看護部の最近のブログ記事

節分祭!

みなさん、こんにちは(^^)v

2/3は節分ですね!
8病棟では病棟活動として豆まきをしました♪

みなさんは、節分・豆まきの由来って知っていますか?

今日は諸説ある中の一説を紹介しようと思います(^^)/

節分の由来
節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、
立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に1年に4回あったものでした。
ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、
次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったそうです。

豆まきの由来
節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。
豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。
昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって
大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、
「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」
に通じるということです。

などなどなど・・・。
昔の人もダジャレが好きだったんでしょうかねぇ・・・。

さて!話は病棟活動に戻りますが、
毎年恒例、病棟にも鬼がやってきました!
(※職員です)

s8B節分祭②.jpg

クオリティ高いでしょう?8病棟は何事にも本気です(自慢)。

s8B節分祭④.jpg

この躍動感!お子さんでしたらギャン泣きでしょうねw(;O;)w

s8B節分祭⑤.jpg

現れるなり患者様からの歓声!悲鳴!
みなさん童心に戻ったかのように鬼に向かって必死に
豆代わりの玉を投げる投げる・・・(笑)

s8B節分祭⑥.jpg 
今日はこのくらいで許してやろう・・・。

s8B節分祭③.jpg 
〈結構ダメージくらったわ・・・。

おしまい(笑)

鬼退治のおかげで病棟内も無病息災でありますように!

ふくこう

病棟活動

こんにちは
11月に病棟活動で近水園、安富牧場へ患者様8名(車椅子の人3名含む)と、スタッフ5人で紅葉見物に車2台で行きました。近水園の紅葉は赤、黄、緑の3種類の色でとても美しく、秋の景色を堪能しました。陣屋屋敷も道中に少し見れました。
次に安富牧場に行き、アイスクリームを食べました。ほとんどの人が1番人気のソフトクリームを選んで食べていました。その後、馬を見ました。
帰りは竜泉寺を超えて吉備新線を通り、紅葉を見ながら帰りました。日頃、めったに外出しない患者様ばかりだったため、喜んでくれて良かったです。今後も病棟活動を続けて行こうと思います。

FUBIRAI

隠れ家?で幸せなひととき・・・。

みなさんこんにちは。
肌寒くなり温かいものがおいしい季節になりましたね( ^)o(^ )
みなさんが秋を感じる瞬間はどんなときですか?

8病棟では、おいしいお菓子や紅茶をご用意し紅葉をみながら秋を感じました。
みなさん、万成病院に隠れ家があるって知ってましたか?
100年を超える歴史のある古民家、こだまの杜(もり)

s8B11②.jpg

落着きがあって心癒されるひととき・・・。

s8B11 ①.jpg

池の鯉や庭の木々に目を向けておいしい紅茶をいただく・・・なんて贅沢な時間。

患者様、職員一同、和やかなムードに包まれ自然と笑顔になりました。

ちなみに、こだまの杜では定期的にカフェも開いているので
気になる方は是非、万成病院にお問い合わせください♪



ふくこう

防火訓練

 10月に病棟で防火訓練がありました。自分の勤務する病棟での夜間想定での訓練でもあり
数日前からとても緊張していました。
  実際に放送がかかると訓練とはいえ頭の中のが一瞬真っ白になりました。
   2018防火訓練1_R.jpg                2018防火訓練2_R.jpg
患者さんも同じで訓練とはいえ驚かれてた方もたくさんおられました。
 その中で大声を出し患者さんを避難誘導し応援ナースに指示を出し協力してもらい何とか無事終了しました。
実際に動いてみると反省点が多々ありました。
  日頃から何があっても動けるようにしておかないといけないなあと責任感を感じ貴重な体験をした日でした。

患者さんに「頑張ってた」と言われたのはうれしかったです。
 
 
 ももちゃん

病棟活動

こんにちは

5病棟では毎月定期的にOTと連携して、病棟活動をしています。

今回は、病棟活動のカラオケを紹介します。

(患者様は平均して約10人が歌い、約10人が見学しています。)

90歳後半ですが、高校3年生を元気に歌う患者様、

男女の声を使い分けて1人で歌い、1人でデュエット曲を歌う患者様、

踊りながら歌う元気な患者様、演歌や軍歌を歌う患者様、

アカペラで自由に歌う患者様とバラエティーに富んだメンバーで笑顔で楽しまれていました。

カラオケに参加した患者様からは、楽しかった、カラオケが一番のストレス発散、毎日カラオケをして欲しい等の感想でした。

今後も、病棟活動でカラオケを継続していきたいと思います。


FUBIRAI



病棟活動



こんにちは!

暑い夏も過ぎ、秋めいた風が吹く季節になってきましたね~


9月といえば敬老の日。

病棟では敬老会を行いました!!

誕生日の方のお祝いと、職員による寸劇をしました(^^)v

寸劇は水戸黄門!!!

