報告の最近のブログ記事

第12回 万成カップバレーボール大会 開催

 6月10日(日)第12回 万成カップバレーボール大会が開催されました。

なんとか天気はもちましたが、湿度の高い中での熱戦は中々ハードでした。


 9時20分より 開会式があり、いよいよスタートです。

今回参加していただいたチームは、

「慈圭病院」「精神科医療センター」「たいようの丘ホスピタル」「万成病院ファントムズ」の4チームです。

そして毎年、「シーガルズ」のみなさんには指導のために参加していただきました。

 今回は、人数不足のチームへ選手としての参加もお願いしました(^^)/

P1010447_R.JPGP1010451_R.JPG

 ●第1試合は 「ファントムズ」 VS 「精神科医療センター」

               15 - 8

               15 - 5       「ファントムズ」の勝利!! 

初めは、自分たちのバレーができず、8点までは交互に点をいれていましたが、ここでいいサーブで

相手を引き離し、スパイクも決まりだし、ボールが落ちなくなるとリズムができてきて一気に15点までいけました。

2セット目もリズムに乗ってコンビも決まりだし、いいサーブで崩して、相手からのチャンスボールをきちんと決めて

点を取っていく形に持ち込めたのでよかったです。

P1010465_R.JPGP1010544_R.JPG

 ●第2試合は 「慈圭病院」 VS 「たいようの丘ホスピタル」

                7 - 15

                8 - 15      「たいようの丘ホスピタル」の勝利!!

 この試合はものすごく盛り上がった試合になりました。中々お互いにボールがおちずにラリーが長かったからです。

お互いに8点までは一歩も引かずにいきましたが、集中力が切れてしまった、お互いに見つめ合って真ん中にボールが落ちて

しまったなど小さいミスが目立ちだすとミスをしていないチームがここから一気に点を伸ばしていきます。


 第3試合は 3位決定戦 「慈圭病院」 VS 「精神科医療センター」

                       15 - 11

                        9 - 15

                        8 - 15    「精神科医療センター」が 3位!!


 第1セットは「慈圭病院」が粘り勝ちでかちましたが、そこから「精神科医療センター」がたて続けに2セットを

取り返しました。ここでも長いラリー戦となったようで、自分たちがミスしないように一つ一つ丁寧にプレーを

していました。いいサーブがきても、相手に返した後レシーブでファインプレーがでて、自分たちのコンビも合えば

最高のバレーの形になり、テンションも上がりチーム全体の士気も上がり一気に勝負がつきました。


 第4試合 決勝戦 「ファントム」 VS 「たいようの丘ホスピタル」

                   15 -  12

                   15 -    8       「ファントムズ」の優勝!!

なんと相手チームの人数が3名足りないということで、「シーガルズ」の3選手がコートに入られました

いつにもましてボールが落ちない、サーブも中々決まらないと1セット目から苦戦しました。なんとか2セット目には

こちらにも相手を見ることができるようになり、3選手をさけてみたり、フェイントを間に落としてみたりとあの手この手で

8点からいいように試合運びが出来ました。

P1010549_R.JPGP1010557_R.JPG

  試合の合間の時間でも、シーガルズの方々が的確に指導していただき試合でも活かせたと思います。ありがとうございました。

忙しい中今回も万成杯に参加していただき、「慈圭病院のみなさん」・「精神科医療センターのみなさん」

遠い中来てくださった「たいようの丘ホスピタルのみなさん」本当にありがとうございました。

「シーガルズ」の方々も忙しい中、毎年指導をありがとうございます。試合のために駆けつけてくださった方々、応援して

くださった方々、差し入れをしてくださった方々いつもありがとうございます。

7月の病院協会の試合も「万成病院ファントムズ」一丸となって頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!!

