日記の最近のブログ記事

春の・・・  

 4月暖かい日があれば、寒い日があって体調を崩しやすい時期ですが皆さんは大丈夫でしょうか。

今回は「あけび」について書こうと思います。

「あけび」というと秋のイメージしかなかったのですが、「春の薬草」ででてきました。

薬草となれば「何にどのように効くのか??」を調べてみました。

生薬としては木質化した茎には、「利尿・消炎」などに使えます。

また漢方薬の五林散、竜胆瀉肝湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯に、尿路疾患にと配合されています。


 ちなみに・・・先日とあるTV番組で「あけびの皮でも簡単に料理できます」というフレーズに

びっくりしました。中の果肉だけではなかったのか・・・と。

よく調べてみると、果肉を取った皮に甘く煮付けたひき肉を詰めて焼くとおいしい!!

となっていました。実際にTVの人たちも「ピーマンの肉詰めに近いけど、苦みはこっちの方が少し強いから大人向きで

お酒のツマミに最高!!」と言っていました。

実際に作ってみたいのですが、「あけび」はどこで手に入れるのか・・・まずはそこからですね。

みなさんも気になる薬草があったら漢方だけではなく料理に使えたり、お菓子にできるものもあるので探してみてはいかがですか?


ヤクゾウ★

春の彩り


これが何だか分かりますか?


s-バジルの穂先.jpg


正解は「バジルの穂先」。


夏には青々としていたバジルですが、冬の寒気に晒していたら

こんなカラカラになりました。


この質感、この色。

これぞ冬の無彩色の世界です。




そしてこちらは、春爛漫のグループホーム・ひまわりホーム。

s-チューリップとホーム.jpg 

その前庭は、冬の寂しい無彩色から一転し、明るい彩りにあふれます。


 メンバーの皆さんが一緒に耕した畑もこの通り。

s-ホーム畑全景.jpg

桜や花桃、グミの木等が華やかに咲き誇ります。


そして足元にも。


これは何でしょう?

s-ホウレン草の双葉.jpg

正解は「ホウレン草の双葉」。


これもメンバーさんが一生懸命に種植えをされました。

一列に並んでいる姿がなんとも可愛らしいです。



こちらはイチゴ。

s-イチゴの花.jpg

花桃の花びらが舞い散り、可憐な花に彩りを添えています。


s-畑の花ニラ.jpg


どこを見ても春があり、色がある。

この春爛漫の彩りの世界をメンバーさんと共に愉しみ、

皆さんにとって今年度の生活がより豊かなものとなるよう

スタッフ一同、願っております。




By ポンム

保育園入園は奇跡!?

2月に入り、ますます寒さが堪える日々が続きますね。
インフルエンザが猛威を振るっているようですのでお気を付けくださいね。

さて、1月下旬に来年度の保育園の入園結果が手元の届いた方もいるのではないでしょうか。
岡山市の待機児童数がものすごいことになっていますね((+_+))
我が家では、第2子が11月生まれ、去年の11月に職場復帰をしました。
でも、もちろん保育園入園はダメ。
職場の託児所を利用しての職場復帰となりました。保育園への入園を希望しつつ・・・。

そして、なんと1月から保育園への入園が決まりました。
この時に、私自身も思ったし、周囲からも言われた言葉が、「奇跡だわ。」「運が良かったね。」です。
途中入園ということもありますが、『両親がフルで勤務』『兄弟加算が付いている』という、この条件でも運よく入園できたのです。
では、『兄弟がいない人は?』『時短勤務の人は?』『これから仕事を探す必要がある人は?』などなど、どうなるのでしょう。

実際、私の周りの方も4月入園が出来なかったという方もたくさんいました。
「兄弟のいる人ですべて埋まってしまう。」という声が多かったです。
0歳児でなければ、保育園に入れないのであれば、無理をして0歳児の4月入園を狙うしかないのでしょうか?

今、岡山市でももちろん対策を立て、受け皿の確保に尽力をしてくれています。
保育園に入園できたことが、『奇跡』ではなく、『当たり前』になればいいなと感じてなりません。
2019年、『待機児童0人』を期待しています。


s保育園のイラスト.jpg










tonmo



小さな世界 


グループホームのひまわりホームでは、スタッフとメンバーさん達が協力して、

共有スペースの掃除やメンテナンスに日々取り組んでいます。

玄関、デイルーム、厨房、洗面所、脱衣所、洗濯室 等。


気持ちよい生活空間を維持するために、

心を込めて定期的に掃除を行っています。


s-玄関掃除2 291224.jpg s-玄関掃除291224.jpg

 


その玄関に飾られた、飛行塔型のオルゴール。

s-オルゴール300209.jpg


誰がネジを巻いたのか、

ふと気が付くとオルゴールの音色が流れてくる事も。

その優しい音色は、聴く人を小さな世界へと誘います。


回転する銀色の飛行機に自分が乗り、

ひまわりホームの景色がサーッと後ろへ流れ出す。

幼き頃にワープできる、不思議なオルゴールなのです。

 

そして、ひまわりホームの畑も、今は小さな世界ばかり。

スイスチャードもルッコラも未だこの通りです。


s-ひまわり畑スイスチャードH3002.jpg s-ひまわり畑ルッコラH3002.jpg


寒い寒い冬の中、ゆっくりじっくりの成長ですが、

みんなしっかりと生きています。



By ポンム

立春

寒い日々が続いております。

今年の冬は本当に極寒ですね(^_^;)

しかし、今年は2月3日が節分、2月4日が立春でした。

今週も最低気温が氷点下となる予報が出ていますが、

暦の上ではもう春ですね。

気分だけでもと思い、身の回りで春を感じるもの、探してみました。

sIMG_2075.jpg







当院で毎年一番に咲く桜の樹。

しっかりと芽をつけています^^

sIMG_2077.jpg

なんと!!ショウブ?アヤメ?カキツバタ??

