2018年9月アーカイブ

彼岸とおはぎ。

 今年の秋の彼岸は9月20日から26日まででした。

9月23日に特別メニューを選択された患者様に三食おはぎを提供しました。

sH30.9.23 三食おはぎ.jpg

おはぎは年に二度の行事食です。

あんこは小豆から炊いています。

もち米とうるち米を合わせて炊いて、手作りしました。


彼岸とおはぎの関係について調べてみました。

日本において小豆は縄文時代の古墳から発見されるくらい古くから、生活に欠かせない食品でした。

古来「赤色」には「魔除け」の力があるといわれており、小豆は祝の席や儀式の際にはお赤飯や砂糖をまぜてあんこにして捧げられてきたそうです。

その習慣から、お彼岸ではお餅には「五穀豊穣」を、小豆には「魔除け」の意味を込めてぼたもちやおはぎにしてご先祖さまへの感謝と家族の健康を願って墓前やお仏壇にお供えするようになったと言われています。

秋の彼岸は、秋の七草と呼ばれる「萩」の花が小豆の粒と似ていることから「萩餅」、それから丁寧な「お萩餅」、そして「おはぎ」という呼び方になったと言われています。

「おはぎ」と「ぼたもち」に大きな違いがあるわけではありませんが、地域やお店、風習によって違いがあるようです。

こし餡を使ったものを「ぼたもち」と言い、粒餡のあんこやきな粉をまぶしたものを「おはぎ」と呼ぶところもあるようです。


私の家でもおはぎをお供えし、お墓参りに行きました。

受け継がれている習慣、これからも大切にしていきたいと思いました。


らんか

晩夏、ひまわり畑にて...

さて、前々回の「梅雨前からちょっとずつ...」や、前回の「猛暑前からちょっとずつ...」では、

古民家北側にある土地をひまわり畑に変えるための日々の奮闘を、ブログ記事にいたしました。

お盆頃からたくさんのひまわりが咲き始めましたので、ご報告させていただきます。

 

前回のブログ「猛暑前からちょっとずつ...」では、

淡いクリーム色が特徴の「バレンタイン」や

sDSC_4304.jpg

背丈の低い「ミニひまわり」の紹介をいたしました。

 sDSC_4368.jpg

 

実は畑の大部分は別の種類のひまわりを植えており、

一般的なひまわりのイメージに近い「大輪ひまわり」というひまわりが畑のほとんどを占めています。

sDSC_4469.jpg 

 

「大輪ひまわり」はその名の通り花の部分が大きく、高さも大きいもので2m近くになるインパクトのある品種です。

 一つだけでも迫力ありますが、それが一面に広がるとなかなかに圧倒されます。

 sDSC_4544-1.jpg

 

 漢字では「向日葵」と書くように、太陽に向かって咲くことは有名です(厳密には違うようですが...)。

ちょうど道のある東側から日が良く差し込みますので

すべての花が地域の方や通行される方へ顔を向けて咲き誇っています。

 sDSC_4466 - コピー1.jpg

 

これだけのたくさんのひまわりが咲いていると

蜜を飲みに来たアゲハチョウや

sDSC_4424 - コピー.jpg

 

花粉を集めに来たミツバチ

 sDSC_4515.jpg

 

それらを狙うカマキリとたくさんの昆虫が見ることが出来ました。

 sかまきり.jpg

カマキリにはかなり威嚇されています。

 

ミツバチはこれだけ接写しても、

sDSC_4484.jpg

花粉集めに必死で気付いていないのか

そもそも相手にされてないのか

まったく反応がありませんでした(笑)

 

sDSC_4530 - コピー.jpg

 

夏の暑さはひと段落し、ひまわりの季節は終わりましたが、

これからもこの畑の様子をブログにて報告したいと思いますので、

よろしければご覧になって下さいね。

 ありがとうございました。

 

 


どうまえ

病棟活動



こんにちは!