組合せ2018-3_R.jpgP1010588_R.JPG


ヤクゾウ☆

つばめが育っています

ひまわり寮には、つばめの巣があります。

例年に続いて今年もその巣で子育てをしていました。


ところが、、、今回はその途上、悲劇が起きました。




あれは、5月初旬。雨風のとても強い夜がありました。  

その翌朝、心配を抱えながら巣を見上げてみると、大きく損壊していました。



はじめは、雨風による影響で壊れてしまったのかと想像しました。

ところが、目撃者から聞いたところ、昨日の夕方にカラスにやられていた、とのことです。

タマゴがあったであろう(つばめがきてからの時間経過的にも、

温めている様子からもタマゴがあったことはほぼ間違いないだろう)

巣の中身を確認したところ、空っぽでした。茫然自失...



去年には、ネコがどういった意図なのかヒナを目がけてジャンプして、

つばめの親と格闘していたことはありますが、

こうして実際の被害に遭ってしまったのは、今回今年5月のカラスが初めてかと思われます。



巣を壊された、子を失ったであろう 親つばめは、心なしか悲しんでいるように見えました。

活動量が減っていたのは明らかです。



しかし、それはこちらの悲しみを親つばめに投影させていたところも大きくあるかと思います。

日ならずして、親つばめは、巣の修復のためにせっせと動きはじめました。

彼らは大変つらい経験をしたでしょうが、現実を受け止め、また歩み出したのでしょう。


巣が直ればほどなくしてタマゴもできました。

sIMG_1132.jpgのサムネイル画像

今では、ヒナが孵ってすくすくと成長していっています。


親つばめは今日も西へ東へ縦横無尽に餌を調達してきては子に与え、

巣を眺めるネコなどに対しては警戒の声を上げています。



カラス除け対策をしました。

その分野に詳しい獣医であり、野鳥の会のキーパーソンにご指導とご助言をいただきました。

sIMG_1129.jpg


親から子へ、餌を与える場面は、なんとも愛くるしいです。夜は親子で寝ています。

sIMG_1116.jpgsIMG_1130.jpg


過酷な自然のなかで彼らは今日もがんばって生きています。

つばめによって、私たちの心は揺さぶられ、様々なことを学ばされます。

かわいくもあり、たくましくもあるつばめ。これからも彼らの繁栄を応援したいです。


ひまわりを利用されている方、ひまわりの前を通られる方、

多くの方がつばめを気にして見られています。

皆様もそれぞれいろんな見方をされておられるかと思います。

誰もがきっと、彼らの無事な成長を願ってやまないのではないでしょうか。

sIMG_1131.jpg



aiueo:-)

ひまわり寮 卒業シーズン到来

 暖かい日も日増しに多くなり、春もそろそろかな?!と、思うような日も多くなってきました。


春といえば、出会いと別れの季節ですね。


ひまわり寮でも、入所する人、退所する人が多くなる時期を迎えようとしています。


                      s1519691940248.jpg

この春は、2名が卒業した後、3名の新たなメンバーを迎える予定です。


ひまわり寮スタッフ一同、さみしい想いと同時に、新たなスタートをきる方々への期待も込み上げてきます。


s1519691915380.jpg


メンバーさん達のパワーを借りて、ひまわり寮も、日々新たな挑戦を行っていきたいと思います。




みつ豆



年末のご挨拶

本年残すところあと僅かとなりました。 


皆様、年の瀬の寒さに体調を崩されたりなどはしておりませんでしょうか?

