研修会・セミナーの最近のブログ記事

第15回「地域公開セミナー」について

当院で毎年行われている、第15回地域公開セミナーが5月27日(土)14時から開催されました。

DSCN1621.JPG

 テーマは「暮らしの中のやさしさと思いやり 〜看護はこころのふるさと〜」と題し、

講師は前万成病院 看護教育課室長 看護師 笠井定子先生と前万成病院 看護教育課課長 看護師 坪田和美先生の

お二人をお招きし看護論について講演して頂きました。DSCN1624.JPG

1つ目は「暮らしの中に看護」について、先生の看護経験の体験談やナイチィンゲールの考え方などについて説明してもらい、

2つ目は「やさしさと思いやり」で看護者の人間観についてと看護師が学ぶべきA B Cについて講演がありました。

このA・B・Cは

A 病気の人間とはどういう存在であるかを知る

B 病気の人間に対してどのように行動すべきかを知る

C 自分の患者は病気の人間であって動物ではないとわきまえることである

看護学校時代、お二人が教師として生徒へ看護師としてあるべき姿を教えていたことなど、ユーモアを交え説明してくださり

とても理解しやすかったです。

職員一同、今後の看護にいかせていけたら思います。

 

                                                                                                                                                                                              教育委員会

 

 

新人研修を終えて

さんの絵文字さんの絵文字さんの絵文字Spring has comeさんの絵文字さんの絵文字さんの絵文字

    さんの絵文字春です、新人研修ですさんの絵文字

 

今年は4月1日から7日まで、中途採用を含む44名の方々を対象としての新人研修が行われました。

小林院長の「万成病院のめざすもの」から始まり、就業規則や部署訪問など日々の研修に加え、各々の部署でのオリエンテーションなども同時進行の5日間でした。 

 

  DSC00059s.jpg                   DSC00073s.jpg         

 

  DSC00084s.jpg                   DSC00090s.jpg

 

新人の皆さまは、慣れない環境の中で、緊張感のある日々を過ごしていらっしゃるかと思いますが、今後お疲れを出されませんように雨 デコメ絵文字

 

当院のモットーのひとつ笑顔 デコメ絵文字「ひろがれ!笑顔」笑顔 デコメ絵文字

笑顔には、自分も周りの人も明るくし、さらには自分自身の心と身体を元気にしてくれる効果があります星っ☆ の画像

 

この春新たに咲いた笑顔の花が、さらにたくさんの笑顔を導いてくださることを願っています。

そして患者さまやご家族、地域へと繋がることで、それぞれが主役となる職場が満開の笑顔で彩られることを笑顔 デコメ絵文字

 

桜の花も新緑へ、次の季節へのシフトチェンジが始まりますきらきらハート の絵文字

新たなスタートは新人さんだけではありません。

だんだんと過ごしやすくなるこれからの時期、何か新しいことにチャレンジするにはよい季節ではないでしょうか♪♪♪

 

Starting over  それぞれの描く未来に向かって進んでゆきましょうさんの絵文字

次に春を迎える頃、少し成長した自分に出逢えることを願ってさんの絵文字

 

そして万成病院に、一人ひとり特別な、オンリーワンの花が咲き誇りますように赤いバラ デコメ絵文字

 

 

 

 教育委員会

 

第15回万成病院院内学会が開催されました

第15回院内学会が平成28年10月17日(月)に当院第1会議室で開催されました。

参加人数は87人でした 

 sP1050827.jpgsP1050813.jpg

 開会宣言、司会、進行   教育委員会  稲田 真二

  座  長       歯科 歯科衛生士 藤原 ゆみ

 

1 「認知症を伴う高齢単身者の自宅退院を目指して                                  

   ~他職種・地域包括・地域の協力による支援~」     

             看護部  看護師  安藤雅美

   第32回看護研究会   平成28年10月25日  発表予定

 在宅医療移行へと進行の中で、退院支援は関心の高いテーマです。認知症の高齢単身者の望みをかなえるため、病院の医療チーム、地域との連携の重要性が報告されました。

sP1050837.jpg

 2 「認知症のある利用者の関わりについての一考察」        

    ーBPSDが減少した事例を通してー」            

            リハホーム 介護福祉士 上田永

 認知症患者さんの周辺症状(BPSD)への対応について、人としての尊厳を大切に、相手としっかり向き合うことが重要なことを学び、利用者さんが穏やかに過ごせるための援助に活かしたいとの発表でした 

sP1050851.jpg

3 「病院家族会の新たな取り組み ~家族のエンパワメントに着目して~」

            生活相談支援室  精神保健福祉士 寄田佳宏            

    第40回中四国精神保健福祉学会  平成28年11月10日発表予定

 当院家族会である「あゆみ会」の運営を見直した発表でした。家族が主体的に活躍するには、専門職が寄り添い、協働するような取り組みを行った結果、少しずつ変化が見られたという報告でした。

