2016年1月アーカイブ

1月より、ひまわりのパウンドケーキ

万成病院の売店"すまいる"での販売 がスタートしました☆


販売開始初日は、初めての試みに、売れるだろうか・・・とスタッフ一同ドキドキでしたが p*>ω<*)q゛゛p(*>ω<*

結果は、あっというまに完売!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

お買い上げくださったみなさま、売店のみなさま、ありがとうございました (≧∇≦)♪


sケーキ売り切れ2.jpg

☆ ☆ ☆ パウンドケーキ 100円 ☆ ☆ ☆

どんな味があるかは行ってみてのお楽しみ ♪

(売り切れていたら、ごめんなさい(>_<))

就労継続支援B型事業所ひまわりにて作っています。

ぜひ、召し上がってみてください ♪



そしてその後も、おかげさまで毎日完売が続いています。

本当にありがとうございます!!


 

☆ ☆ ☆ 今後も、ひまわりをどうぞよろしくお願いいたします ☆ ☆ ☆

sポスター.jpg

 


 

ひまぽん 

テーマ「楽しい楽しいチームづくり」

       講師 草地仁史先生(山陽学園大学看護学部看護学科准教授)

 平成28年1月22日(金)  17:10~ 看護部教育委員会主催研修会がありました。

まずは伝言ゲームではじまって、会場の雰囲気がとてもやわらかく明るく和やかになりました。

コミュニケーションは、「相手を大切にしたい」「協働したい」という意識からスタートします。

sIMG_2728.jpg

 

 

 

 

 

 

それから5~6人のチームになり、細いスパゲッティで、高い塔を作り上げました。あと一歩というところで倒れてしまったチームや、確実に低め安定で立ち上げたチームなど、高さを競い合いました。

sIMG_2742.jpg

 sIMG_2735.jpg

 

 

 

 

 

 

 

チームで悩んで、チームで力を出し合って、意見を交わし、チームごとに特徴が見られました。

感想より:

・とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

・自分にとって、とてもタイムリーな楽しいチームづくり!!明日からの仕事に生かします、

・職場の雰囲気作りも、チーム作りに必要なことだと思いました。同じ目標を持っていくことで、楽しい時間が過ごせると思いました。

・ゲームのようにチームワークよく、病棟内で働けるようになったらいいなーと思います

・楽しく意見を出し合うことができました。病棟運営に生かしていきたいと思います

 

感謝することは相手を認めること

そうすれば組織に認め合う空気が生まれます

そのために必要な言葉は "ありがとう"

会場いっぱいに、草地先生のお人柄があふれた研修でした。

 

 

さくら&ひだまりのモモ

寒さが身に染みる・・・

今週は寒い日が続き,ついに岡山でも雪が降りました。
例年であれば,お正月明けのこの時期は,もっと寒さが身に染みる季節になっているはず。しかし今年は暖冬のため温かい日が続き,今週の急な寒さに身体もびっくりして,少し体調を崩しがちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

大寒にあわせて今週末には氷点下の寒さが続く中,空気は乾燥する様子なので,風邪・インフルエンザ予防と体調管理に気を付けたいですね。

 先日,認知症高齢者の方への食事支援についての勉強会に参加してきました。
勉強会は,認知症の方の口腔機能と認知機能の視点から食行動の自立の維持と支援の方向性について考えるものでした。
口腔ケアで認知症の患者さんと関わる日々の中で感じる,いろんな疑問や自分のケアに対する焦燥感を省みつつ,その疑問が解決するヒントをたくさんいただきました。
心のどこかで,多分わかってもらえてないから・・・と決めつけて毎回同じケアしか繰り返していない事を反省し,その方のちょっとした行動の変化にもいろんな意味があることを理解する視点を持って,これからのケアに役立てていきたいと感じる有意義な時間でした。
IMG_0025.jpg

 

★たび丸

2アップ3ダウン運動

  皆様「2アップ3ダウン」という言葉をご存じですか。

最近、企業や地方自治体などで積極的に呼びかけているのを目にした方も多いかと思います。

「2アップ3ダウン」とは、階段を使って歩ける程度の移動であればエレベーターを使わずに

歩こうといういう意味の言葉です。

省エネのための活動として呼びかける言葉として使われていたりします。

具体的には2階くらいまでの上階なら階段を上がり、3階くらいまでの下階なら階段を

歩いて降りようという呼びかけで、厳密な縛りはありません。

                                        

 また省エネという側面より気軽に適度な運動ができるのでメダボリックシンドロームの解消

など健康増進面でも期待できるのでおすすめです。

「2アップ3ダウン」はささやかですが環境にも自分にもうれしい運動です。

皆様も階段をみたらこの言葉を思い出して実行してみてはいかかでしょうか。

 

