2017年12月アーカイブ

年末のご挨拶

本年残すところあと僅かとなりました。 


皆様、年の瀬の寒さに体調を崩されたりなどはしておりませんでしょうか?

おかげさまで万成病院も皆さまに支えられながらも無事年末年始を迎えることができそうです。

今年は、日本経済において戦後二番目に景気がいい年になったみたいです。

雇用統計でも求人倍率1.56倍と高い水準がでています。

良い事ではありますが、反対に考えると「人手不足」という事です。

当然今後日本では、人口も減り、同時に労働生産人口も減っていきます。

国も「働き方改革」と銘打って、政策に乗り出したわけですね。労働基準局・監督署もさぞ忙しかった一年だったのでしょう。

企業も働きやすさを前面にアピールして、人財確保に乗り出していますね、少ない中からよりいい人財を獲得するために鎬を削り合っています。

高待遇の仕事には、人が集まり、逆に悪くはなくとも普通の待遇の仕事では、人が来ない。人が来ないので需要があっても、倒産する。大企業に比べ、中小企業は特に大変です。

もちろん他人事では、ありません。当院も人財確保に重きを置き来年度もプロジェクトの一つに据えております。

頑張って働いてる職員さんが報われるよう、負担をかけないよう、万成病院で働くことを誇れるよう、来年も日々精進して参ります。

 皆様どうぞお健やかに新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。


院長補佐 小林 龍平

柚子とかぼちゃ。

先日の冬至の日、風呂に柚子を入れて入りました。


なぜ冬至の日に柚子を入れて風呂に入るのでしょうか?

昔は今と違って毎日のようにお風呂に入らなかったので、お湯に浸かる事自体がお浄めの意味があったそうです。

そこにさらに香りの強い柚子を入れる事によって、邪気を払うといった意味があったようです。

柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

また「冬至=湯治」「柚子=融通」の語呂合わせとなり、冬至に体を清める「みそぎ」としての風習としても言われています。

柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあります。

さらに柚子には芳香によるリラックス効果もあり、元気に冬を越すために大いに役立ちます。


冬至といえば、かぼちゃを食べる習慣もあります。

冬至にかぼちゃを食べる習慣は江戸時代からと言われています。

当時は、現代のように一年中作物が取れたり保存の技術がなく、動物も冬ごもりしてしまうので、冬を越すのが大変だったそうです。

先人の経験と、かぼちゃは丸ごとなら保存が効くという所から「長生き」という意味や、「運盛り」という縁起担ぎとしてかぼちゃを食べる習慣が始まったと言われています。

さらに「運」をつけるため、かぼちゃなどの「ん」が2つ付く7つの食べ物「冬至の七種(ななくさ)」を食べて「運」を上昇させよう、という風習があります。

 ・南瓜(なんきん)=かぼちゃ
 ・蓮根(れんこん)
 ・人参(にんじん)
 ・銀杏(ぎんなん)
 ・金柑(きんかん)
 ・寒天(かんてん)
 ・饂飩(うんどん)=うどん

なぜ冬至の日にこのような縁起をかつぐかというと、冬至は1年でもっとも日が短い「一陽来復」の日とされており、それ以後は日が長くなり運が上昇し始めるという所から言われています。

かぼちゃを食べて寒さから身を守るという先人の知恵が、徐々に「冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かない」という風習として根付いたようです。


昔の人々の知恵などは凄いなと思いました。

昔から受け継がれていることには意味があり、こういった日本文化の習わしはこれからも長く受け継いでいきたいなと思いました。


最後になりましたが、来年も皆様に満足して頂ける食事を提供できるよう、栄養課一同努力していきます。


らんか

卓球ブーム 到来!?

当院でも高齢化が進み、卓球ができる人が減ってきていました。ところが、最近、"患者様 対 スタッフ" で行っていた卓球が、いつの間にか"患者様 対 患者様" となり、いつの間にか4~5人のグループでお互いにラリーや試合をする姿が見られるようになりました。数年ぶりの光景に、ちょっと感動。世間の卓球ブームが院内にも来たみたいです。

また、スタッフと不安そうに打ち合っていた患者様が、卓球経験者の患者様と打ち合ううちに、どんどん上達され、頼もしくなった姿にもまた感動!!

