2018年4月アーカイブ

たぬきときつね。

先日の昼食がきつねうどんでした。

sきつねうどん.jpg

汁を入れていない写真ですみません...。


「きつねうどん」とは一般的に、油抜きした油揚げを砂糖やみりん、しょうゆを用いて甘辛く煮て、それをうどんにのせたものです。

(そばにのせたものがきつねそばですね)

油揚げがきつねの好物とされていることや、油揚げがきつねのうずくまる姿に似ているため、油揚げを「きつね」と称するようになったそうです。

発祥は諸説あるようですが、明治時代に大阪の寿司屋で奉公していた宇佐美要太郎氏がうどん屋「松葉屋本舗」を開店した時に、寿司屋の経験を生かし、いなり寿司用の甘辛く煮た油揚げをうどんと別皿で出していたことから始まったのだそうです。

最初は別皿の油揚げでしたが、これをそのままうどんに入れて食べるお客さんが多く、「おいしい」と評判になって「きつねうどん」が誕生したそうです。

(配膳の都合上、栄養課が提供するきつねうどんは写真の通り、油揚げなどの具を別皿に入れています。)


「きつね」といえば「たぬき」、一般的には揚げ玉入りのうどんやそばのことです。

そばやうどんの具のことを意味する「たね」や天ぷらの「たね」を抜いた「たね抜き」が「たぬき」となったと言われていたり、衣の割に中身が小さいかき揚げが「たぬき」と呼ばれていたため、という説があるそうです。

明治時代になると、揚げ玉だけがのっているそばを「たぬきそば」というようになり、後に揚げ玉をのせたうどんを「たぬきうどん」と呼ぶようになったようです。


余談ですが7月2日が「うどんの日」だそうです。

栄養課ではきつねうどんの他に、かき揚げうどん、肉うどん、天ぷらうどん、ざるうどんなどを提供しています。

これからも「きつね」と「たぬき」美味しく食べたいです。


らんか


フライングディスク大会に向けて

今週の28日に障がい者スポーツ大会が岡山ドームであります。

当病院から去年にも出場したメンバーを含めた

7名のメンバーが出場します。

今年の2月から練習を開始しました。

ブランクのせいなのか、なかなか狙った所へディスクが行かず、

首を傾げるメンバーがいました。又、うまくいかなくても

笑っているメンバーもいました。

しかし、

大会が近づくにつれ、真剣な表情で練習に取り組むメンバーが増え、

練習にも緊張が出てきています。

私も一緒に大会に行くので、

みなさんの緊張を和らげれるように頑張っていこうと思っています。



グタグタ太郎

2018年 春 美観地区

多機能型事業所ひまわりでは、
春の日帰り旅として
先日4月15日に倉敷市の美観地区へ行って参りました。

s1524198393680.jpg

白壁の町の情景は、何度行ってもよいものですね。
'日本らしさ'というものをからだ全体に浴びる思いです。

s1524198402684.jpg

この度は、散策の末、予定通り、大原美術館に入館しました。

s2018大原.jpg

こちらに所蔵される目玉作品といえば、、、、

エル・グレコ氏作 '受胎告知'です。処女マリアが天使から、子を宿した、ということを告げられたときの場面です。


マリアはさぞ驚いたでしょうし、その子のことを教えられると、計り知れない重圧を感じたのだろうと思います。


絵画の説明によると、マリアはその現実を受け止め、彼女の右手には意思の強さが表されている、とありました。


そういった崇高で奇跡の場面であることからしてもその絵画からは神々しさが感じられ、


同時にそれを表現する作者の力の素晴らしさを知りました。

ほかにも館内は、素晴らしい作品に溢れていました。

ひまわりの皆様はそれらに関心をもたれ思い思いに鑑賞しておられました。

ちなみに私、記者はギュスターヴ・クールベ氏作 '秋の海'という作品に心惹かれました。

自身の遠い記憶を堀り起こせば、昔にここへ来たときもその作品を観て、「いいな」と感じていたように思います。


大原美術館は、倉敷の児島氏や大原氏 方が産んでくださった世界に誇ることのできる遺産です。


「また来たい」と思える魅力溢れる美観地区。

楽しかったです。




aiueo☄

sDSC_1753.jpg春は別れと出会いの季節ですね。それは、ここ万成病院歯科にも当てはまり・・・。
別れがあれば、出会いということで、4月より新しいスッタフが増えました。
では、自己紹介をお願いします。

