つばめが育っています

ひまわり寮には、つばめの巣があります。

例年に続いて今年もその巣で子育てをしていました。


ところが、、、今回はその途上、悲劇が起きました。




あれは、5月初旬。雨風のとても強い夜がありました。  

その翌朝、心配を抱えながら巣を見上げてみると、大きく損壊していました。



はじめは、雨風による影響で壊れてしまったのかと想像しました。

ところが、目撃者から聞いたところ、昨日の夕方にカラスにやられていた、とのことです。

タマゴがあったであろう(つばめがきてからの時間経過的にも、

温めている様子からもタマゴがあったことはほぼ間違いないだろう)

巣の中身を確認したところ、空っぽでした。茫然自失...



去年には、ネコがどういった意図なのかヒナを目がけてジャンプして、

つばめの親と格闘していたことはありますが、

こうして実際の被害に遭ってしまったのは、今回今年5月のカラスが初めてかと思われます。



巣を壊された、子を失ったであろう 親つばめは、心なしか悲しんでいるように見えました。

活動量が減っていたのは明らかです。



しかし、それはこちらの悲しみを親つばめに投影させていたところも大きくあるかと思います。

日ならずして、親つばめは、巣の修復のためにせっせと動きはじめました。

彼らは大変つらい経験をしたでしょうが、現実を受け止め、また歩み出したのでしょう。


巣が直ればほどなくしてタマゴもできました。

sIMG_1132.jpgのサムネイル画像

今では、ヒナが孵ってすくすくと成長していっています。


親つばめは今日も西へ東へ縦横無尽に餌を調達してきては子に与え、

巣を眺めるネコなどに対しては警戒の声を上げています。



カラス除け対策をしました。

その分野に詳しい獣医であり、野鳥の会のキーパーソンにご指導とご助言をいただきました。

sIMG_1129.jpg


親から子へ、餌を与える場面は、なんとも愛くるしいです。夜は親子で寝ています。

sIMG_1116.jpgsIMG_1130.jpg


過酷な自然のなかで彼らは今日もがんばって生きています。

つばめによって、私たちの心は揺さぶられ、様々なことを学ばされます。

かわいくもあり、たくましくもあるつばめ。これからも彼らの繁栄を応援したいです。


ひまわりを利用されている方、ひまわりの前を通られる方、

多くの方がつばめを気にして見られています。

皆様もそれぞれいろんな見方をされておられるかと思います。

誰もがきっと、彼らの無事な成長を願ってやまないのではないでしょうか。

sIMG_1131.jpg



aiueo:-)

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。