こんなに楽しそうならと、病棟で卓球大会をしようとの提案をしてみました。患者様も乗り気で、スタッフにも参加してもらいたいと。まだ計画中ですが、する人も見る人も卓球を通して楽しい時間が持てればいいなと思っています。

sIMG_9311.jpg






香里

変化

 

冬の変化はわかりやすい。

そして受け入れがたい。

 

繁った葉が赤や黄に変わり 散ってゆく。

あったものが なくなってゆく。

にぎやかな景色が 寂しくなる。

 

あぁ 冬が来た・・・・・・

と寂しく思う。

 

変化は常にある。

でも冬の変化は受け入れがたい。

 

 


その気持ちを皆で分かち合うために

ホームのメンバーさん達と宝福寺へドライブ。


s-ホームイベント寺IMG_2607.jpg


ついでにサントピア岡山総社の「白煉瓦」にて

ランチバイキングも堪能して頂きました。

 

s-ホームイベントバイキングIMG_0814.jpg


目に見える変化に寂しさとすがすがしさを感じ

それを皆と愉しむことで嬉しくもなる。

 


ゆったりとした空間で心身をやすめ

冬を受け入れた私たちは、

ひまわりホームの畑で採れた冬の青いトマトですら

美味しい浅漬けにしていただきます。


s-ホーム青いトマト.jpg



 

そしてまた皆で畑を耕し、野菜の種植え。

パクチー、スイスチャード、スナップエンドウ、ルッコラ、イチゴ、ホウレンソウ・・・

 

s-ホームスイスチャード.jpg s-ホームパクチーIMG_2588.jpg


冬の野菜の成長はゆっくり慎重。

かわいい芽がいつ顔を出すのか分かりません。

 



しげるロードのツツジも美しい。

舞い散る雪の結晶も美しい。

 

s-ホームしげるロードIMG_2586.jpg s-ホーム雪.jpg



万成病院の敷地内は 冬の宝探しさながら。

今 愉しめる 冬の変化があります。




by ポンム


筋力アップでメタボ改善^^

皆様、こんにちは~~~!!!

看護部バンキシャです。

またまた巷の健康ネタを拾ってまいりました。

最近の研究では、「もう食べ物はいらないよ」という信号を脳に送るメッセージ物質が、

脂肪から出ていることがわかってきました。

ですから、脂肪組織がないと「おなかがいっぱいになった」という感覚がなく

食べ続けてしまうのです。

このように聞くと、「私、脂肪はたくさん付いているのに食欲が止まらないのはなぜかな?」と思う方も

多いのでは?

それは脂肪から出るメッセージ物質がうまく機能していないのです。

それがメタボリックシンドローム。通称メタボです。

脂肪や糖をたくさん取りすぎると脂肪細胞はパンパンに膨らみ細胞に入りきらない油が細胞の外を漂います。

そして細胞壁にポンポンとぶつかるのです。脂肪細胞はこの刺激を受けると

攻撃されているように勘違いし、今度は「敵をやっつけないと!!!」というメッセージ物質を出します。

この信号に反応するのが免疫細胞です。

免疫細胞はこのメッセージ物質と一緒になって増殖し、戦闘状態を拡大します。

この状態が続いてしまうと、本当に敵が(たとえば、ウィルスとか風の菌など)いるわけではないので

代わりに血管や臓器を傷つけます。それが動脈硬化やなどの原因になっているということが

わかってきたそうです。

ところが、この異常なメタボの状態を止める物質が筋肉から出ていることも近年わかってきたそうです。

筋肉を動かすことで異常な戦闘状態を止めることができる、ということは体を動かすことで

脂肪細胞から「もう食べ物はいらないよ」というメッセージ物質が出るようになるそうです。メタボ改善に

運動が良いことの科学的根拠が明確になってきました。

体を動かすことは本当に大事ですね!!!

(参考引用:NHK人体の神秘より)



看護部バンキシャ



クリスマス会が開催されました。

1216日土曜日、毎年恒例のクリスマス会を開催致しました。

午前中は喫茶が行われました。

喫茶の会場はクリスマス一色に彩られ、スタッフはサンタの帽子を被り 赤いエプロンのかわいいウエイトレスに変身しました。

豪華なケーキのケーキセットや、ぜんざいをテーブルに運ぶと 「わぁ!」と歓声がおこり、「ケーキがおいしい。」「まだ食べたい。」などという意見を頂き、来店された患者さまから笑みが漏れていました。

無題.png







 

午後からは演芸会が行われました。

サンタクロースに扮した院長先生の開会の挨拶で、演芸会が開始となりました。

sDSC00894.jpg

岡山芸人の京極さんによるマジックや、バルーンショー、谷万成町内会リフレの会のコーラス、創志学園ハンドベル部の演奏などがあり、楽しいトークや、きれいな音色に耳を傾け、コーラスでは会場の皆さまと一体となり合唱する様子が見られました。