4月よりお世話になっている歯科衛生士です。
万成病院には10数年前に口腔ケア実習でお世話になりました。このたび、ご縁あって勤務させていただくことになりました。
気持ちを新たにして頑張っていきたいと思います。
不慣れで、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、みなさんから学ばせていただき、笑顔で働けたらと思いますので(^^)どうぞよろしくお願いいたします。

新しいスタッフも増えどんどん新しいことにもチャレンジしていく歯科をこれからも宜しくお願い致します。



TEN

外来診療医の時間変更

 新年度が始まり2週間が過ぎました。
すっかり暖かくなり万成のハナミズキも見頃です。

何かと新しく変更のある新年度ですが、外来では診療医の時間が変更しています。
外来前と窓口にもお知らせしています。よろしくお願いいたします。


すう



20180418.JPG

新人研修2018

桜が満開の、暖かい4月の始まりとなりました☆

新年度! 今年も新人研修でスタートです!


新人研修は院長先生の講義『万成病院のめざすもの』から始まります。

当院の理念やモットー等、体験談を交えながらの話は分かりやすくてイメージがしやすいです。

「全体像を見ていくことの大切さ」はとても印象深い話でした。


sDSC01178.jpg






会議室での講義もしっかりとありますが、

各部署に直接訪問をして業務や役割の説明を受ける『部署訪問』があったり、

『感染制御』では、実際に手洗いをして、チェッカーで確認したり、

『部活動紹介』で笑顔になったり・・・

病院全体で新規職員を迎えるムードが伝わったかなと思います☆


sDSC01172.jpg

sDSC01190.jpg






5日間の日程を終えて、いかがですか?

新人研修レポートには・・・

「患者様から学んでいく姿勢を忘れずに業務に取り組んでいきたい」

「入職にあたり不安もありましたが、講義を聞いたり、見学をすることで、役に立てる職員を目指そうと思いました」

などなど、期待が膨らむ言葉を聞くことができました!


同期となったメンバーの顔と名前を覚えながら、少しずつ慣れていってくださいね。


最後になりましたが、新人研修にご協力いただきました、

講師の方々、各部署関係者の方々、そして教育委員の皆様、

ありがとうございました!