 

sP1050859.jpg

 4 「病棟内の消臭対策に関する文献検討 ~排泄臭に焦点をあてて~

           看護部  看護師  眞砂永一                           

    第32回看護研究会   平成28年10月25日 発表予定

 快適な療養環境に、不快な臭気を調整することは安楽の援助には重要なことです。消臭対策に関する文献検索をとおして導かれた結果については、今後病棟の排泄の消臭対策に活かしたいとの発表でした。

sP1050863.jpg

5 「咀嚼障害を主訴に摂食嚥下リハビリテーションを行った精神疾患患者の1例」

          歯科  歯科医師  伊東昌洋                 

 統合失調症とうつ病を発生した患者に、従来の摂食嚥下リハビリテーションに器質性咀嚼障害が認められない場合、認知行動療法の併用が有効であったという事例の報告でした。

sP1050823.jpg

 6 「仮想デスクトップとストレージ仮想化を用いた病院情報システム構築の具体策と可能性」

            情報システム課   河田智之                          

    第36回医療情報学連合大会  平成28年11月21日~24日  発表予定

 主に電子カルテなどの病院情報システムに関する専門性の高い内容でした、IT管理は、チーム医療に不可欠な情報共有と臨床への新たな時間創出で結果的に医療の質の向上へとつながっていきます。医療機関において、リスクマネージメントの視点と経済面からもメリットが多いという内容の報告でした。

sP1050815.jpg

 

 

 sP1050880.jpgsP1050868.jpg

   

 最後に、小林院長の総評が行われました、多職種による幅広い分野での発表に対して、1題ずつていねいに助言され、今後の院内学会への期待を述べられました。

 

秋も深まる中、恒例の院内学会はお互いの深い学びあいと熱気のうちに終了しました

 

 

教育委員会

「急変時の対応」研修がありました

「急変時の対応  ~新人でも大丈夫~」   看護部教育委員会 研修会      於第1会議室

            講師中村主任                      平成28年8月3日(水)

 sIMG_2846.jpg

体験しよう!  CPR(心配蘇生法)  AED            参加者 35 人 

イザという時、やはり新人にとって 夜勤は不安!!                                                       sIMG_2848.jpg

「急変時、あなたならどうする?」 

<反応の確認・応援要請>

~さん  ~さーん  」肩をたたきながら・・・  

返事がなければ大きな声で応援を求める

呼吸をしているか?

胸部圧迫開始                   sIMG_2849.jpg

強く(深さ5㎝以上)                                      

早く(100回/分以上) 

絶え間なく

 

 

 

(中断は最小限)   

 

  

感想より

・実際に体験をすることにより、次にどうしたらよいか頭に入りやすかったです。再確認を日ごろから行い実際にいかしていきたいです。

・実際の場面で対応できるようにドクターコールの番号、対応方法を頭に入れなおそうと思いました

・とてもわかりやすかった。夜勤から離れていることもあり、流れの再把握ができすごく勉強になりました。臨機応変できるよう、スキルアップも目指  

 したいと思います

 

 

 

さくら&ひだまりのモモ                                                              

     

 

 

 

 

 

                                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14回 地域公開セミナーご案内

 

 

2016ポスター2 [更新済み].jpg  

 

 

 

 

 

 

事前申し込みは、お電話、FAX、当院窓口にて受付ております

当日のご参加も可能です。多数のご参加をお待ちしております

 医療法人 万成病院    岡山市北区谷万成1-6-5

                    TEL 086-252-2261

                    FAX 086-254-0800

 

 

  

 

教育委員会

2016年新人研修 (教育委員会)

 

新人研修が4月1日(金)から4月6日(水)の日曜日を除く5日間行われました。

(4月採用の新人さんは約15名、前年4月以降入社の中途者を含め約35名の参加)

初日は30分間オリエンテーションがあり、9時半から小林建太郎院長による「万成病院のめざすもの」について

お話しがあり、10分間の休憩をはさみ、嶽崎事務長による「就業規則」の説明があり午前中の講義は終了。

初日ということもあり、新人さん達も緊張した面持ちでした。

027新人研修2016②新人研修2016

13時半から院内見学で各部署を回り部署長から仕事内容の説明を受けるなどし、部署の特徴などが少しわかったのではないでしょうか。

2日目から4日目の午後に、職業倫理、病院の医療安全、人権プログラム、緊急時対応などの講義があり

5日目の最終日にグループワークで、4日間の研修で疑問に感じたことや部署への質問などを、新人さんからあらかじめ

質問票で提出してもらい、院長・事務長・事務部長・看護部長などが丁寧に答え新人さんも納得した様子でした。

これから万成病院の新しい戦力になってくれるに違いないないです。

 

