2017年5月アーカイブ

ひまわりカフェ ~薬剤師によるお薬講座~

ひまわりでは毎月第4水曜日の10時から『ひまわりカフェ』を開催しています。

地域の方々をお招きし、様々なテーマで茶話会を行っています。

今回のテーマは『薬剤師によるお薬講座』第1回目です!

万成病院 薬剤師 森本宏を講師として、薬の飲み方や基本的な知識について和気藹藹と相談会を行いました。

「勉強になりました。」

「続けて第2回をして欲しい!」

「薬について相談できる場がなかったからありがたい。」

等、皆さまからありがたいお言葉をいただき、さっそく次回のひまわりカフェは

『薬剤師によるお薬講座Part2』とさせていただきます。

次回はお薬手帳をお持ちいただき、実際に服用されている薬などの相談にものらせていただきます。

6月28日水曜日、午前10時より行いますので、皆さまお気軽にご参加ください☆



ひまわり

第15回「地域公開セミナー」について

当院で毎年行われている、第15回地域公開セミナーが5月27日(土)14時から開催されました。

DSCN1621.JPG

 テーマは「暮らしの中のやさしさと思いやり 〜看護はこころのふるさと〜」と題し、

講師は前万成病院 看護教育課室長 看護師 笠井定子先生と前万成病院 看護教育課課長 看護師 坪田和美先生の

お二人をお招きし看護論について講演して頂きました。DSCN1624.JPG

1つ目は「暮らしの中に看護」について、先生の看護経験の体験談やナイチィンゲールの考え方などについて説明してもらい、

2つ目は「やさしさと思いやり」で看護者の人間観についてと看護師が学ぶべきA B Cについて講演がありました。

このA・B・Cは

A 病気の人間とはどういう存在であるかを知る

B 病気の人間に対してどのように行動すべきかを知る

C 自分の患者は病気の人間であって動物ではないとわきまえることである

看護学校時代、お二人が教師として生徒へ看護師としてあるべき姿を教えていたことなど、ユーモアを交え説明してくださり

とても理解しやすかったです。

職員一同、今後の看護にいかせていけたら思います。

 

                                                                                                                                                                                              教育委員会

 

 

食事バランスガイド。

 栄養課事務所の前の廊下に食事バランスガイドのポスターを掲示しています。

sDSC_0135.jpg

「食事バランスガイド」とは、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかを考える際の参考に、食事の望ましい組み合わせとおおよその量をイラストでわかりやすく示したものです。

健康で豊かな食生活の実現を目的に策定された「食生活指針」(平成12年3月)を具体的に行動に結びつけるものとして、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が決定しました。

日本の伝統的玩具であるコマの形を使って、1日に食べるとよい目安の多い順に上から「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」という5つの料理区分で示されています。

コマの形で示すことにより、食事のバランスが悪くなると倒れてしまうこと、コマは回転(=運動)することにより初めてバランスが確保できることから、食事と運動の両方が大切であるというメッセージが込められています。

また水・お茶などの水分も1日の食事のなかで欠かせない身体の主要な構成要素という意味からコマの軸として、菓子・嗜好飲料は「楽しく適度に」というメッセージを添えてコマのヒモとして表現されています。

「何を」にあたる「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つの料理区分を、「どれだけ」食べたらよいかは「つ(SV)」という新しい単位で示されています。

これは「1つ」「2つ」と指折り数えやすい「つ」と、1回あたりに提供される食事の標準的な量である「サービング(SV)」という単位が組み合わされたものです。

主食はごはん・パン・麺などであり、副菜は野菜・いも・海藻・きのこを主材料とする料理、主菜は魚・肉・卵・大豆・大豆製品を主材料とする料理のことをいいます。

主食であればごはん小盛(100g)、食パン1枚は「1つ(SV)」、ごはん中盛(150g)は「1.5こ(SV)」、麺類は「2つ(SV)」のように、原則として誰にでもわかりやすい量になるように決められています。

野菜・いも・海藻・きのこを主材料とする副菜であれば、小鉢1個分が「1つ(SV)」となります。

肉・魚・卵・大豆製品の料理である主菜は、卵であれば1個分使った料理が1つ(SV)、魚料理は標準的な1人前が2つ(SV)、肉料理は1人前が3つ(SV)となります。

まずは大雑把にとらえて各料理区分の「つ(SV)」を覚えていただき、1日の食事のバランスを振り返るためのツールとして日常生活に気軽に取り入れ活用してもらえたらと思います。

 

話は変わりますが、今月アラスカ飯と五月寿司を昼食に提供しました。

s20170512五月寿司.jpg

写真は五月寿司です。

ふきとアラスカ豆を寿司飯に混ぜて作りました。

ふきやアラスカ豆を使用した献立はこの時期しかないので、5月だな、と感じました。

今後も旬の食材を使用した食事を提供していきたいと思います。

 

らんか

 

こむらがえりとは・・・・

 あっという間のゴールデンウィークでしたね。。旅行ぴょこ-1.jpg

 

 皆さんは何かしたり、どこかに行ってみたり、のんびり過ごしたり、一気にやりたいことやってみたりと

色々な過ごし方をされたのではないかと思います。

珍しくよく晴れた日ばかりでした!!空気が乾燥し、気温も高く暑い日でしたので、夜中に

「こむらがえり」された方いませんか?