寸劇の中にミニゲーム(叩いて被ってジャンケンポン)を取り入れ、

8B敬老会②.jpg

難聴のある方も視覚的に楽しんでいただけるよう工夫し、

笑い声の絶えない寸劇となりました。

8B敬老会.jpg

これからもお元気で、笑顔の絶えない人生を送って頂きたいと

願いを込めて・・・(^^)







ふくこう


夏といえば・・・。



こんにちは!
暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年の夏はとにかく暑いですね(~_~)
うだるような暑さ・・・今年は猛暑ではなく酷暑なんだとか。

皆様、熱中症には十分に気を付けてくださいね!!

酷暑といえば、今年の万成病院夏祭りは中止という悲しいニュース。
当病棟の患者様も、がっくり肩を落としています。
しかし、これも患者様を守るための苦渋の決断。

ということで、当病棟では夏を感じようと職員一同、病棟夏祭りを計画しています!
少しでも季節を感じていただけるよう頑張ります!
アイスクリーム屋さんにヨーヨーつり・・・。楽しみでしかないですね・・・。
さすがに病棟内で花火はできないので花火の絵を描いて飾りつけをしています♪

喜んでくれるとうれしいなぁ・・・。



ふくこう

病棟活動

こんにちは

病棟活動で日本3大庭園の後楽園に行きました。普段あまり外出する機会がなかった患者様9名(車椅子3名含む)、

スタッフ6名で車で行きました。

天気は晴れていましたが、風が少しあり、爽やかな心地よい日でした。

緑豊かな園内を途中ベンチで休みながら1周して、季節の菖蒲の花やソテツ、手入れされた木々などを見ました。

ソテツは江戸時代から既に植えられていたようで、びっくりしました。

患者様からは10年ぶりに後楽園に来た、タンチョウ、鯉、岡山城が見えた、先生と来れて良かったと感想を言われました。


その後、ファミリーレストランのジョイフルへ移動し、外食しました。明るい雰囲気の店内でハンバーグ定食や日替わり定食、

ドリンクバーなど好きなメニューを選び、笑顔で食事を楽しまれていました。

次回はメンバーを変更し、バスと徒歩で後楽園に行く予定です。患者様に楽しんでいただければと思います。

FUBIRAI


病棟活動

 こんにちは!

少し時期外れのお話にはなりますが4月6日に病棟活動をしました!

お花見に行こうと患者様・職員一同楽しみにしていたのですが

その日はあいにくの雨・・・。と、いうことで!

なんとか病棟内でお花見気分が味わえないかと考えたところ、

OT(作業療法士)さんのアイデアでゲームを行いました!(^^)!

ゲーム内容はチーム分けをして桜の木と青空を描いた絵を用意し、

チームごとに時間制限でノリづけをして、

そこへピンクの細かい紙をドバーっと貼り付けて、

あとは紙をバサーっと振り落として綺麗な桜を咲かせよう!というもの(^^)v

これがもう楽しくて楽しくて・・・

職員もついつい本気になってしまいました(笑)

患者様も笑顔で参加される方もいれば

メラメラと闘志を燃やしながら真顔で参加される方など様々!

皆様で咲かせた満開の桜を眺めながらおいしいワッフルをいただきました(^。^) 

ブログ用 8B.jpg

花より団子な方もチラホラいたような・・・。



ふくこう

筋力アップでメタボ改善^^

皆様、こんにちは~~~!!!

看護部バンキシャです。

またまた巷の健康ネタを拾ってまいりました。

最近の研究では、「もう食べ物はいらないよ」という信号を脳に送るメッセージ物質が、

脂肪から出ていることがわかってきました。

ですから、脂肪組織がないと「おなかがいっぱいになった」という感覚がなく

食べ続けてしまうのです。

このように聞くと、「私、脂肪はたくさん付いているのに食欲が止まらないのはなぜかな?」と思う方も

多いのでは?

それは脂肪から出るメッセージ物質がうまく機能していないのです。

それがメタボリックシンドローム。通称メタボです。

脂肪や糖をたくさん取りすぎると脂肪細胞はパンパンに膨らみ細胞に入りきらない油が細胞の外を漂います。

そして細胞壁にポンポンとぶつかるのです。脂肪細胞はこの刺激を受けると

攻撃されているように勘違いし、今度は「敵をやっつけないと!!!」というメッセージ物質を出します。

この信号に反応するのが免疫細胞です。

免疫細胞はこのメッセージ物質と一緒になって増殖し、戦闘状態を拡大します。

この状態が続いてしまうと、本当に敵が(たとえば、ウィルスとか風の菌など)いるわけではないので

代わりに血管や臓器を傷つけます。それが動脈硬化やなどの原因になっているということが

わかってきたそうです。

ところが、この異常なメタボの状態を止める物質が筋肉から出ていることも近年わかってきたそうです。

筋肉を動かすことで異常な戦闘状態を止めることができる、ということは体を動かすことで

脂肪細胞から「もう食べ物はいらないよ」というメッセージ物質が出るようになるそうです。メタボ改善に

運動が良いことの科学的根拠が明確になってきました。

体を動かすことは本当に大事ですね!!!

(参考引用:NHK人体の神秘より)



看護部バンキシャ



月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。