教育委員会

 「語ろう、看護の気づき」~事例検討会~   看護部教育委員会研修会

                             平成28年3月17日(木曜部) 17:10~

 参加予定者は30人あり、3つのグループで検討会は実施されました。

各グループとも事例の内容から、自分の病棟での話題になり、それぞれの気になっている事例を語りあいました。

 メンバーは自発的に意見を述べ、よく聴き、 お互いの身に置き換えて話し合っていました。  

sIMG_2771.jpgsIMG_2774.jpg 

 

 <感想より>

・他人の意見を尊重しながら、よい看護を提供できるよう、自分はやさしく接したいと思います

・話の中で気づかされることが多くあり、病棟に持ち帰り実施してゆきたいと思います

・活発な意見が飛び交う、よい勉強会であったと思います

 

私たちは患者さん一人一人が最良の看護を受ける権利があることを、深く再認識できた事例検討会でした。

 

 

さくら&ひだまりのモモ

自然のパワーを感じて

春の足音が聞こえる折り,京都の貴船神社に行ってきました。

そこはパワースポットともいわれており,川のせせらぎを聞きながら川沿いを歩いてたどり着いた先には赤い灯篭が続く階段がありました。その階段を一歩ずつ登った先の神社にお詣りした後もしばらく自然の中でマイナスイオンをいっぱいに浴びながら自然散策をして,心身ともに穏やかに心洗われる気持ちの良いひと時でした。皆さんも機会がありましたら,ぜひ訪れてみてください。

さて,先日歯周病の勉強会に参加してきました。その勉強会は,少子超高齢社会を迎え,これからの歯科医療に求められる歯科医師や歯科衛生士像とはどのようなものか,歯周病治療が持つ目的意義とは何なのか,を考えるものでした。
今回の勉強会では,患者さんがその人らしい生活を楽しんでもらえるように,そして生きることは幸せな事なのだと感じてもらうためには,歯科医療従事者としてその人の人生を変える事が出来るという気持ちを持って接し,口腔環境の改善が将来の健康状態に及ぼす可能性を伝えるなど,チーム医療の一員として支援できる事を考え実行していくことが大切なのだということを学びました。

自分にはまだまだ足りない患者さんを支援できる力をつけていくように頑張りたいです。

 IMG_0206.jpgIMG_0221.jpg

 

☆たび丸

テーマ「楽しい楽しいチームづくり」

       講師 草地仁史先生(山陽学園大学看護学部看護学科准教授)

 平成28年1月22日(金)  17:10~ 看護部教育委員会主催研修会がありました。

まずは伝言ゲームではじまって、会場の雰囲気がとてもやわらかく明るく和やかになりました。

コミュニケーションは、「相手を大切にしたい」「協働したい」という意識からスタートします。

sIMG_2728.jpg

 

 

 

 

 

 

それから5~6人のチームになり、細いスパゲッティで、高い塔を作り上げました。あと一歩というところで倒れてしまったチームや、確実に低め安定で立ち上げたチームなど、高さを競い合いました。

sIMG_2742.jpg

 sIMG_2735.jpg

 

 

 

 

 

 

 

チームで悩んで、チームで力を出し合って、意見を交わし、チームごとに特徴が見られました。

感想より:

・とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

・自分にとって、とてもタイムリーな楽しいチームづくり!!明日からの仕事に生かします、

・職場の雰囲気作りも、チーム作りに必要なことだと思いました。同じ目標を持っていくことで、楽しい時間が過ごせると思いました。

・ゲームのようにチームワークよく、病棟内で働けるようになったらいいなーと思います

・楽しく意見を出し合うことができました。病棟運営に生かしていきたいと思います

 

感謝することは相手を認めること

そうすれば組織に認め合う空気が生まれます

そのために必要な言葉は "ありがとう"

会場いっぱいに、草地先生のお人柄があふれた研修でした。

 

 

さくら&ひだまりのモモ

寒さが身に染みる・・・

今週は寒い日が続き,ついに岡山でも雪が降りました。
例年であれば,お正月明けのこの時期は,もっと寒さが身に染みる季節になっているはず。しかし今年は暖冬のため温かい日が続き,今週の急な寒さに身体もびっくりして,少し体調を崩しがちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

大寒にあわせて今週末には氷点下の寒さが続く中,空気は乾燥する様子なので,風邪・インフルエンザ予防と体調管理に気を付けたいですね。

 先日,認知症高齢者の方への食事支援についての勉強会に参加してきました。
勉強会は,認知症の方の口腔機能と認知機能の視点から食行動の自立の維持と支援の方向性について考えるものでした。
口腔ケアで認知症の患者さんと関わる日々の中で感じる,いろんな疑問や自分のケアに対する焦燥感を省みつつ,その疑問が解決するヒントをたくさんいただきました。
心のどこかで,多分わかってもらえてないから・・・と決めつけて毎回同じケアしか繰り返していない事を反省し,その方のちょっとした行動の変化にもいろんな意味があることを理解する視点を持って,これからのケアに役立てていきたいと感じる有意義な時間でした。
IMG_0025.jpg

 

★たび丸

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。