2016年8月アーカイブ

万成病院夏祭り2016を開催しました。

厳しい残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

8月20日(土)に恒例の万成病院夏祭り2016が開催されました。

今年もゲストに谷万成民謡クラブの皆様、岡山シーガルズチアリーディングの皆様にお越しいただきました。

また、地域の皆様や子供たちも来場くださり、盛大な祭りを開催することができました。

 sP8200847.jpg

小林院長の開会のあいさつに続き、オープニングでは谷万成民謡クラブの皆様が花笠音頭、きまぐれ道中を披露していただき、夏祭りも開幕です。

その後、患者さんやスタッフも踊りの輪に入り、夏の夜のひと時を楽しむことができました。また、出店や子供向けのゲームコーナーも大好評でした。

 sP8200857.jpgsP8200861.jpg

 sP8200837.jpgsIMG_1278-1.jpg

 

岡山シーガルズチアリーディングの皆様にも華やかで息の合った演技を披露していただき、夏バテを感じる中、みんな元気をいただきました。

 sIMG_1304.jpgsIMG_1326.jpg

 終盤は谷万成民謡クラブの皆様に花火音頭の披露と花火の共演です。

風がやや強く全部の花火を見ていただくことが出来ず残念ではありましたが、花火が上がるたびに歓声も聞かれ、夏の夜空を美しく飾ることができました。

 多くの皆様にご支援、ご協力をいただき、楽しい夏祭りを開催することができましたことに感謝いたします。

ありがとうございました。

 

matt

「急変時の対応」研修がありました

「急変時の対応  ~新人でも大丈夫~」   看護部教育委員会 研修会      於第1会議室

            講師中村主任                      平成28年8月3日(水)

 sIMG_2846.jpg

体験しよう!  CPR(心配蘇生法)  AED            参加者 35 人 

イザという時、やはり新人にとって 夜勤は不安!!                                                       sIMG_2848.jpg

「急変時、あなたならどうする?」 

<反応の確認・応援要請>

~さん  ~さーん  」肩をたたきながら・・・  

返事がなければ大きな声で応援を求める

呼吸をしているか?

胸部圧迫開始                   sIMG_2849.jpg

強く(深さ5㎝以上)                                      

早く(100回/分以上) 

絶え間なく

 

 

 

(中断は最小限)   

 

  

感想より

・実際に体験をすることにより、次にどうしたらよいか頭に入りやすかったです。再確認を日ごろから行い実際にいかしていきたいです。

・実際の場面で対応できるようにドクターコールの番号、対応方法を頭に入れなおそうと思いました

・とてもわかりやすかった。夜勤から離れていることもあり、流れの再把握ができすごく勉強になりました。臨機応変できるよう、スキルアップも目指  

 したいと思います

 

 

 

さくら&ひだまりのモモ                                                              

     

 

 

 

 

 

                                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏寿司。

s20160812夏寿司.jpg

先日の昼食で夏寿司を提供しました。

今回の夏寿司は、きゅうり、鮭、奈良漬、カニかまぼこ、卵を寿司飯の上に盛り付けました。


夏の寿司、他にはどんなものがあるのか調べてみたら、みょうが、大葉、オクラ、れんこん、生姜、枝豆、とうもろこし等の夏野菜を盛り付けるレシピ等がありました。

海老や鮭や穴子やウナギと共に、夏なのでさっぱりとしたお寿司に...というのが多くみられました。


ちらし寿司が誕生したのは今から約350年前、備前(現岡山県)藩主池田光政が「一汁一菜令」(おかずは汁もの以外一つだけ)という倹約令を出したのに庶民が反発し、おかずをご飯に混ぜたのが始まりだと言われています。

