平成30年度晴れの国トップアスリート派遣事業

8/28(火) 平成30年度晴れの国トップアスリート派遣事業で、
岡山シーガルズに万成病院バレーボール部の指導に来ていただいた。
メンバーは、神田千絵アシスタントコーチ、磯部光里選手、下司響生選手、堀ノ内麗選手の4名である。

当院バレー部の選手たちは、フォーメーション・相手攻撃に対する位置取り等、技術的な指導に期待している。
一緒に練習している旭東病院、光生病院の選手も参加し、24名で指導を受けた。

 練習前のストレッチから開始、スリーマンでシーガルズ選手の強打と、ぎりぎりのフェイントに全員思いっきり
動かされた感じである。取れそうと体が動く感じを受けた。

DSC_7015_R.JPGDSC_7022_R.JPG

 次にフォーメーション、位置取りを実際に場所に立って指導していただいた。
「そこに穴ができてる!もっと詰めて!もう少し前でのポジション!」神田コーチの声が響く。

 最後は、試合形式でゲームを行う。万成病院vsシーガルズ3人、旭東、光生である。
神田コーチは、マイクを手にゲームの中で声をかけてくれる。セットが終わると、「はい、今の反省点は、・・・」
実践指導なので理解できる!でも、動けない。現実である。
接戦のゲームが続く。シーガルズの選手にも、「ちょっと本気モードを要求!サーブも厳しめをお願い。」

DSC_7039_R.JPGDSC_7033_R.JPG

 この暑さの中、2時間あっという間に過ぎた。しかし身体は悲鳴を上げている。
充実の練習時間を過ごした達成感で、なんかさわやか!・・・明日、明後日の筋肉痛が心配((+_+))

 最後の感想では、シーガルズの皆さんからお褒めの言葉をいただきちょっと鼻高・・・

DSC_7049_R.JPG

 夜間での指導にもかかわらず目いっぱい動いていただいたシーガルズの皆さん、ありがとうございました。

DSC_7053_R.JPG

 9/9(日)岡山支部決勝大会頑張ります!


バレー部 監督

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。