 こむらがえり-1.jpg

 

 今回は以外に知られてない「こむらがえり」について書いていきます。

突然ふくらはぎなどの筋肉が痙攣を起こし、激しい痛みに見舞われ地域によっては「からすがえり」

とも「からすなめり」などと言われています。

通常の「こむらがえり」は腓腹筋からあしゆびにかけて起こる「有痛性筋攣縮」を言います。

ですが、中には脛、太腿、腹筋、肩や首など上半身にまで出現し、痛みに悶絶している方

いるそうです。痛みが激しい場合は、「こむらがえり」した後は数日間痛くて動けない、夜またおきるのでは

と怖くて眠れないという方もいて、痛みが人それぞれ違い、深刻化しているようです。

一体原因はなんなのか??

残念ながら詳しくはわかっていないのです。臨床的には、

①運動不足の人が運動を頑張った後の疲労時

②寝不足時

③脱水状態や、血液の電解質異常時  などの時になりやすいとされています。

主な原因は「血」の不足と考えられています。局所の血流の低下・循環不全も原因になります。

 

これに有効とされているのが、「芍薬甘草湯」がよく効き、しかも速効性で5~10分程度で症状が改善した

ということもよくあります。

 -1漢方薬.jpg

ですが使用にも注意が必要です。漢方には副作用がないというのは「迷信」です

きちんと薬剤師に質問や、注意点など確認してください。(他の薬や、漢方との飲み合わせなど)

日頃からよく明け方になるという方、一度ドクターまたは近くの薬局に相談されてみてもいいかと

思います。ぐっすり眠れないと疲れはとれないですから・・・

薬局-1.jpg薬局うけつけ-1.jpg

 

 

 

ヤクゾウ★

 病院の近くでイノシシがも目撃されニュースにも取り上げられていました。

実際に会うと怖いですし、どう対処したらいいのかと悩みますが、イノシシ達も山にエサがなくて困っているのかなと思います。

人間も動物も悩みは違えどお互いに苦労しているんだなと感じました。

話は変わりますが、この間ニュースを見ていると某建物に「カラス侵入禁止」という紙を貼ると建物に入ってこなくなったそうです。

このニュースを見てから少しカラスに興味が湧きました。

皆さんカラスに対してどういうイメージをお持ちですか?

体が黒くて不気味、ゴミをあさって迷惑などマイナスイメージが多いのでは?

でもわざわざ自分で調べてまで生体を知ろうとする人は少ないですよね。(カラスが大好きな人はすいません...。)

今回簡単ではありますが調べてみました。

まず、知能は5~6歳児程度。性格はとても臆病な性格。基本的に巣に近づかなければ人間には興味がない。

大人になったら巣立ちをしますが、ご飯が食べられなくて、親たちの餌を食べに来ては怒られ、また出て行く。それも長くて半年。らしいです。

どうでしょうか?少しはイメージが変わりましたか?

こういう情報を知っていると少しはカラスにも優しくなれるのかなと思いました。

皆さんもカラスを見かけたら「お前たちも大変なんだな。」と思ってあげてください。

 

 

 

イノカラ

 

いつになったら当たるのか

 皆様が夢見て購入している宝くじ、私も幼い時から幾度もチャレンジをしてきましたが未だ・・・。現在当選金額は徐々に上がり最高当選額が10億円になっています。不意にいつになったら当たるのかを確かめたくて調べてみました。

年末ジャンボ宝くじで2000万分の1で10億円が当選するようです。毎年100枚ずつ購入しても約547年かかり生涯寿命が80歳としても約7回人生を送って当たる計算だそうです。事故にあう確率が1万分の1、地球に隕石が落ちる確率が2万分の1、雷に当たる確率1000万分の1で・・・ん~難しいですね。

ちなみに一回の販売枚数は1ユニット2000万枚を25ユニット販売しているようです。すべてを購入すると1500億円かかるそうです。すべてを購入した際の当選額は約750億円で半分は戻ってくる計算ですね。1ユニット購入で1等が必ず当たるそうです。60億円持っている方は是非購入を・・・。

私は数枚を購入して、もしかしたら当たるかも!!あたったら何をしよう!!と考える数か月が一番の幸せかもしれません。

調べている時に知ったのですが、私たちがこの世に生まれる確率は250兆分の1だそうです。

皆様お金と命は大切に人生を楽しんでいただけると光栄です。

 

 

 

ヤマ

満たされる とき

 

 

ひまわりホームの庭が緑まぶしい季節。

 

 sホーム前の緑290508.jpg

 

 

日頃、多彩な活動をされているメンバーさん達にも、

 

ゴールデンウィークが訪れました。

 

 

いつも堅実に暮らしている皆さんに

 

日常のアクセントとなるようなイベントを提供したい。

 

全員に希望をうかがった結果、

 

今回は中華料理のバイキングに決定。

 

さっそくクレド20階にある

 

