月が過ぎてしまいました。

こんな感じで1年がまたあっという間に過ぎていくのかなーと早くも感じています・・・。

さて,今日は病院歯科介護研究会定例会開催のお知らせです。
今回の内容は,摂食・嚥下リハビリテーションについての症例相談です。万成病院の症例もあります。

そして,コメンテーターは,万成病院非常勤歯科医師の前川享子先生(岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センター)です。
寒さ厳しい折ですが,ご都合がつきましたら,是非ご参加をいただければと思います。
 
病院歯科介護研究会第88回定例会
日時:平成26年1月17日(金)19:00-21:00
会場:岡山コンベンションセンター404会議室
内容:症例相談(摂食・嚥下リハ関連)
    相談者:苅田典子先生,松永一幸先生,山本大介先生
コメンテーター:前川享子先生(岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センター)

 

たび丸☆

ひきこもり支援を考える

IMG_0783.jpg平成26年1月14日に万成病院において、北地域精神保健福祉連絡会・研修会が

開催されました。今回のテーマは、「ひきこもり支援を考える」でした。

 

「ひきこもりと精神疾患について」とのテーマでこらーる岡山診療所 医師 山本昌知先生に

ご講演いただきました。まず、ひきこもりの人たちを訪問した経験をもとに、お話くださいました。

 

ひきこもっている人は、ひきこもることで、安心と安全を守ろうとしている。

困っているのはひきこもっている人の家族であることが多く、家族とひきこもっている本人との間に

ずれが生じていることもある。まずは、困っている家族の感情、気持ちを受け入れて、家族と本人の

接点を作っていくこと、とかかわりのポイントについても具体的にお話くださいました。

コミュニケーションの障害については、ワークを使って、説明されました。

「伝わって当たり前」ではなく、「どのように伝えるか」が大切とも話され、

家族関係だけでなく、支援者ー支援される側の関係性にも通じることだと思いました。

 

また、事例紹介として、地域生活支援センターパレット 精神保健福祉士 矢田初恵さんと

岡山市の取り組みとして、岡山市こころの健康センター 保健師 土器悦子さんにそれぞれ報告していただきました。

 

 現在、70万人の方がひきこもりであるとされ、厚生労働省では、精神保健の対象者として位置づけられて

いるとのことでした。精神保健福祉分野に従事する者として、まずは、困っている人の気持ちを

聞き、「一緒に考えていきましょう」という姿勢を相談者と関係をつくっていくことが大切だと思いました。

 

ごろんた

どんど焼き

お正月が終わってもう二週間もたったんですね。

なんとも早いですね・・・。

 

明日は、『どんど焼き』の日です。1月15日は、小正月で日本全国に伝わるお正月の火祭

り行事です。

どんど焼きの言い伝えは、「火は穢れを浄め、新しい命を生み出す。竹の爆ぜる音は、

災いを退け、高く上がる煙に乗って正月の神様が帰る」と言われています。

祓い清めとうい役割と、正月に浮かれた人々を現実世界に戻すといった二つの役割を

担った行事と言われています。

1月1日~1月7日を「松の内」と呼ばれ、しめ縄や門松をお飾りする期間です。それを1月

15日のどんど焼きでお焚き上げしていただきます。

どんど焼きの火にあたると若返るとか、焼いた団子を食べると病気をしない・虫歯にならな

いと言われています。

また、燃やした書初め(かきぞめ)の紙が高く舞い上がると習字が上手になり勉強もできる

ようになるなどともいわれています。

その他にも、一年中の身体健康・無病息災・五穀豊穣などを祈願しているそうです。

「正月飾り」を燃やすという行為から、神様を空に送る、つまり「正月の神様」が空に帰って

いくという意味があるようです。

どんど焼きができない方は、塩やお酒でお飾りを清め、感謝の気持ちと共に通常のごみ袋

とは別にして丁寧にまとめ、一般のゴミとして出しても大丈夫とのことです。 

 

2014年を新たな気持ちで迎えた方もたくさんいることでしょう♪

今年も一年健康で過ごせますよに☆

 


 

Port

鍋ダイエット成功?