バウムクーヘン

旬の食材、たけのこ。

先日栄養課では昼食にたけのこご飯と木の芽和えを提供しました。

【たけのこご飯】

sH30.4 たけのこご飯.jpg


【木の芽和え】

sH30.4.9 木の芽和え.jpg


たけのこは春を代表する旬の食材です。

現在食べられているたけのこのほとんどは孟宗竹(もうそうちく)という種類で、地下茎から出た若芽部分にあたります。

たけのこには、カリウムや食物繊維、ビタミンEなどが含まれています。

たけのこの切り口に見られる白い粉、チロシンといいますが、これは、うまみの素であるアミノ酸の一種です。

これらの栄養成分が多いのは、根元よりも生長点のある先端部分です。

たけのこを選ぶ際は、全体がずんぐりとして、皮が薄茶色で、穂先が黄色がかったものを選んで下さい。

緑がかったものや黒っぽいものは日に当たっているので、えぐみが強い可能性あります。

また、持ったときに手にずしりと重みが感じられるというのもポイントです。

えぐみは時間が経つにつれて強くなるので、切り口が白く、みずみずしいものがおすすめです。

たけのこは収穫後時間と共ににえぐみが増すので、購入後は早めにゆでて下さい。

ゆでる時は、米ぬかを入れてゆでるとえぐみが抜けておいしく仕上がります。

最近ではゆでてパックされたたけのこが通年手に入るようになりましたが、やはり旬のたけのこの香りや歯触りにはかないません。

春ならではの味覚を存分に楽しみたいものですね。


らんか

春の・・・  

 4月暖かい日があれば、寒い日があって体調を崩しやすい時期ですが皆さんは大丈夫でしょうか。

今回は「あけび」について書こうと思います。

「あけび」というと秋のイメージしかなかったのですが、「春の薬草」ででてきました。

薬草となれば「何にどのように効くのか??」を調べてみました。

生薬としては木質化した茎には、「利尿・消炎」などに使えます。

また漢方薬の五林散、竜胆瀉肝湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯に、尿路疾患にと配合されています。


 ちなみに・・・先日とあるTV番組で「あけびの皮でも簡単に料理できます」というフレーズに

びっくりしました。中の果肉だけではなかったのか・・・と。

よく調べてみると、果肉を取った皮に甘く煮付けたひき肉を詰めて焼くとおいしい!!

となっていました。実際にTVの人たちも「ピーマンの肉詰めに近いけど、苦みはこっちの方が少し強いから大人向きで

お酒のツマミに最高!!」と言っていました。

実際に作ってみたいのですが、「あけび」はどこで手に入れるのか・・・まずはそこからですね。

みなさんも気になる薬草があったら漢方だけではなく料理に使えたり、お菓子にできるものもあるので探してみてはいかがですか?


ヤクゾウ★

お花見


先日、患者様4名と三門公園までお花見に行ってきました(*^_^*)

4月の始め頃だったら見頃かなと思い計画しましたが今年は例年に比べ桜の開花が早く
更に残念な事に前日にまさかの雨が降ってしまいました(;_:)
参加者の皆さんも前日の雨が気になり「桜散ってないかな?」と心配な様子です。

当日は三門公園近くの素敵な駄菓子屋さんに寄りお花見で食べるお菓子を買いに行きました。
懐かしい駄菓子の数々に参加者の方もスタッフもうきうき、わくわくでした(●^o^●)
皆さん、予算と相談しながら真剣に選ばれていました。

購入したお菓子を持ち寄り三門公園に到着!
やはり散り始めていましたが、思っていたよりも桜が残っていました♬
皆さん桜を見ながら懐かしの駄菓子を堪能されました。

参加者の方から「駄菓子が美味しかった」「桜見れて良かった」とのお声を頂きましたが、
満開の桜を一緒に見れたらもっと良かったなと反省しています(;_:)(;_:)
来年は開花予想をテレビでこまめにチェックして計画的にお花見の予定を立てようと
思いました(・o・)


チューリップ

春の彩り


これが何だか分かりますか?


s-バジルの穂先.jpg


正解は「バジルの穂先」。


夏には青々としていたバジルですが、冬の寒気に晒していたら

こんなカラカラになりました。


この質感、この色。

これぞ冬の無彩色の世界です。




そしてこちらは、春爛漫のグループホーム・ひまわりホーム。

s-チューリップとホーム.jpg 

その前庭は、冬の寂しい無彩色から一転し、明るい彩りにあふれます。


 メンバーの皆さんが一緒に耕した畑もこの通り。

s-ホーム畑全景.jpg

桜や花桃、グミの木等が華やかに咲き誇ります。


そして足元にも。


これは何でしょう?

s-ホウレン草の双葉.jpg

正解は「ホウレン草の双葉」。


これもメンバーさんが一生懸命に種植えをされました。

一列に並んでいる姿がなんとも可愛らしいです。



こちらはイチゴ。

s-イチゴの花.jpg

花桃の花びらが舞い散り、可憐な花に彩りを添えています。


s-畑の花ニラ.jpg


どこを見ても春があり、色がある。

この春爛漫の彩りの世界をメンバーさんと共に愉しみ、

皆さんにとって今年度の生活がより豊かなものとなるよう

スタッフ一同、願っております。




By ポンム

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。