2018年2月アーカイブ

小さな世界 


グループホームのひまわりホームでは、スタッフとメンバーさん達が協力して、

共有スペースの掃除やメンテナンスに日々取り組んでいます。

玄関、デイルーム、厨房、洗面所、脱衣所、洗濯室 等。


気持ちよい生活空間を維持するために、

心を込めて定期的に掃除を行っています。


s-玄関掃除2 291224.jpg s-玄関掃除291224.jpg

 


その玄関に飾られた、飛行塔型のオルゴール。

s-オルゴール300209.jpg


誰がネジを巻いたのか、

ふと気が付くとオルゴールの音色が流れてくる事も。

その優しい音色は、聴く人を小さな世界へと誘います。


回転する銀色の飛行機に自分が乗り、

ひまわりホームの景色がサーッと後ろへ流れ出す。

幼き頃にワープできる、不思議なオルゴールなのです。

 

そして、ひまわりホームの畑も、今は小さな世界ばかり。

スイスチャードもルッコラも未だこの通りです。


s-ひまわり畑スイスチャードH3002.jpg s-ひまわり畑ルッコラH3002.jpg


寒い寒い冬の中、ゆっくりじっくりの成長ですが、

みんなしっかりと生きています。



By ポンム

いよいよ!!

  まだまだ寒さは厳しいままですが、4年に1度のオリンピックがきました!!

私の中で1番強く残っているのは「浅田真央選手のフリー」の演技です。(ソチオリンピック)

メダルには惜しくも届かなかいであろう順位でのあの演技には鳥肌がたちました!!

金メダルを取った荒川選手や、羽生選手の演技よりも目に焼き付いてはなれないです。

終わった後に、涙を流す浅田選手には感動した記憶が残っています。


 いよいよ平昌オリンピックが開幕します!!

開会式が行われるよりも前に選手の人たちの中には、今まさに予選をしてる人、予選を勝ち進んで決勝だけの人など

いろいろです。4年に行われるここだけを目指してずっと同じ精神力で居続けるのは難しいことだと毎回思います。

プレッシャーはものすごいことだと思います。ただ自分だけのために戦えないのがプロの選手かなと思います。


 選手のみなさんには笑顔で帰国してもらいたいと思います!!がんばれ!!日本!!☆☆☆


ヤクゾウ☆☆

立春

寒い日々が続いております。

今年の冬は本当に極寒ですね(^_^;)

しかし、今年は2月3日が節分、2月4日が立春でした。

今週も最低気温が氷点下となる予報が出ていますが、

暦の上ではもう春ですね。

気分だけでもと思い、身の回りで春を感じるもの、探してみました。

sIMG_2075.jpg







当院で毎年一番に咲く桜の樹。

しっかりと芽をつけています^^

sIMG_2077.jpg

なんと!!ショウブ?アヤメ?カキツバタ??

桜の樹のすぐそばに咲いていました!

春はすぐそこ・・・かな?




かぼちゃ


カレーライス。

栄養課では2週間に一度、昼食にカレーライスを提供しています。

豚肉のカレーライス、ビーフカレーライス、シーフードカレーライス、夏野菜カレーなどのカレーライスを提供しています。

sDSC_0170(2).jpg


普段から食べているカレーライスですが、カレーは18世紀にインドからイギリスに伝わりました。

イギリスはインドを植民地として支配し始めており、インドのベンガル地方の総督だったイギリス人が紹介したと言われています。

明治時代は、アメリカやヨーロッパの文化が日本に積極的に取り入れられ、その中でイギリスからカレーが伝わりました。

その後国産の安いカレー粉が広がり、大正時代に今のような日本のカレーライスの元の形ができました。

大正時代は、小麦粉とカレー粉をバター等で炒めてカレールウを作り、これを鰹だしなどで伸ばしてカレーソースを作っていたそうです。


カレールウは、1926年(大正15年)に大阪ハウス食品が、カレー粉・小麦粉・油脂・旨味成分などを固形化した「インスタント・カレールウ」を「ホームカレー粉」の商品名で発売しました。

固形製品は、1954年(昭和29年)にエスビー食品が初めて発売しました。

昭和30年代からテレビによるCMを主とした各製造販売会社の販売合戦が起こり、「即席カレー」の生産と消費が急増したようです。

1960年(昭和35年)江崎グリコが板チョコの生産技術を生かし、ブロックごとに割って量を加減できるワンタッチカレーを発売しました。


また、明治時代初期においてカレーライスは、限られたレストランで食することが可能な高額のハイカラ料理だったそうです。

日本のカレーの具にはじゃが芋、人参、玉葱が使われていますが、これらが定着したのは明治時代の終わり頃だったようです。

玉葱が使われ始めたのは明治20年以降であり、それ以前はタマネギの代わりに長葱が使われていたのだそうです。


今では何気なく食べているカレーライスにも様々な歴史があることを知りました。

これからも色んなカレーライスを作って食べていこうと思いました。


らんか



日本のカレーはインド生まれ、イギリス育ちでしたが、今わたしたちが食べているカレーはインドのカレーとも、イギリスのカレーともちがう料理なのです。

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。