『ブッフェ グランチャイナ』に行ってまいりました。

 

sグランチャイナポスター290503.jpg

 sグランチャイナ入口290503.jpg
 

居心地のよい店内には


前菜、炒めもの、点心、麺類、お粥、炒飯と本格中華が並びます。


野菜たっぷり派、バランス重視派、


とにかく山盛り派、小食精鋭派、餃子狙い派と


食べ方は十人十色。

 


 

それぞれその人らしさが垣間見え、


それだけでもお互いを知る貴重な機会となります。

 


 

さらにはなんと握り寿司の食べ放題まであり、


皆さんすっかりお腹も心も満たされました。


 

 

 

食後には20階からの眺望とともに


皆でのんびりと会話を楽しむデザートタイム。


 sグランチャイナ眺望290503.jpg

 

これぞ休日の正しい過ごし方!という感じです。


 

 

 

 

満足したお腹を抱え、お次に向かったのは


家具・インテリア・生活雑貨でおなじみのニトリ。

 

夏仕様の商品が並んだ店内では


自然とイグサの枕やクッションに手が伸びます。

 


 

 

そしてなんと言っても今回の目玉は収納用品。


今、ひまわりホームでは


室内空間の効率よい使い方について

 

スタッフが提案中です。

 

スタッフと相談しながら引出収納や押入れ用伸縮棚を


購入したメンバーさんもおられました。

 

 


 

収納用品を手にしたメンバーさんは


明らかに片付けスイッチが入った様子。


誰に促されるでもなく毎日コツコツと整理整頓を進められ


お部屋が見違えるように変身しました。

 

 s整理整頓概念図290509.jpg

 


 

ショッピングはそれ自体ももちろん楽しいもの。


それが、生活を変える小さなきっかけとなり、


メンバーさんに自信と幸せをもたらしてくれるなら、

 

そんな素敵な事はありません。

 


これからも私達はメンバーさんのために


よりよい支援を心がけます。




ポンム

 

バランスの良い食事。

栄養課事務所近くに6つの基礎食品群の図を掲示してあります。

sDSC_0136.jpg

6つの基礎食品群とは、食べ物を栄養素ごとに6つに分類したものです。

この食品群からまんべんなく食材を選び、毎日の食事に取り入れていけば栄養バランスの良い食事をすることができます。

どのような食品をどのように組み合わせて食べたら良いか、分かりやすく覚えるために考案された分類法です。

栄養指導などでも使われています。

 

群ごとに見ていきたいと思います。

 1群:魚、肉、卵、大豆製品→たんぱく質の供給源で、骨や筋肉を作ったりエネルギー源となる。

 2群:牛乳、乳製品、小魚、海藻→カルシウムの供給源で、骨や歯を作ったり体の各機能を調節する。

 3群:緑黄色野菜→カロチン、ビタミンAの供給源で、皮膚や粘膜を保護したり体の各機能を調節する。

 4群:その他の野菜、果物→ビタミン、ミネラルの供給源で、体の各機能を調節する。

 5群:米、パン、麺、芋類→エネルギー源となり、体の各機能を調節する。

 6群:油脂類→エネルギー源となる。

「主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という目標に、量的な目安としては腹八分目が好ましいと言われています。

 

私達は体に必要な栄養素を食品から摂取しています。

全ての栄養素を必要なだけ含んでいる「オールマイテイーな食品」はありません。

またサプリメント(補給食品)だけを摂っていても栄養バランスは崩れます。

日常生活でいろいろな食品を上手に組み合わせることが大切です。

6つの基礎食品群を活用してバランスの良い食生活を送っていきたいと改めて思いました。

 

 

らんか

はじめまして

1494287688185s.jpg1494287693348s.jpg

こんにちは。昨年の11月から歯科でお世話になっています歯科衛生士です。

宜しくお願いします(*^_^*)

写真は、イル・リコッターロというヤギの乳製品を取り扱っている蒜山のカフェです。

先日行って来ました☆

フロマージュは絶品です♪

生の乳製品や栄養豊富な食品はビタミンやミネラルが豊富で、健康な歯、丈夫な歯を維持するのを助けます。

写真は牛ですが、皆さんも是非足を運んでみて下さいね♪

 

 

 

161

 

時間の重要性

 私、朝の時間というものをとても重要と考えております。

大体いつも朝5:30くらいに出社して、全ての申送りと朝のニュース、メールチェック等行っています。

なぜそのような無謀なことを行うかと申しますと、朝は頭が冴えているし、ポジティブに考えることができるからです。

仕事は捗り、また朝に片付けてしまえば、日中の仕事への取組も変わってきます。

ただ朝が大切というのではなく、時間を大切にという事です。

例えば、1人が会議に遅刻することで、会議の始まりが遅れて、出席者全員の時間を無駄にしてしまう事になります。

1人の遅刻時間×参加者分の時間を使用したという理屈です。

時間は有限で、有効に活用する事ができる。人間の人生時間は、約30000日720000時間といわれております。

睡眠時間などを引くともっと少なくなります。

その時間を無駄にしないためにも、時間を守るという事を大切にと思います。

社会人として、人間として、時間に厳格という日本人の美徳として


R.K

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。