暑い夏も過ぎ、秋めいた風が吹く季節になってきましたね~


9月といえば敬老の日。

病棟では敬老会を行いました!!

誕生日の方のお祝いと、職員による寸劇をしました(^^)v

寸劇は水戸黄門!!!

寸劇の中にミニゲーム(叩いて被ってジャンケンポン)を取り入れ、

8B敬老会②.jpg

難聴のある方も視覚的に楽しんでいただけるよう工夫し、

笑い声の絶えない寸劇となりました。

8B敬老会.jpg

これからもお元気で、笑顔の絶えない人生を送って頂きたいと

願いを込めて・・・(^^)







ふくこう


精神科DCで作るアロマワックスバー

精神科DCでは創作活動として色々な作品を作っています

編み物や組みひも、レジンクラフト等など

今回、最近流行っているアロマワックスバーの試作品を利用者さまと一緒に作ってみました

アロマワックスバーというのは火をつけないアロマキャンドルだそうです

うまくつくれるかなあ

sIMG_2524.jpg

                                   まずは材料をそろえて(ほとんど100円均一でそろえました)

sIMG_2525.jpg

         蝋を湯煎で溶かし、アロマオイルを数滴  
         今回はラベンダーとオレンジのオイルにしてみました

sIMG_2526.jpg
           その蝋をシリコンの型に流し入れ・・・

sIMG_2527.jpg
           少し固まったらドライフラワーやプリザーブドフラワーを置きます
           デザインをどんな風にしようかと考えるのがとても楽しいですね
           これはスターチスのドライフラワーです

sIMG_2528.jpg
           蝋が冷えて固まったら型からはずし麻紐をつけて完成!!
           いい匂いがして作りながら気分がリラックスするし大満足
           

           ほかにも・・・

 
sIMG_2529.jpg
           これはレジンの作品です
           利用者様と一緒にレジンの新作もたくさん作っています

           色をつけたり中に入れるパーツを選んだり全体のデザインを考えたりとっても楽しい!
           
           レジンクラフトは簡単にすぐ出来上がるのがいいですね

           これからも創作活動で色々なものを作っていきますので何かいいハンドメイドがあったら
           教えてくださいね!



 841

           

漬物。

栄養課が提供している食事では、並食と軟飯軟菜食の食事に漬物を提供しています。

種類は色々あり、沢庵、つぼ漬、しば漬、べったら漬、奈良漬、辛子昆布、福神漬、野沢菜漬などです。

一日の食塩量が10g以下となっているので、漬物は8gで提供しています。


漬物は、様々な食材を食塩、酢、酒粕などの漬け込み材料とともに漬け込み、保存性を高めるとともに熟成させ、風味を良くした食品です。

大昔には冷蔵庫などという便利なものはなく、古来の人間は野菜を保存するために塩を使いました。

こうすることで冬にまで野菜を保存することに成功し、そして保存した野菜にはうま味が増していることが分かりました。

乳酸菌が野菜の糖分を分解してうま味を産出したのです。

こうして野菜の塩漬けは「漬物」として一気に広まっていったようです。


漬物は発酵により強い香りを発するものが多く、このため、「香の物」、「お新香」とも呼ばれます。

和食の基本である「一汁一菜」の「一汁」とはご飯と味噌汁のことで、「菜」はおかずのことでお新香、つまり漬物ををさしています。


ご飯と漬物は一緒に食べると思いますが、漬物をご飯の上にのせることは和食のマナー違反です。

これは白ご飯をお皿代わりに使っているのと同じことになるのだそうです。


普段当たり前に食べている漬物、マナーを守って食べていきたいと思いました。


らんか

遠い場所へ行ってきました。。。

私的なことにはなりますが、旅行に行ってまいりましたことについてお伝えします。


行った場所は、"夢の国"とも称されるテーマパークです。
sIMG_2334.jpg


私自身、初めての場所ということもあり、胸が高鳴るような思いでした。
出発予定日になりました。台風が列島に上陸しようか すでにしていたか、というなか、
飛行機が飛び立つのかどうか、危ぶまれました。しかし、そうした不安をよそにTake Off ! ✈ 