桜の樹のすぐそばに咲いていました!

春はすぐそこ・・・かな?




かぼちゃ


出会いに感謝

去年を振り返ってみますと様々な出会いがありました。

その中でも当院で行われた文化祭では、白ゆり第二保育園の園児による和太鼓をボランティアとして初めてお招きし、歌や創作太鼓、患者様との肩たたきなどを披露していただきました。創作太鼓では25名の園児たちの息がぴったりと合っており、瞬きをするのを忘れるほどの迫力で、病院内に音が響き渡りました。
参加者からは「本当に感動しました」「子供たちの頑張っている姿が可愛かった」などのご意見を頂き、子供たちの姿に勇気を頂きました。
この素敵な出会いを今年もぜひつなげていき、地域住民の方々との交流がもっともっと増えていく...そんな1年にしていきたいと思います。



 ゆき

変化

 

冬の変化はわかりやすい。

そして受け入れがたい。

 

繁った葉が赤や黄に変わり 散ってゆく。

あったものが なくなってゆく。

にぎやかな景色が 寂しくなる。

 

あぁ 冬が来た・・・・・・

と寂しく思う。

 

変化は常にある。

でも冬の変化は受け入れがたい。

 

 


その気持ちを皆で分かち合うために

ホームのメンバーさん達と宝福寺へドライブ。


s-ホームイベント寺IMG_2607.jpg


ついでにサントピア岡山総社の「白煉瓦」にて

ランチバイキングも堪能して頂きました。

 

s-ホームイベントバイキングIMG_0814.jpg


目に見える変化に寂しさとすがすがしさを感じ

それを皆と愉しむことで嬉しくもなる。

 


ゆったりとした空間で心身をやすめ

冬を受け入れた私たちは、

ひまわりホームの畑で採れた冬の青いトマトですら

美味しい浅漬けにしていただきます。


s-ホーム青いトマト.jpg



 

そしてまた皆で畑を耕し、野菜の種植え。

パクチー、スイスチャード、スナップエンドウ、ルッコラ、イチゴ、ホウレンソウ・・・

 

s-ホームスイスチャード.jpg s-ホームパクチーIMG_2588.jpg


冬の野菜の成長はゆっくり慎重。

かわいい芽がいつ顔を出すのか分かりません。

 



しげるロードのツツジも美しい。

舞い散る雪の結晶も美しい。

 

s-ホームしげるロードIMG_2586.jpg s-ホーム雪.jpg



万成病院の敷地内は 冬の宝探しさながら。

今 愉しめる 冬の変化があります。




by ポンム


筋力アップでメタボ改善^^

皆様、こんにちは~~~!!!

看護部バンキシャです。

またまた巷の健康ネタを拾ってまいりました。

最近の研究では、「もう食べ物はいらないよ」という信号を脳に送るメッセージ物質が、

脂肪から出ていることがわかってきました。

ですから、脂肪組織がないと「おなかがいっぱいになった」という感覚がなく

食べ続けてしまうのです。

このように聞くと、「私、脂肪はたくさん付いているのに食欲が止まらないのはなぜかな?」と思う方も

多いのでは?

それは脂肪から出るメッセージ物質がうまく機能していないのです。

それがメタボリックシンドローム。通称メタボです。

脂肪や糖をたくさん取りすぎると脂肪細胞はパンパンに膨らみ細胞に入りきらない油が細胞の外を漂います。

そして細胞壁にポンポンとぶつかるのです。脂肪細胞はこの刺激を受けると

攻撃されているように勘違いし、今度は「敵をやっつけないと!!!」というメッセージ物質を出します。

この信号に反応するのが免疫細胞です。

免疫細胞はこのメッセージ物質と一緒になって増殖し、戦闘状態を拡大します。

この状態が続いてしまうと、本当に敵が(たとえば、ウィルスとか風の菌など)いるわけではないので

代わりに血管や臓器を傷つけます。それが動脈硬化やなどの原因になっているということが

わかってきたそうです。

ところが、この異常なメタボの状態を止める物質が筋肉から出ていることも近年わかってきたそうです。

筋肉を動かすことで異常な戦闘状態を止めることができる、ということは体を動かすことで

脂肪細胞から「もう食べ物はいらないよ」というメッセージ物質が出るようになるそうです。メタボ改善に

運動が良いことの科学的根拠が明確になってきました。

体を動かすことは本当に大事ですね!!!

(参考引用:NHK人体の神秘より)



看護部バンキシャ



秋の実り

10月に入り、次第に秋らしくなってきましたね。
精神科デイケアではプログラムの一環として畑作業をしています。
日頃の草抜きなど、数々の苦労の末、やっとこの時期です。
できました!!
s写真 2017-10-03 13 29 29.jpg
なかなか立派なサイズです。
ここまで大きくはありませんが、小さいものは
もっと沢山ありました。
収穫できたのは良いのですが、問題はこれをどうするか・・・
いろいろな意見があって、なかなか決まりません・・・
まあ、これも秋の楽しみかもしれませんね。
秋の実りに感謝です(^^)



宗山

備中国分寺

sDSC_0761.jpgsDSC_0754.jpg

備中国分寺がライトアップされていました。

調べてみると総社市ゆかりの古代米(赤米)の稲穂がライトアップされていたそうです。

台風の前夜で雨もパラついていましたが写真を撮っている方が結構いらっしゃいました。

昼間とは違った姿で綺麗でしたよ(*^_^*)♪



TEN

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。