様々な食材を盛り込むことで健康を願う意味もあり、その後はお祝いの席で食べられるものとして定着したようです。


具材に変化をつけたりして、今後も散らし寿司や盛り合わせ寿司等を提供していきたいと思います。


らんか

涼を味わう ~レトロなスイーツ~

スイカを井戸水で冷やしていただく。

それでおいしく食べれていたころの昭和。

IMG_1.JPG

連日のこの暑さ。こんな猛暑がやってくるとは・・・・・。

今より涼かった良き昭和の頃のお手軽手作りスイーツ(その頃はおやつかな)といえば

プリン  シャービック  フルーチェ・・・・・

CMから流れるそれらは実に美味しそうで、魅力的で「あれがいい」と言っては、母に作ってもらった。

そう、これらの商品は今も健在。

 IMG_4.JPG   IMG_3.JPG    IMG_2.JPG

プリンやシャービックは濃厚牛乳を加えればコクがまし、フルーチェはフルーツを添えればまた違った楽しみ方が。

暑ければそれなりに涼の楽しみ方も様々に・・・。

 

 

 

  Mチョコ

谷万成町内盆踊り

8月11日、『山の日』に当事業所ひまわりでは、谷万成町内会の夏祭り

「谷万成町内会盆踊り大会」に出店させていただきました!!

ヨーヨーつり、ひまわりベーカリーの2店舗の出店です。

お昼頃からみんなで集まり、ワイワイ準備を行いました☆

準備が終わると、お祭り・・・の前に夕食には流しそうめん!!

就労ひまわりでは、すでに今年2度目の流しそうめんですが、竹が大活躍です。

この竹は、スタッフのМさんが故郷長船町の実家の裏山から切り出してきた竹です。

 

 sIMG_1573.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうめんの他にも、きし麺、うどん、そば、白玉など、どんどん流れていきます。笑

 

 

 

 sIMG_1572.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用者様、スタッフ共々、竹に列をなし、そうめんが流れるのを待っています!

白玉は箸で掴むのが難しく、たくさんザルに溜まっていくのでねらい目ですね。

きな粉に付けておいしくいただきます☆

デザートにフルーツポンチと、とっても甘いスイカを頂きました。

このスイカは、日本一の駄菓子売り場の㈱大町 秋山社長が

毎年、自ら育てて、ひまわりに贈呈してくださっています。

お腹もいっぱいになったところで、夏祭りです!!

 

 

 

sIMG_1574.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町内の方々やたくさんの子どもたちで大賑わいでした!!

ひまわりベーカリーはすぐに完売!皆様ありがとうございます☆

 

 

 sIMG_1575.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーヨーすくいも、チビッ子達の「やったー」「これが欲しい」と

歓声が上がり、大いに盛りあがりました!

 

抽選会まで楽しみ、終了です!!

町内の皆様楽しい時間をありがとうございました☆☆☆

 

 

 

choco

今日は何の日??

 8月始まったばかりだというのに35℃が毎日続いています・・・。暑いですね。

熱中症には気を付けましょう!!そんな自分が一回すでになりました・・・。大変苦しかったです。

こまめな水分補給と休憩はしっかりと取ってくださいね!

                                                                                      プール-2.jpg

 暑い中色々レジャーなど出かける方もいると思いますが、涼しい館内で休日を過ごして

みてはいかがですか?

本日8月10日は世界的に有名な美術館「ルーヴル美術館 開館」した日なんです。

パリにあるフランスの国立美術館「ルーヴル美術館」は世界最大級であるとともに世界最大級の史跡でもあります

収蔵品380,000点以上で、世界で最も入場者数が多い美術館で毎年「800万人」を超える人々が訪れています。

ルーヴル美術館は、フランス王フィリップ2世が12世紀にもともと要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)に

収容されています。歴代フランス王宮として使用されていましたが、1682年ルイ14世が自身の王宮を「ヴェルサイユ宮殿」

を選び、ルーヴル城(ルーヴル宮殿)の役割は収集されてきた王室美術コレクションの収蔵・展示場所となりました。

そして、フランス革命下の憲法制定国民議会でルーヴル美術館をフランスが保有する優れた美術品を展示する美術館として

使用することが決まりました。

                                                                                                美術館鑑賞-2.jpg

                                                                                                                                                                                                                                           

 正式に開館したのは「1793年」でしたが、建設の構造上の問題から、一旦閉館し「1801年」に再度開館しました。

フランス皇帝「ナポレオン1世」の時には、美術品が増大していき美術館も名前を「ナポレオン美術館」と改名したことも

あったそうです。その後も美術品は増え続け、8部門に分類されることになったようです.