無事、現地へ辿り着くことに成功。。。


sIMG_2146.jpg


















そこには、何者にも邪魔をされない世界が広がっていました。多くの人の笑顔、笑い声、絶叫、泣き声と様々なものが混ざり合っていました。が、いずれもハッピーなものに見えました。

人々がキャラクターとふれあう光景は、それが子供に限らずなんとも麗しい。

見て感じて満喫。期待を凌駕する楽しさを全身に浴びました。


sでぃず.jpg


















夢を見るのと同時に、現実的なところでいえば、この世界は
人々の努力の結晶からなるものだと感じました。

数々のわくわくするアトラクション(よくこんなとんでもないものが...建設・管理・運営)、完成された世界観、生きたキャラクターなど、こうした世界が作られていることは、
本当にすごいことだと驚嘆しました。
たくさんの人々に支持され愛されるのは理解できます。



日常の喧噪から解き放たれるような、魔法のかかった場所だと思います。忙しなく過ごしておられる方、夢の国に少しだけ、飲み込まれてみてはいかがですか?


sIMG_2482.jpg















aiueo:-)

眠れない時には・・・

こんにちは!

秋になり、少しずつ暑さも和らぎ、寝苦しい日も減ってきました。
昼間と朝晩の温度差が激しく、体調を崩された方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・?

体調管理に睡眠は必要不可欠!ということで、今回は質の良い睡眠をとる方法についてお話ししたいと思います!

☆質の良い睡眠をとるコツ☆
①日中
・昼寝をする場合、夕方以降は夜の睡眠に影響するので、15時前の20~30分程度にする。
②寝る前
・コーヒーや紅茶等のカフェインを含むものやタバコは、睡眠の妨げになるので控える。
・軽い読書、音楽、ぬるめの入浴等で心身をリラックスさせる。
・睡眠薬代わりの寝酒は、深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因になるため、控える。
③睡眠中
・寝ている時の激しいイビキ・呼吸停止や、足のぴくつき・むずむず感は、専門医に相談する。(病気の可能性も・・・?)

眠れなくて困っている方は、試してみてくださいね♪



ヤクミ☆





新しくなりました(*^_^*)

sDSC_2435.jpg

歯科のチェアーが新しくなりました。
車いすの方でも乗り降りがしやすくなり、クッション性が良くなり座りやすくなりました。是非万成病院歯科へ(*^_^*)



 TEN

病棟夏祭り


8月18日(土)に病院の夏祭りを予定していましたが猛暑の影響で中止となりました。
病院の夏祭りが中止となり残念そうにしている患者様が多く居られました。先日、私の担当している病棟でささやかですが病棟夏祭りを行いました。

お祭りの雰囲気を味わってもらえたらいいなと思い風船射的ゲーム、盆踊りを患者様と一緒に踊りました。射的ゲームでは皆さん楽しみながら的を狙っていました。ちなみに、的にはたこ焼きやイカ焼き、やきそば等屋台で売っている食べ物の絵を張り付けました(^o^)参加者の方から「当てたらたこ焼きもらえたらいいのに~」「おいしそう!食べたい!」と言った声が多く上がっていました(笑)
盆踊りは皆さんお馴染みの炭坑節を踊りました。音楽がかかると自然と身体が動き出していました♬病棟夏祭りの最後にはおやつにアイスクリームが出ました。

「夏祭りがなくなって残念だったけど盆踊り踊れて良かった」「ゲーム楽しかったよ」と患者様より感想を頂きました。楽しそうに過ごされている様子を見てスタッフも嬉しくなりました。

今年は夏祭りが中止になりましたが、代わりに秋祭りを行う予定になっています。楽しいイベントも計画中とのことなので是非遊びに来て下さい。詳しい情報は今後病院のホームページ等で発表があるかと思います。またチェックしてみて下さい(*^^*)



やきとうもろこしさん







月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。