私の娘は、二か月くらい前から鍋ダイエットをしています。

どうせすぐ諦めるだろうと思っていたのですが、まだ続いています。

もともと、鍋料理が好きなのと、野菜が好きなので続いているようです。

ダイエットを始めたきっかけは、スイミングスクールのコーチに「太りすぎ」

と、言われたから。

 「絶対、痩せてやる!!」と、自分でルールを決めていました。

・ 間食を減らす。(食べないわけではないらしい)

・ 夕食は、鍋にする。

・ 泳がない日は、縄跳びをする。

 などなど・・・よく続くと思います。

本当に、ダイエットになっているのか気になったので、

「鍋まだ続けるの?効果あったの?」って、聞いてみました。

すると、「2㎏減りました~♪」と、嬉しそうでした。

なので、まだ続けるようです。

鍋効果かどうかわかりませんが、毎日たっぷりの野菜、豆腐や脂肪の少ない肉、

魚介類を使って作る鍋は、ダイエットに向いているかもしれません。

 

 

かける

岡山県精神科医療センターと交流協定を結んでいる河南科技大学第五附属医院(旧、洛陽市第五人民医院)の

魏曉艶(ぎ ぎょうえん)先生が1月6日(月)万成病院へ視察へと来られました。

 

魏曉艶医師は高齢者の精神科医療を専門とする医師であり、

現在岡山県精神科医療センターで約2カ月間の及ぶ研修を実施されています。

当院は、中国洛陽市からの視察見学は三度目となり、今回来られました魏曉艶先生にも、

認知症患者様への看護やリハビリテーション、歯科衛生士による口腔ケアなどを中心に視察して頂く予定となりました。

 

まずは、小林院長、嶽崎事務長より日本における精神科医療の流れ、当院での精神科治療についてなどお互いリラックスした

雰囲気のなか視察見学がスタートしました。

P1000683(1).jpg P1000680(1).jpg

 

そして、河田事務部長から万成病院の概要説明を行った後、早速視察へと移らせて頂きました。

P1000685(1).jpg 

 

初めに視察して頂いたのは、老人保健施設リハビリテーションホームです。

 こちらでは、利用者の嗜好や個々の能力に応じた様々な机上活動(塗り絵や書道・脳トレ等)をメインにみて頂きました。

ひとりの利用者の方が中国に在住していた事から、視察団の方との会話が盛り上がった一場面もありました。

P1000698(1).jpgP1000708(1).jpg 

 

 その後、万成病院の精神一般病棟へ。

この病棟では高齢者の方が多く精神疾患や認知症に加え身体合併症を併発されている患者様が数多く入院されている病棟となっており、

歯科衛生士による高齢者の患者様の口腔ケア・嚥下訓練を中心に視察して頂きました。

いろいろな質問もあり通訳の方を通しながら意見交換を行いました。

 

P1000722(1).jpgP1000735(1).jpg 

 

日本の高齢者の死亡原因が一番多いと言われている誤嚥性肺炎に対し、当院の歯科衛生士は病棟の

寝たきりの患者様への口腔ケアを専門的に実施し誤嚥性肺炎の予防に努めています。

その方法とは、咽頭に水を落下させ流入させないよう吸引機能が付いた歯ブラシ・粘膜ブラシを用いて清掃

したり、口の乾燥を防ぐ対応を行い入院患者様の口腔の衛生状態を保つようサポートしています。

又、命の源である「食」に重点をを置き、患者様に出来るだけ「口」から食べていただくよう摂食・嚥下リハビ

リテーションを実施しています。内容は、口の機能をアップする間接訓練や食物を用いての直接訓練を実施

し患者様のQOLの向上を図っています。(歯科衛生士 藤原より)

 

最後に視察して頂いた病棟は、認知症治療病棟でした。

 この病棟は、急性期の集中的な治療を要する認知症の患者様が入院されている病棟であり

こちらでは、機能回復訓練に伴うレクリエーションでボーリングを行っている様子を視察して頂きました。

当然今回も、魏曉艶先生にも参加して頂きました。

P1000779(1).jpg 

 

患者様の身体機能を維持するとともに交流する場、楽しい時間を持てる場としてレクリエーションを行っています。

その方らしい笑顔や反応を引き出すのにこのようなゲームを用いることがあります。それと同時に自然と体を動かし、

身体機能の維持につながるように環境設定、関わりを持つように心がけています。(病棟作業療法士より)

  

今回の視察を通して、魏曉艶先生が何事にも興味を持たれ質問されている姿が、印象深く高齢者医療への熱い想いが伝わってきました。

 

P1000791(1).jpg 

 

 今天谢谢你。此外,我们期待着您的光临。

 (本日は、ありがとうございました。またの、御来院お待ちしております。)

 

たくぞう

 

 

リハホーム 2013 クリスマス会  

昨年末にリハホームの3大イベントの1つ さんの絵文字クリスマス会さんの絵文字 を行いましたさんの絵文字

今年も職員による様々な出し物やボランティアの方のハーモニカ演奏さんの絵文字

を楽しんでいただきましたさんの絵文字

 

 まずはじめに司会者がクリスマスに因んだ話しで会場の雰囲気を作りさんの絵文字

藪野施設長の挨拶へと繋げましたさんの絵文字

IMG_3216.JPGIMG_3217.JPG 

 

クリスマスツリー

 