                                                                                                                                      ナポレオン-2.jpg                          

 

 

 

ヤクゾウ★

笑いの実践^^

みなさま、こんにちは^^

看護部バンキシャです。

今回は、「笑い」といってもいろんな種類の笑いがありますので

笑いの実践と題してどんな笑いを目指したらいいのか?そのことについて調査してみました。

 

日々の中で笑うには「ギャグを言う」という方法があります。

日本古来のカタカムナ研究によると、同じ音の言語は、同じエネルギーを持っているのだそうです。

そういう観点から、日本語は、ギャグを作りやすいそうです。

たとえばこんなギャグです。

「枠をはずしてワクワク~」

「憎い人を許してユルユル~」

「医師が石にハマってさあ大変」

上手なギャグの作り方は、愛を持ってその時の状況を観察することです。

ブラックユーモアは、相手に冷ややかに水をかけるので一瞬笑ってもその後に「しら~~」っと

寒い空気が流れます。

笑いの目的が、相手より優位に立ちたいとか、相手を馬鹿にしたいと思う気持ちからだと

みんなを楽しく笑わすことができません。

面白いギャグは、相手への尊敬の念が入っているので拡がりがあります。

聞き間違いは、それぞれの人生経験の思い込みからくるものが多いのです。

聞き違いをとがめる目線ではなく面白がる目線でとらえてみましょう。

誰もが笑える天然の笑いが生まれます。

 

最後にネットより抜粋した笑いネタをご紹介します^^

●ムササビ●

うちの母は、近所に出没したムササビを「マタタビが出た~~」と言っていました。

ご近所のおばちゃんたちもみんな、マタタビと間違えたまま話に花がさいていました

●サバイバルなメール●

病院に入院していた親戚のおばさんをお見舞いに行った母からメールが来た。

「天敵も昨日からなくなり、明日には隊員になるそうです」

(^_^;)天敵がいなくなったのなら隊員にならなくてもいいと思う・・・(笑)

ずいぶんサバイバルな入院生活だったようですね!

(OKweb「母の面白い間違い」より引用)

おあとがよろしいようで~~~^^

 

 

看護部バンキシャ

 

 

全病棟カラオケ大会開催!!

7月27日に全病棟カラオケ大会を行いました。

いつもは、各病棟でカラオケをしていますが、年に1回、大勢の前で自慢の歌を披露する場を設けています。

さて、今回は、どんな素敵な歌が飛び出すのでしょう!!

司会者1.jpgまず、午前中の司会者の紹介です。

午前の部を担当してくれた2人です。

サングラスがが決まってるでしょう。

若い二人が場を盛り上げながら、会が始まりました。

 

 

 

最初に歌うのが、スタッフによる出し物。人気アイドルグループの『恋するフォーチュンクッキー』。

この曲は、男性スタッフと患者様のユニット「カマーズ」を結成して約3か月前から、コツコツとダンスの練習をしてきたもの・・・

だったのですが、な、なんと男性スタッフが当日2日前にまさかの急性胃腸炎!大ピンチです!!

どうする!?

そこで現れたのが、うら若き女性スタッフ2人。

なんてことなく、「その曲、踊れるので、(患者様と)一緒に踊りますよ」と素敵すぎる言葉をいただきました。

この曲を練習なしで、踊れるなんて。素晴らしすぎる。若さって素敵♪

ということで、無事にスタッフの出し物が披露することが出来ました。

 スタッフ歌1.jpg

遠目なので、楽しさが伝わりにくいかもですが、これでも盛り上がったんですよ。

踊りもばっちり。写真には、写っていないけど、患者様も頑張ってくれました!!