 

sIMG_2411.jpgsIMG_2463.jpg
sDSC01001.jpg

今年のクリスマス会も患者さまから「楽しかった」「よかった」という意見や、

笑顔も頂き、大成功で終えることができました。

クリスマス会が大成功できたのも、各ボランティア団体のご協力があったからだと感じております。

心より感謝しております。大変ありがとうございました。

 

 

事業部


ひまわりカフェのお知らせ☆

就労ひまわりでは、毎月第4水曜日に


地域の方を対象とした『ひまわりカフェ』を開催いたしております!!




sIMG_1914.jpgのサムネイル画像




毎月いろいろな催し物を行っており、今月は今年一年を振り返る


『望年会』を行う予定です☆


12月27日(水曜日)午前10時から開催いたします。


どなたでもご参加いただけますので、お気軽にひまわりまでお越しください!




choco



クリスマス会 12/16(土)開催します!

  毎年恒例の万成病院クリスマス会を平成291216日(土)開催いたします。

当日は喫茶や、演芸会を企画しております。

演芸会では 、谷万成リフレの会の方々、岡山芸人の京極様、創志学園のハンドベル部の方が来られ、演奏や、パフォーマンスを行う予定となっています。

ご家族・地域の皆様向けの喫茶はSTMホールにて12001400の予定となっています。

喫茶のケーキは4種類(イチゴショート、チョコショート、モンブラン、ふわふわスフレチーズケーキ)です。

数に限りがありますが、おいしいケーキや、ぜんざいを用意しておりますので、ぜひご来院くださいませ。

s地域2017A3-1_R.jpg

事業部


嗜好調査の結果

今月の栄養一口メモは10月に行った嗜好調査の結果についてです。

sDSC_0170(1).jpg

平成29年10月1日2日3日に質問回答可能な患者様131名を対象に嗜好調査を行いました。

今回は朝食についての調査を行いました。


①朝のおかずで好きなものは何ですか?

 1位:厚焼き卵、ウインナー(各55人) 3位:ゆで卵(54人) 4位:黒豆(47人)

②朝のおかずの量について教えて下さい。

  1位:丁度良い(85人) 2位:少ない(26人) 3位:多い(8人)

③朝の味噌汁で好きな具は何ですか?

 1位:豆腐(71人) 2位:わかめ(56人) 3位:さつま芋(54人)

④朝の味噌汁の味付けについて教えて下さい。

 1位:丁度良い(99人) 2位:薄い(15人) 3位:濃い(11人)

⑤朝の味噌汁の温度について教えて下さい。

 1位:丁度良い(85人) 2位:ぬるい(28人) 3位:温かい(11人)

⑥ご意見、ご希望。

 同じ食材が多い。すべて冷めている。麺類をきざんでほしくない。おいしい給食をありがとう。 等


<まとめ>

朝食については卵、豆類が好まれていました。

「同じ食材が多い」という意見については、偏ることなく、色々な種類の食材を組み合わせて献立を立てたいと思います。

「すべて冷めている」という意見については、現在温冷配膳車がないため限界がありますが、できるだけ温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供していきます。


栄養課では年に3回行っている嗜好調査の意見を取り入れ、献立作成などをしていき、食事を提供しています。

患者様、入所者様、利用者様に満足して頂ける食事を提供していきたいと改めて思いました。

今回の調査にご協力下さった皆様、ありがとうございました。


らんか

静電気 

 

冬の乾燥した季節に起こりやすい静電気。

先日、車のドアを閉めようとした時に、「パチっ」と当たってしまいとても痛い思いをしました。

そんな時にふと静電気の仕組みと対処はないのかと思いつきました。

多分...というか確実に学生時代に学校で習ってはいるのですが、全く覚えていなかったので調べてみました。
私のように困っていて、自分で調べるのは少し手間という方は是非ご覧になってください。

〇仕組み

 静電気は、「プラス電気とマイナス電気が結合する時に発生する電気の放電」らしいです。

んー難しいですね。

湿度が高ければ静電気は少なくなり、低ければ多くなるみたいです。だから冬に多いみたいですね。

〇対策
 体中の電気を別の物質に逃がし、空気中に電気を発散するようにすれば、静電気は起きにくいらしいです。

簡単なのは売られている防止グッズみたいです。ただ、そこまでできないという方は...

・何かに触れる前に木やコンクリートなどに触っておく

・油っぽい食べ物を控える
などが、対策として挙がっていました。

試せる機会がありましたら、是非お試しください!




ドナコダ



月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。