おかげさまで万成病院も皆さまに支えられながらも無事年末年始を迎えることができそうです。

今年は、日本経済において戦後二番目に景気がいい年になったみたいです。

雇用統計でも求人倍率1.56倍と高い水準がでています。

良い事ではありますが、反対に考えると「人手不足」という事です。

当然今後日本では、人口も減り、同時に労働生産人口も減っていきます。

国も「働き方改革」と銘打って、政策に乗り出したわけですね。労働基準局・監督署もさぞ忙しかった一年だったのでしょう。

企業も働きやすさを前面にアピールして、人財確保に乗り出していますね、少ない中からよりいい人財を獲得するために鎬を削り合っています。

高待遇の仕事には、人が集まり、逆に悪くはなくとも普通の待遇の仕事では、人が来ない。人が来ないので需要があっても、倒産する。大企業に比べ、中小企業は特に大変です。

もちろん他人事では、ありません。当院も人財確保に重きを置き来年度もプロジェクトの一つに据えております。

頑張って働いてる職員さんが報われるよう、負担をかけないよう、万成病院で働くことを誇れるよう、来年も日々精進して参ります。

 皆様どうぞお健やかに新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。


院長補佐 小林 龍平

クリスマス会が開催されました。

1216日土曜日、毎年恒例のクリスマス会を開催致しました。

午前中は喫茶が行われました。

喫茶の会場はクリスマス一色に彩られ、スタッフはサンタの帽子を被り 赤いエプロンのかわいいウエイトレスに変身しました。

豪華なケーキのケーキセットや、ぜんざいをテーブルに運ぶと 「わぁ!」と歓声がおこり、「ケーキがおいしい。」「まだ食べたい。」などという意見を頂き、来店された患者さまから笑みが漏れていました。

無題.png







 

午後からは演芸会が行われました。

サンタクロースに扮した院長先生の開会の挨拶で、演芸会が開始となりました。

sDSC00894.jpg

岡山芸人の京極さんによるマジックや、バルーンショー、谷万成町内会リフレの会のコーラス、創志学園ハンドベル部の演奏などがあり、楽しいトークや、きれいな音色に耳を傾け、コーラスでは会場の皆さまと一体となり合唱する様子が見られました。

 

sIMG_2411.jpgsIMG_2463.jpg
sDSC01001.jpg

今年のクリスマス会も患者さまから「楽しかった」「よかった」という意見や、

笑顔も頂き、大成功で終えることができました。

クリスマス会が大成功できたのも、各ボランティア団体のご協力があったからだと感じております。

心より感謝しております。大変ありがとうございました。

 

 

事業部


ひまわり寮の日常


今年もあと約3ヵ月となりました
徐々に寒くなっていき、夜中の蚊の音に悩まされる日々からやっと解放されそうです


sIMG_8984.jpg


ひまわり寮も今後のイベントとして

紅葉見学...
クリスマス会...など
季節に応じたイベントを考えています


sIMG_8985.jpg


今年の4月頃には地域の皆様、関係機関の皆様のおかげさまで
ひまわり寮も満床になり
人が多くおられると賑やかになり寮全体が活気づいたと同時に
慌ただしい雰囲気になりました




それから約半年が経ち、、、


新しく入所される方も前から入所されていた方も
その人なりに生活が落ち着き

厨房で調理をしたり、、、
デイルームでメンバー同士で談笑したり、、、
居室で音楽を聴いたり、、、
と、それぞれ思い思いに生活しています



メンバーさんの生活を見ていると
改めて生活はその人しか作り出せないものなんだと感じました



aiueo:-)



2017フォトコンテスト審査を終えて

  昨日、万成病院2017フォトコンテストの審査でした。

審査員の方38名のご協力により投票を行われました。フォトコン.png


今年で7回目となる万成病院フォトコンテストです。

毎年たくさんの素敵な写真は私の楽しみにもなっています。

職員の方の人生の1ページを切り取った写真にはいろいろなストーリーを感じます。kids_hashirimawaru.png

風景の中に家族や仲間。

お子さんやお孫さんの成長。

スポーツの感動。

動物の可愛い瞬間。

美しい景色。

flower_nanohana.png


正直始めたころには続けられるのか不安もありましたが、近年は開催に意味を感じています。

応募は職員対象ではありますが、外来の患者様やご家族の方にも楽しんで観ていただけたら幸いです。


こうして毎年無事にフォトコンテストを行えることに感謝して。くま紅葉ダンス.jpg


発表は9月20日です!!!!

掲示は10月初めを予定しています。皆様お楽しみに!!!



広報委員会



ひろがれ笑顔2017

平成29年8月23日 毎年恒例の万成病院夏祭り「ひろがれ笑顔 2017」を開催いたしました。

連日、夕方には大雨が降り、不安定な天候の中、当日も夕方から雨が降るのではないかと不安の中の開催でした。

開催直後より、真っ黒な雲が迫ってきましたが、閉会まで雨に降られることなく一安心。さすがは晴れの国!