 

 

 

さて、カマーズの出番が終わると、本格的に患者様の声披露です。

みなさん、練習をしてきた歌を緊張しながらも、しっかりと歌ってくれました。

今回は、高齢者の病棟の方も参戦。若者に負けず劣らず、とても素敵な歌声でした♡

お届け出来なくて、本当に残念です。

会場からは、「〇〇さん、頑張って~」「いいよ~」など、声援が出て、歌う人と会場が一体になった感じで盛り上がりました。

 また、来年も患みんなで1.jpg者様が楽しんでもらえるようなカラオケ大会を企画したいと思います。

 最後の写真は、カラオケ大会に参加をしたスタッフ一同です。

よく見ると、怪しそうな人もいますが、楽しいメンバーでしょう。

 次回の行事は、文化祭☆

またまた、このメンバーで楽しい時間を作っていきたいです。

 

 

 

 

 

tonmo

 

 

夏祭りのお知らせ

夏祭りのお知らせ

今年も下記のとおり夏祭りを開催致します。盆踊りやチアリーディング、出店など患者様・ご家族様共に楽しんで頂けるような企画を準備しておりますので、お気軽にご参加下さい。

日 時 : 820日(土)18時00分~  雨天中止

場 所 : 万成病院 駐車場

テーマ :「ひろがれ笑顔!2016夏祭り」

※ 出店をご利用の方は、当日受付にてチケットをお買い求め下さい。

※ 駐車場に限りがありますので、なるべく公共の交通機関をご利用下さい

※ 内容が一部変更される可能性がありますので、ご了承くださいませ。

                                                     事業部

 

natu.png

                   

就労ひまわり 流しそうめん

7月末に就労ひまわりでは、毎年恒例の『流しそうめん』を行いました。

スタッフが長船から取ってきた竹を使い、手作りで作成しました!

 

 sIMG_5716.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像以上に大変な作業でしたが、完成した時の感動はその分大きなものです。

 

 

sIMG_2723.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 流しそうめんは昭和30年に宮城県で始められたと言われているそうです。

歴史は意外と浅いようですが、暑い夏に涼を得るにはぴったりのイベントです。

 

 

 

sIMG_2332.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうめんの他にも、キュウリやトマト、フルーツ缶、ピオーネにわらび餅を流しみんなで楽しく食事しました。

やはり、上流の方が食べてしまい、下流にはまわってこないとの声も多く、途中で場所を変わりながら行います。

一番の穴場はそうめん流しの最後、ざるですが・・・笑

15名ほどで、約50束のそうめんをたいらげ、満腹で終了です!

この食欲で暑い夏を乗り切ります!

みなさんも暑さに負けず、夏を楽しんでください。

 

 

choco

白桃の季節。

sIMG_3410.jpg 白桃がおいしい季節になりました。

我が家でも白桃を買いました。

 

白桃は、岡山の瀬戸で偶然優良品種の桃が大久保重五郎により発見されたのだそうです。

完熟しても果皮が乳白色であることが命名の由来のようです。

そして白桃の白い皮の秘密は「袋掛栽培」によるものなのだそうです。

まだ桃の実が青く小さな時期に手作業でひとつひとつの桃に袋をかけていきます。

こうすることで直射日光に当たって実が硬くなってしまうことを防ぎ、害虫からの保護、雨風により実を傷つけてしまわないようにしているそうです。

直射日光に当たっていない桃は色づかないので、白いまま。

そしてそれが白桃のなめらかで上品な甘さの秘密なのです。

 

食事で提供しているのは黄桃の缶詰が殆どです。

黄桃は黄肉種と呼ばれ、殆どが缶詰に加工されていますが、近年では生でおいしく食べれるゴールデンピーチなども誕生しているようです。

 

今年も岡山の桃を堪能したいと思います。

 

らんか

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。