 

 

次にボランティアでおこしいただいた山本様のハーモニカ演奏さんの絵文字

 

IMG_3223.JPG

職員の出し物「もも太郎」を披露しましたさんの絵文字

ハーモニカ演奏では、皆さんがよく知っている歌を中心に演奏してくださり

自然と手拍子がでたり、口づさむ方も多くおられました さんの絵文字

 職員の出し物「劇」では毎回アドリブが飛び交い、会場は笑いに包まれます さんの絵文字

IMG_3225.JPGIMG_3233.JPG 

 

ゆきだるま

 

 

 

次に作業療法士によるハンドベル演奏・職員&利用者の方々による合唱

 

IMG_3237.JPGIMG_3249.JPG

 

      雪の結晶

            

     

 

                    皆さんクリスマスの歌を沢山熱唱され さんの絵文字 全員で盛り上がれたクリスマス会でしたさんの絵文字

                最後にサンタが皆さんにプレゼントを手渡し、また来年も必ずプレゼントを持ってくることを約束しさんの絵文字

                                今年のクリスマス会を終えましたさんの絵文字

IMG_3259.JPG

                毎年、ご家族の方も50名を超える方々が参加してくださり、会を盛り上げてくれていますさんの絵文字

                     年末のお忙しい中本当に感謝しておりますさんの絵文字 ありがとうございます さんの絵文字

 

                                  あいりょうさんの絵文字

今日は七草の日♪

今日は1月7日!七草の日で~す

皆さんはお正月からおいしいものを食べて飲んで、胃の調子はいかがですが??

私は毎年のことなんですが、食べすぎ飲みすぎにより、胃の調子が・・・・

ということで、今日は七草の日なので、七草粥を食べて、胃の調子を回復したいと思います。

 ちなみに・・・  

   七草は皆さんは何があるかご存知ですか?      

    ①せり  ②なずな  ③ごぎょう(ははこぐさ)

    ④はこべら(はこべ)  ほとけのざ(こおにたびらこ)

     すずな(かぶ)  すずしろ(だいこん)

            s20130103_314093.jpg

                                だそうです! 

       

また、胃の健康のために大切なこととして色々とありますが、

腹筋や腸腰筋を鍛えることが、胃を正常に保つことに効果がある!!との話もあるそうです♪♪♪

年齢を重ねて弱くなった腹筋や腸腰筋を鍛え直すことで、胃の位置を修復してくれ、

ぜん動運動を正常にしてくれるそうです。

☆☆ ここで、一つ簡単に鍛えることができる体操をご紹介します ☆☆

     ①仰向けに寝て両足のひざを曲げます

        sgyougai.jpg

     片足ずつ足をお腹にゆっくり引き付けます

     最後に両足を同時にお腹に引き付けます

   これを1日56回行うといいそうです。足を上げるときに息を吐き、ゆっくり行うことがポイントだそうです。

皆さんよかったら、ためしてみてくださ~い♪♪♪

 

 

cha

新しい・・・ 

 皆様明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

お正月あいさつ.png 

 2014年1月より導入される糖尿病の新薬があります。

今までの薬とは違う「作用機序」をもっている薬で、注目されています。

 job_doctor_woman.png

☆糖尿病(2型)の原因

 

  従来の薬では、「インスリン」をコントロールする観点で作られた薬が一般的でした。

糖分の過剰摂取が糖尿病の原因です。

(糖分を多く摂取し過ぎると血糖値をコントロールする「インスリン」を分泌するすい臓の

働きが悪くなり、血液中に糖が増え悪い影響がでます。

例え:血管に傷ができたりなど)

 

 

 ※これは2型糖尿病の原因とされ、先天性にインスリンを分泌するすい臓のランゲルハンス島

が機能しない糖尿病は1型糖尿病です。

 

 

2014年に導入される糖尿病の薬の効果

 

 これまでの薬は注射や経口薬などで「インスリン」を投与したり、「インスリン」の分泌を促すこ

とを目的とした薬が使用されていました。

新薬は、血液内に過剰に存在している糖を尿として体外に輩出することができる効果があります。

 iryou_nyuin.png

 すい臓は血液のろ過をしていますが、そのさい血液にある糖は再利用するために尿として輩出

せずに血液中に再度取り込んでいました。この働きをしているのが「SGLT2」と呼ばれるタンパク質です。

新薬ではこのタンパク質の働きを阻害する効果があります。

 

 

 インスリンの働きを調整する薬と新薬を組み合わせて使うことで、これまで以上に糖尿病の症状を

コントロールすることが可能になると期待されています。

medicine_fukuro.png 

 

 もっと色んな病気や原因が解明されていくように祈ります。

 

 

 

ヤクゾウ★

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。