 

すぅ

便秘解消 第3弾

みなさま、こんにちは^^

看護部バンキシャです。

今回は、便秘解消のためのお役立ち情報を入手してまいりました。

今回のポイントは「お腹と対話する」です。

私もそうなのですが、便秘傾向にあるときには、「とにかく溜まっている便を出したいんです」と

まるで厄介な部品のように思ってしまう傾向があります。

これは、便秘という問題だけに意識がとらわれていて、本来のお腹の気持ちが

わからない状態なのです。

 

お腹に手を当て、お腹の状態が今どうかな?と感じてみることを続けていると硬かったお腹が

柔らかくなってくるそうです。

(コロンハイドロセラピスト・斉藤早苗さんの経験談より)

柔らかくなっているということは、緊張が取れているということですから、当然腸の動きも

よくなっているということです。

 

では、どんなふうにお腹と対話するのか?具体的にご紹介いたします。

まず、リラックスできる状態で、TVなどを見ながらではなく

「お腹に意識を集中してみましょう」

その時に、冷たいか、温かいか、硬いか柔らかいか、感じてみてください。

そこで、冷たいのはいけないのでは?とか硬いのはよくないのでは?などの判断を

入れないようにします。

ただ感じてみるのです。

想像は膨らませません。自分のお腹がどんな感じなのかをありのままに感じてみましょう。

そして「今日も一日お疲れ様。有難う!」と言って対話を終えます。

お腹を触ってただ感じてみることは、自律神経を整えることに繋がると感じます。

こうやって1日1回お腹とコミュニケートすることが、ストレスを緩和させ便秘解消に

繋がるようです。お試しください。

**********************************

かのブルース・リーも言ってました。

「Don't think! Feel!」

「考えるな!感じろ!」

ただ感じてみるだけというのが、リラックスのポイントなんですね^^

 

看護部バンキシャ

 

 

1月19日は何の日??

1月ももう半分が過ぎましたが、みなさんは「今日が何の日」かしっていますか?熱唱する.png

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「のど自慢の日」で、1946年1月19日のラジオ番組で誕生しました。

「のど自慢素人音楽会」という番組名でNHK東京放送会館(現在日比谷シティの場所

で18時からス1時間半の公開放送をスタートしました。

1970年4月から現在の「NHKのど自慢」に名称変更されている。

第一回は900人の応募者から予選通過者はたったの30人!!難関だったんですね!!

子供仲良くカラオケ-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在も放送している長寿番組の1つですね~!!

最近岡山県にきたのは2014年の2月と11月にあったみたいです。

今度開催するとなったら参加してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ヤクゾウ★

今年のお節料理。

2016年が始まって2週間ほど経ちますが、今年のお正月で提供したお節料理は写真のような感じでした。

 sIMG_1254.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月2日の昼食に提供したお雑煮とお節料理です。

今年は申年なので猿の絵のかまぼこ、申の字が入ったかまぼこです。

 

 お節料理の「節(せち)」とは「節日(せちにち)」のことを指すそうです。

なのでお節料理(=御節料理)は、節日のための料理のことで、現代では節日の中でも特に正月のために用意する料理をお節料理と呼んでいます。

お節料理には意味や言われがあり、写真のお節料理の中では、

・海老は海老の腰が曲がっている姿から、腰が曲がるまで長生きするようにという長寿のシンボルとして。

・数の子は子沢山(こだくさん)、子孫繁栄(しそんはんえい)。

といった意味や言われがあります。

 

伝統的なお節料理、これからも大切に受け継いでいきたいなと改めて思いました。

 

らんか

関わり続けていくこと 

医療の現場で働き始めてから、もうすぐ4年が経ちます。

地方で育った私は社会人になってから初めてこの職業を知り、全く違う分野から覚悟を決めて、社会人から学生へと戻り、現役生と肩を並べながら授業に実習に臨みました。

なぜこの職種を選んだかというと、心と体の両面から関わりたかったから。

中でも、とりわけ譲れなかったのは、精神分野に関わりたかったということです。

理由は3つあります。

 ・精神疾患を持つ人が周囲にいて、その人たちの苦悩をずっとみてきたこと。

 ・精神科の長期実習でバイザーの先生がとても親身に指導してくれたこと。

 ・べてるの家という場所で、当事者さん達が毎日もがきながらも、生き生きと生活する姿を見て、精神障害に対する希望を感じられたこと。

地元の精神科の求人は少なく、中でも地域で暮らすことや社会に復帰していく過程に携わることを希望していた自分は、社会復帰に力を入れている病院で働きたいと思い、全国に視野を広げました。

