おはぎとぼたもち。

今年も3月18日から24日までが春の彼岸でした。

私もお墓参りに行き、手を合わせてきました。

我が家でもおはぎをお供えしました。


彼岸の頃になると「おはぎ」や「ぼたもち」をよく耳にすることと思います。

小豆は縄文時代の古墳から発見されるくらい古くから、日本の生活に欠かせない食品でした。

古来「赤色」には「魔除け」の力があるといわれており、小豆は祝の席や儀式の際にはお赤飯や砂糖をまぜてあんこにして捧げられてきました。

その習慣から、お彼岸ではお餅には「五穀豊穣」を、小豆には「魔除け」の意味を込めてぼたもちやおはぎにしてご先祖さまへの感謝と家族の健康を願って墓前やお仏壇にお供えするようになったと言われています。

春の彼岸についてですが、春に咲く花と言えば「牡丹(ぼたん)」があります。

この牡丹の花を見て、小豆の粒を牡丹に見立てて「ぼたん餅」から「ぼたもち」になったと言われています。

一方で秋のお彼岸の時期には「ぼたもち」のことを何と呼ぶのでしょうか?

秋の七草と呼ばれる「萩」の花が小豆の粒と似ていることから「萩餅」、それから丁寧な「お萩餅」、そして「おはぎ」という呼び方になったと言われています。

すなわち、春はぼた餅、秋はおはぎと呼び分けられることになっているようです。

「おはぎ」と「ぼたもち」に大きな違いがあるわけではありませんが、地域やお店、風習によって違いがあるようです。

こし餡を使ったものを「ぼたもち」と言い、粒餡のあんこやきな粉をまぶしたものを「おはぎ」と呼ぶところもあるようです。


現在では、呼び分けられることは少なくなったおはぎとぼたもち。

彼岸の季節を迎えたら、古都に思いを馳せながらおはぎやぼたもちを食べるのも粋かもしれないですね。


らんか

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。