厚い雲で覆われたおかげで、適度に涼しく、患者様も最後まで楽しんでいただけたようです。

今年の夏祭りには、来賓に岡山市議会議員の二嶋宣人様、岡山シーガルズの丸山亜季選手と大楠鼓雪選手が駆けつけてくださいました。お忙しい中ありがとうございます。

CIMG3869.jpg

毎年、恒例の谷万成民謡クラブの皆様の演武披露(花笠音頭、ふるさと太鼓)から始まり、患者様と一体となった盆踊り!!

CIMG3872.jpg CIMG3879.jpg

今年の特別ゲスト。鬼々よろしく魁望蓮の演武披露!かっこよくも可愛いうらじゃ演武に、皆様魅了されました。

司会の二人も、屋台のスタッフも頑張りました。

P8191547.jpg P8191550.JPG

毎年、最後に花火で締めくくっておりましたが、今年は、花火を中締めに吹き上げて・・・・職員、患者様を巻き込んだうらじゃの総踊りで締めくくるという、例年とは大きく変えたプログラムに、不安の声も聞かれましたが。

終わってみれば、「よかったよ」「楽しかったよ」と患者様とご家族様、職員、地域の方々も、笑顔が広がった、夏祭りとなりました。

最後に祭りを盛り上げてくださった谷万成民謡クラブと鬼々よろしく魁望蓮の皆様と記念撮影を。

CIMG3895.jpg CIMG3894.jpg

多くの皆様にご支援、ご協力をいただき、楽しい夏祭りを開催することができましたことに感謝いたします。

ありがとうございました


事業部 2017夏祭り実行部

町内会盆踊り大会へひまわり寮からの参加

毎年、町内会の盆踊り大会には、ひまわり寮から参加させていただいています。



ヨーヨー釣りの出店を今年もさせていただきました。



祭りの前には、腹ごしらえのため、流しイロイロ ✫(麺3種ほか多数)


sP1070073 - コピー.jpg

ステージが青空の下、セットされています


sP1070104.jpgひま


陽も落ちてきました。雰囲気がよくなってきました。心も踊ります。


ssP1070121.jpg


今年も楽しい町内会祭りでした☆




aiueo:)

病院機能評価を受審しました。

 8月8日、9日の2日間にわたり、公益財団法人 日本医療機能評価機構による

病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)の訪問審査を受審しました。

病院機能評価は、第三者から病院の管理運営や医療の提供について評価を受け

病院の問題点を明らかにし、更なる医療の質向上を図るものです。

患者様により良い医療を提供するため、院長が受審を決断し、昨年4月から職員一丸となって受審に向けた準備を重ねてきました。

当院の機能評価の最初は、2002年9月に受審、その後2007.2012年に更新しています。今回で4回目の受審となります。

準備の過程で、他職種との充分な議論・検討を重ねることにより、不足していたマニュアル類の作成や改訂につなげることができました。

また中身の理解及び意識あわせ等において、振り返りの良い機会となります。

今回の機能評価(3rdG:Ver.1.1)では、ケアプロセスという、実際の症例をもとに、マニュアルや質の高い医療が提供できているのか

確認する審査が新しく追加されました、他職種からなるチームが協力し、取り組んで参りました、審査まで大変でしたが

意義あるものだったと思います。


審査では、厳しいお言葉・指摘を頂戴しました。当院の更なる医療の質を向上するためにも、課題として受け止めていきたいと思います。

総評では、厳しいお言葉をいただいた分、少し心配していましたが、蓋を開けてみるとお褒めの言葉を多数頂戴しました。

私個人として、特に看護サーベイヤーの方がおっしゃられていた、「一丸というものを見させてもらった」

これまで機能評価に向けて、全員で協力し、努力し、苦労したものが完全に報われた気がしました。

院内だけでは質改善に限界があり、院外の見方、意見をとり入れることで審査ごとに質が良くなっていると感じています。

本当に勉強させていただきました。


院長補佐 小林 龍平

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。