そんな中で万成病院と出会い、ひまわり寮が社会復帰に力を入れている記事を見て、ここで働くことを決めました。

 

実際の日々は、先輩方から教わることも未だに多く、まだまだ未熟な自分がいます。

そして何よりも、当事者である患者さんが、一番大切なことを、毎日毎日教えてくれます。

だから、敬意と、優しさと、その人を支えていく強さの3つを、いつも忘れないように心掛けています。

しかし、時には、あえて厳しいことを静かに伝えて、一緒に考えていかなければいけないこともあります。

 「一緒にいい方法を考えていこう」、「一緒に取り組んでみよう」、「一緒に振り返ってみよう」

苦しい作業ですが、その人がよりよい生活を送るためにはとても大切なことであり、少しずつ伝えて向き合っていけるように、関わりや活動を通して援助していきます。

 

そして患者さんたちの努力のひとつひとつに、必ず、いつも感謝や労いの言葉を、出来るだけアイメッセージとして伝えるようにしています。

 「今日も来てくれて、嬉しかったよ」、「顔が見れて、良かったよ」、「話しをしてくれて、ありがとう」

 「順位に関係なく、最後まで自分なりのベストを尽くしてくれて、嬉しかったよ」、

 「無理せず、しんどいと教えてくれて、ありがとう」

 「自分の体調をちゃんと考えて、途中できちんと休憩をとってくれてありがとう」

 「最後まで参加できたね。私はとても嬉しいよ。」

 

たくさんの困難も提示してくれますが、一番力をくれるのも当事者である患者さんなのです。

 

最近、仕事抜きにして一知人やボランティアとして地域で暮らす当事者さんと関わる機会を持つようにしています。

当事者さん達とのそんな関わり方は、賛否両論ありますが、でも多分、自分はそれをライフワークとして望んでいるのだと思います。

 

そんな中で、関わった当事者さんからもらった、最近一番の元気を紹介して、ブログを締めくくりたいと思います。

当事者さんが描いたポストカードです。

ゆるさと、ほっこり具合と、気取らない言葉がなんとも絶妙(^^)

思わずの衝動買いでもありますが、満足のいく衝動買いだと自負しています♪

 sだいじょうぶIMG_20151222_065709.jpg

  sありがとうIMG_20151222_065741.jpg

       

5枚ほど一気に大人買いして、その中から特に気に入っている2枚です。

一枚一枚が手書きなので、全く同じものは1枚もないんですよね♪

撮り方が下手で、写真がちょっと暗くなってしまいましたが。。。 実物はもっと素敵です(^^)

  

締めくくると言いつつも、最後にもう一つだけ。。。^^;

精神障害と向き合い続け、当事者である患者さんと関わっていくなかで、

忘れたくない姿勢というか、大切にしていきたいことを書きます。

 「充分、限界まで頑張っている人には、更に『頑張ってくださいね』という言葉はかけない。

 『頑張ってくださいね』 ではなく、『「頑張っているんですね』 という言葉を選ぶ。」

細かいけど、常に相手のことを考えた関わりをこれからも続けていきたいと思います。

長文を最後まで、ありがとうございました(^^)

 

 

 

 

防災訓練

平成27年12月22日(火)15:00より南海トラフ地震を想定した防災訓練が
万成病院で行われました。

今回の訓練は南海トラフ沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、岡山市でも
震度6強の地震が発生したとの想定で行われ、職員、患者さんら総勢70名が参加しました。
訓練内容は自衛消防隊を編成しての行動訓練、無線機を使用しての情報伝達訓練
などです。

 

地震警報が鳴ったあと身を低くする、机の下にもぐるなど、落下物から身を守る態勢で備えます。

初期対応s.jpg

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

自衛消防隊本部隊(災害対策本部)と自衛消防隊地区隊を編成し、情報収集に努めます。

P1040560.jpg

S.jpg 

 

 災害現場では 地区隊長の他、避難誘導班、応急救護班、安全防護班、初期消火班などの各班が それぞれの役割を行います。

P1040566s.jpgP1040583s.jpg

 

P1040577s.jpg

 P1040585s.jpg 

 

P1040592s.jpg

 P1040595s.jpg

 

防災訓練は毎年1回行われており、今年で7回目になります。
職員の防災への意識も年々高くなり、訓練の質も上がってきており
参加した職員は真剣な表情で取り組んでいました。

来たるべき大災害に備えて万全の態勢で対応できるよう
これからも訓練に取り組んでいきたいと思います。

 

防災委員会

「新年のごあいさつ」

 新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
 今年は「断らない病院」と「地域スポーツ支援」に頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
                               平成28年 元旦
140407小林院長_24_R_R.JPG
小林建太郎_R.jpg

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。